UnBooks:女性のためのバレンタインデー必勝法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
バレンタインデーのネガキャンなど気にする必要はありません。ただの僻みです。

まえがき[編集]

2月14日といえばそう、バレンタインデーです。いまさら説明する必要はないと思いますがバレンタインデーとは、女性が男性に愛の告白としてチョコレートを送る日です。しかしこれを読んでいる女性の方々はお分かりになっていると思われますが、愛の告白なんかどうでもいい物々交換で儲けるチャンスです。三倍返しという言葉があるように、この日にうまく立ち回ったものはホワイトデーでお返しとして倍以上の見返りが手に入ります。そこで、われわれはこの記事において高価なお返しが手に入るよう全ての女性方にレクチャーします。

合言葉は「バカな男共を女性たちの掌で踊らせろ」です。

渡す相手の決定[編集]

まずは本命のチョコレートを渡す相手を決定します。そこから勝負は始まっているのです。

モテる男性かモテない男性か[編集]

これは一見簡単そうに見える問題ですが、実は相当考える必要があります。確かに皆様がお考えのとおりもてない男性はちょっと告白しただけで舞い上がって簡単に高額なお返しをもらえるでしょう。しかし考えてみてください、そこまでに至るプロセスを。その気持ち悪い男性に告白したあなたは回りからはおかしな目で見られるのは間違いないでしょうし、何よりもバレンタインデーからホワイトデーまでの一ヶ月間その男性と仲良くしなければなりません。これは非常にストレスのたまる行為なのは明白です。なので少なくともあなたのプライドと相談して妥協点を決めておきましょう。

逆にモテる男性がいいかというと決してそうではありません。モテる男性には当然のごとくライバルが沢山できてしまい、そのため一人一人に対するお返しの額が少なくなってしまいます。またその男がプレイボーイだった場合、元の彼女などとややこしいことになり「修羅場レンタインデー」に巻き込まれる可能性もあります。

不良系には注意[編集]

もてるかもてないかだけでなくこれも考慮しなければなりません。不良系の男子は一般的にはモテるので上記のようなストレスは溜まらないでしょう。しかしあなたが高学歴などである場合は別の意味でプライドが許さないでしょうし、何よりも襲われたりした場合取り返しがつかないことになります。

経済面について[編集]

経済面については当然ながら上流家庭や御曹司などを狙うべきなのでしょうが、当然ながらライバルは沢山できてしまいます。またこれらの家庭の人間においては既に許婚などが決められていることもあり受け取ってくれない可能性もあります。第一私たちの狙いはあくまでもホワイトデーのお返しであり一回でさえ高額なものがもらえればよいので、別に中流家庭程度で構わないでしょう。

義理チョコを渡す相手について[編集]

また、義理チョコを渡す相手はなるべく沢山いたほうがいいのですが、ここでもてない相手に渡すと後々面倒なことになるためある程度社交的な男性たちに渡すのがベストでしょう。ただしなるべく気軽に渡せるような仲にならないと本命に渡す前に色眼鏡で見られビッチ扱いされてしまうのでうまく立ち振る舞う必要があります。

贈るチョコレートについて[編集]

次に、贈るチョコレートについて決定します。よいお返しを手に入れるためにはここでも考えなければなりません。またこれは先行投資ですから、ここで出費を出し渋るような考えをしてはいけません。見返りも少なくなります。

手作り[編集]

これは素人目には「私がんばったよ」的感じで高評価となっていますが、それは幻想です。手作りの味というもの自体が失笑的なことなだけでなく、渡すチョコレートに高級感がなくなるからです。高級感がないチョコレートを渡すと、相手もお返しは高いものでなくてもいいだろうと思ってしまい、見返りが期待できなくなります。努力?そんなものをアピールする女に未来はありません。ちなみに中に媚薬を入れるという作戦もありますが、我々の調査では世に出回っている媚薬の99パーセント以上が偽物だとわかっているので、諦めて手作りから離れましょう。

バレンタインフェアのチョコレート[編集]

やはり一番のお勧めはこれでしょう。 バレンタインフェアのチョコレートは基本的にどれも高級感にあふれ、また味も申し分ありません。ただしここで思考を止めるのは素人です。本気で狙いにいくのならば、ここで売られている全種類のチョコレートをひとつずつ購入することです。売られているチョコレートの中で相対的に一番おいしいものはどれかを調べ、それを相手にプレゼントすると効果的だからです。え?お金がない?なんの事でしょう?

チョコレート以外のお菓子[編集]

基本的にはチョコレートであるべきなのですが、相手がどうしても苦手な場合などはこれでも可です。ただしこの時期においてチョコレート以外のお菓子のフェアはあまり充実してないことが多いので、多少面倒でも都心のデパートの高級菓子店などに行くほうが良いでしょう。

ポッキー[編集]

あなたがほんの少しでも良識がある人間ならばこれは絶対にやめましょう。見事なまでの適当感に溢れるプレゼントです。無駄です。

5円チョコ[編集]

たとえ百倍返しでも500円にしかならない上、そもそもポッキー張りの適当感に溢れるプレゼントです。それに今時「ご縁がありますように」という願いで渡すとかいっても誰も信じません。だから無駄です。

お菓子以外[編集]

あなたはバレンタインデーを舐めているんですか。この日にお菓子以外のプレゼントを渡すなんて空気が読めないにもほどがあります。Wiiを欲しがっている人にViiを渡すようなものです。確実にいじめのターゲットになります。それでもいいなら渡してください。その後の人生は悲惨なものになりますから。

バレンタインデーまでの行動[編集]

