UnBooks:フィギュアへの虐待には通告の義務があります

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

前書き[編集]

フィギュアへの虐待には通告の義務があります。

壊されるフィギュア達を見た御役人たちは、そう言った「フィギュア虐待防止法」を施行した。 人間の幼児同然、可愛らしいフィギュアが遺棄され、人間らしい扱いをされない、そのような状況に人々は心を痛めていた。 フィギュアの置き場所に困った、等の相談を受け付けるフィギュア相談所も作られた。

フィギュア虐待とは[編集]

フィギュアへの虐待の例。

そして、「フィギュア虐待防止法」により、フィギュアへの虐待は、通告すべき、という風潮がマスコミ等によって伝えられ、徐々に作られていった。 例えば、フィギュアにとろろなどの白濁液をぶっかけたりする事も性的虐待とカウントされるようになり、フィギュアにホワイトソース、とろろ、温泉卵の白身等をぶっかけた画像が「フィギュア性虐待記録物」となされ、製造や単純所持を罰するべきだ、という風潮もあった。 マスコミは、挙ってフィギュアへの暴行、虐待等でフィギュアがフィギュアと成さなくなった様子を報道した。尚、そのような虐待は、所有者の妻などの近親者が多い。 一方で、そのラディカルで急進的なやり口は最早東独の秘密警察の様になっている、と感じるようになった。

それから[編集]

フィギュアへの愛の放棄、性的虐待、暴行、暴言などが虐待と見なされ、フィギュアへの愛の精神の涵養は成功したと見なされた。 だが、フィギュアは頼みも無いのに勝手に保護され、幼いフィギュアは兎も角、不平そうに愚痴を言っていたフィギュアがあった。 マスコミはまた報じる。 「○○区で、フィギュアへの虐待事件が―」 ああ、またか。 嗚呼、可哀想な、フィギュア、と。 人々が憐憫の情を向けている。

関連項目[編集]