UnBooks:大日本帝国憲法(笑)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

上諭[編集]

 朕(爆)は、祖宗の功績(笑)を受けて万世一系(笑)の帝位(笑)をふみ、 朕(爆)の親愛なる臣民(笑)はすなわち朕(爆)の祖宗(笑)が恵み、愛し、慈しみ、養ったところの臣民(笑)であることを思い、 その幸福を増進(笑)し、その立派な徳(笑)と生まれながらの才能(笑)を発達させることを願い、 またその補佐(笑)によって、ともに国家(笑)の進運を助けてくれることを望む。  朕(爆)は我が臣民(笑)の権利(笑)および財産の安全(笑)を貴び重んじ、またこれを保護(笑)し、 この憲法(笑)および法律(笑)の範囲内においてその享有を完全に確かな(笑)ものだとしてよいと宣言(笑)する。  朕(爆)の朝廷(笑)に勤めている大臣(笑)は朕(爆)のためにこの憲法(笑)を施行(笑)する責任を有し、 朕(爆)の現在および将来の臣民(笑)はこの憲法(笑)に対し永遠に従順の義務を負わなければならない。


第1章 天皇(爆)[編集]

第1条(笑)[編集]
大日本帝国(笑)は、万世一系(笑)の天皇(爆)によって統治される。
第3条(笑)[編集]
天皇(爆)は神聖(笑)であり、侵してはならない。
第4条(笑)[編集]
天皇(爆)は国家元首(笑)であり、統治権を統合して掌握(笑)し、憲法(笑)の規定(笑)により統治を行う。
第11条(笑)[編集]
天皇(爆)は陸海軍を統帥(笑)する。
第13条(笑)[編集]
天皇(爆)は宣戦布告を行い、講和条約(笑)を結び、その他の条約を締結(笑)する。
第14条(笑)[編集]
  1. 天皇は戒厳(笑)を宣告する。
  2. 戒厳の要件及び効力は法律(笑)によって定められる。

第2章 臣民(笑)権利義務[編集]

第18条(笑)[編集]
日本臣民(笑)であるための要件は法律(笑)の定めるところによる。
第19条(笑)[編集]
日本臣民(笑)は法律命令(笑)の定める資格に応じて等しく(笑)文武官に任命され、及びその他の公務に就くことが出来る。
第20条(笑)[編集]
日本臣民(笑)は法律(笑)の定めに従って、兵役に就く義務を有する。
第21条(笑)[編集]
日本臣民(笑)は、法律(笑)の定める所により、納税の義務を有する。
第22条(笑)[編集]
日本臣民(笑)は、法律(笑)の範囲内で居住と転居の自由(爆)を有する。
第23条(笑)[編集]
日本臣民(笑)は法律(笑)によることなく、逮捕監禁審問処罰を受けることはない。
第24条(笑)[編集]
日本臣民(笑)は、法律(笑)に定められた裁判官(笑)の裁判を受ける権利(笑)を奪われることはない。
第29条(笑)[編集]
日本臣民(笑)は法律(笑)の範囲内で言論・著作・印行・集会及び結社の自由(爆)を有する。


第3章 帝国議会(笑)[編集]

第33条(笑)[編集]
帝国議会(笑)は、貴族院と衆議院(笑)の両院で成立している。
第35条(笑)[編集]
衆議院(笑)は、選挙法(笑)に定める所によって公選(笑)された議員により組織する。
第37条(笑)[編集]
全ての法律(笑)は、帝国議会(笑)の協賛(笑)を経る必要がある。
第38条(笑)[編集]
両議院(笑)は、政府の提出する法律案を議決(笑)し、及び法律案を提出(笑)する事が出来る。

第4章 国務大臣(笑)および枢密顧問(笑)[編集]

第55条(笑)[編集]
  1. 各国務大臣(笑)は天皇(爆)に助言(笑)を施し、その責任(笑)を負う。
  2. 全ての法律(笑)・勅令(笑)・その他国務に関する詔勅は、国務大臣(笑)の副署(笑)が必要(笑)である。

第5章 司法(笑)[編集]

第57条(笑)[編集]
  1. 司法権(笑)は天皇(爆)の名において法律(笑)によって裁判所(笑)が行使する。
  2. 裁判所(笑)の構成は法律(笑)によって定める。
第59条(笑)[編集]
裁判(笑)の対審・判決はこれを公開(爆)する。

第6章 会計(笑)[編集]

第62条(笑)[編集]
  1. 新たに租税を課し、及び税率を変更するには、法律(笑)で定めなければならない。
第64条(笑)[編集]
  1. 国家(笑)の歳入歳出は、毎年予算(笑)を帝国議会(笑)の協賛(笑)を経なければならない。
  2. 予算(笑)の項目の額から超過した時、または予算(笑)のほかに生じた支出がある時は、後日帝国議会(笑)の承諾(爆)を求める必要がある。
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第19回執筆コンテストに出品されました。