渡すものを決めたら次はその日までの行動です。これは本命チョコレートを渡す相手によって変わります。相手がもてない場合にはこの一ヶ月は行動しないほうがいいでしょう。当日に前触れもなく渡せば相手に与える衝撃度は高いはずですので。逆に相手がもてる場合には恋愛フラグをこつこつと積み上げないとライバルたちに先を越されるので積極的に行動しましょう。

また、これとは別に本命でない男性たちとも沢山友達になっておきましょう。これは当日義理チョコをばら撒くための伏線であり、気軽に話せる仲となればたくさん義理チョコをばら撒いてもビッチ扱いされずに怪しまれません。

バレンタインデーでの行動[編集]

こうやって渡せば相手は確実に落ちます。

バレンタインデー当日にチョコレートを渡しますが、渡す方法は何でも構いません。公共の場で渡す、人気のない場所で渡す、また誰かに渡してもらうなどといった自分の好きな方法で渡します。ただしこのときに注意するのはバレンタインデーで渡すということをはっきりということです。これは一見すると変な目で見られる失策な行為だと思われるかもしれません。しかし我々が一番恐れなければならないのは相手がバレンタインデーだということを忘れている可能性です。相手が鈍感で意識していなかったり忘れていた場合にはお返しも何もないです。あなたの努力は何の価値もなくなります。ついでに存在価値も。なので必ず言っておきましょう。ちなみに「St. Valentine」と包装シールに書かれているから大丈夫と思っていても相手が読めないというオチが待っているかもしれないので注意(事前リサーチの結果ではSt. Valentineをセットヴァルエンチンと読んだ男性が1割弱いました)。なので、カタカナでプレゼントカード等に「ハッピーバレンタイン」と手書きすることが望ましいでしょう。かわいらしいシールなど貼り付ければ完璧です。

ホワイトデーまでの行動[編集]

バレンタインデーまでが相手に偽の好意を思わせるものでしたが、実はここからが何を手に入れるかを決める本番といっても過言ではありません。ここからホワイトデー当日までの一ヶ月、どれだけ相手を自分に意識させることができるかで何がもらえるか勝負が決まります。そのためには1日一回は休み時間で会話したり、最低一回はデートしたりしましょう。このとき相手にお菓子を渡したり餌付けすればもっと効果は高まります。 欲しい物をアピールする行動はいろいろありますが、やはり一番なのは「さりげなく相手に自分が欲しいものの雑誌の広告のページを見せる」ことです。口ではホワイトデーはお菓子でいいよと言いながら、雑誌を真剣に見てため息をついたりしていると相手はこちらの欲しいものを感じ取って買ってくれる可能性が高いです。ただしあくまでも謙虚にしましょう。仮に相手があなたに夢中であるとしてもこの一ヶ月間でばれてしまったらおしまいです。また、相手がお菓子を渡したとしても文句を言ってはいけません。むしろ言ったものをちゃんと渡してくれる相手の誠実さを褒め称えるべきです。

義理チョコをばら撒いた相手に対しては高望みしてはいけません。はっきりと「お返しはクッキーとかのお菓子がいい」といってお菓子をもらうのがベストです。これにより本命の相手がお菓子以外の欲しいものを買う可能性が高くなったりもします。また義理チョコの相手には「ホワイトデーのフェアのお菓子を渡してよ」といっても大して怪しまれずに意外と買ってくれたりもするのでなるべくそう言ってお菓子を買わせるべきです。

というよりむしろお菓子以外のものを渡す人間は空気が読めない人間ですので渡さなかった人間はその後みんなで無視するべきです。彼らには生きている価値などありませんから。

ホワイトデーでの行動[編集]

この日は合格発表日のような今までの努力が実るかどうか分かる日ですので、やることは結果を受け入れることだけです。相手は前日までにはお返しを買っているはずですのでいまさら媚びたりなど行動したところでどうにもなりません。相手が自分を呼んでくれるのを待ちましょう。

ただしお返しをもらう瞬間だけには十分注意しましょう。相手が自分の期待したもの、あるいはそれ以上の価値があるものを渡したとしてもまだ高笑いしてはいけません。少なくとも相手と別れるまでは自分の本性を隠し通しましょう。でないと今までの苦労が水の泡になってしまいます。もらった翌日からは相手に冷たくしても別れても問題ありませんが、来年のバレンタインデーを見越して継続して付き合っても問題ありません。関係が倦怠期に入らない限りは今年以上の効果が見込めます。

あとがき[編集]

こういうお菓子を買えばあなたはきっと勝利できるでしょう。

「愛は存在する。ただし、尊いものではない。」という言葉があります。もしもあなたが行動している間に相手を本気で愛してしまい、義理チョコをばら撒いたりするのに罪悪感を感じたとしてもためらってはいけません。それはあなた達が故郷やスイーツを愛するのと同じようにきわめて自然なことです。特別だと思うからこそいろいろと面倒なことが起こったり戦争になったりするのです。だから深く考えてはいけません。チョコレートを沢山買って、また相手にもお菓子を沢山買わせる行為を躊躇ってはいけません。これは日本国の経済を活性化させる行為なので誰かに馬鹿にされることはないです。皆さんがお菓子を買うごとに我々・・・ではなく日本が豊かになります。だから気にすることなくこの必勝法を実践しましょう。

また、この作戦が本当に成功するか不安な女性方も非常に多いと思われます。そういう時はバレンタインデー一ヶ月前からホワイトデーまでにかけて売られいてる合格祈願のお菓子を買いましょう。願う効果は違いますが、きっと効きます。キットカットを食べてきっと勝つ、と。お菓子は必ず貴女の願いをかなえてくれるはずですから。

最後に、貴女方のホワイトデーがよいものになることを祈りこの記事を終わらせていただきます。

株式会社のび太製菓 社長 野比のび太

関連項目[編集]