UnBooks:フットボール「搾取」の実態

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

フットボール「搾取」の実態 サッカー選手が見た景色

スペイン・バルセロナの中心。狭い座席、沸き上がる観衆。

男達が熱中しているのは、睾丸を模したと思われるボールを男性たちが捏ねくり回す光景だ。

その中には、有名な選手もいる。下部組織出身の選手も多い。

この搾取の元当事者であった某選手は言う。

「このクラブから、別のクラブに行った時、怒号が絶えませんでした。ある過激派ウルトラスは、豚の頭を投げ込みました。僕達は『搾取』されたのです」

その選手は、後にイタリアのクラブに行き、引退した。

ユースチームにも批判が集まっている。「児童の性搾取」であるという批判だ。

ヘディングの危険性など、未成年にサッカーをさせること自体が危険であり、搾取であると人権団体は訴える。

元選手寮のコーチは言う。

「確かに、児童の性搾取と批判はあります。ヨハン・クライフがアヤックスの選手であった頃からそれは存在していました。しかし私は納得出来ていません」

続けて彼は話す。

「しかし、やり方を変えるべき時期にあるとは考えています」

児童の性搾取だけではなく、下着やユニフォーム、ソックスを売るというブルセラ紛いの事[1]も存在すると関係者は述べる。

あなたの好きなサッカー選手の笑顔の裏では、ユニフォームや下着を売ったりクラブの会長に身体を売っているかもしれない。

長い間クラブのファンであった男性は言う。

「下部組織の子供たちから、下着の販売を持ち掛けられたこともあったよ。今もある。下部組織の子供だけではなく、現役の選手もやっているとは聞いたよ」

彼曰く、ユニフォームや下着、ソックスの販売は存在するという。相場はユニフォームで150ユーロ(約2万5000円)前後、有名選手ならば420ユーロ(約5万8800円)位の選手もいるとの事である。

クラブの現役選手に聞いた。

「ああ、下着を売る?僕らの世界では普通の事だよ。試合後にファンから声を掛けられる。そこで交渉をするんだ。チームメイトも下着やユニフォームを売っていて、僕もチームメイトからやり方を教えて貰った」

「流石に問題視されてスペインも保身の為にプロリーグ機構が止めろとは言ったみたいだけどね。僕が見た話有名選手のは高く売れるみたいだよ」

彼は細かい事例を挙げ、下着やユニフォームの販売は日常茶飯事だという。有名選手の具体名も話したが、ここには記さない。

中には、選手に対して性的な目線を向けるサポーターもいるという。

最後に彼は、2部3部などの下部リーグでも有り得ると言った。

「僕はその手のクラブには行ったことがないけど、選手の友達からは聞いている」

サッカー選手に熱を向けるのは、大抵が成人男性だ。その成人男性に、「サービス」として下着を売ったり、サインを入れたりするのが、サッカー界の実態だという。

更にサッカーチームは、売春の温床になっているとの指摘がある。

主に2部、3部のチームで顕著だが、サッカー選手がファンや選手を相手に売春をしているという指摘だ。

サッカーチームは隠蔽に乗り出しているが、認めていくべきとの意見も存在する。ある人権活動家は言う。

「サッカーチーム内での選手の売春は、「処罰されるべき問題」ではないと思っています。寧ろこれを機に選手の売春を認めていくべきという風潮に変えていくべきです」

サッカーチーム内での性に、我々はもう少し向き合うべきかもしれない。

脚注[編集]

  1. ^ なお、選手が使用済み、または選手支給のユニフォーム(念の為言っておくが、選手支給のユニフォームはレプリカユニフォームと少し仕様が違う事が多い。これはアンサイクロペディアには珍しく事実である。)に一見意味の分からない落書きをし、eBayこう言ったサイトで買う変態好事家もいるにはいる。所謂、コレクターである。セレブリティにはスター性があるからか何故なのか、落書きがされた方が高く売れるのである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]