UnBooks:カレールーの作り方

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

あの妖怪達のお供にされた住職が伝えたカレーライス。それのベースとなるのが、ここで紹介するカレールーである。

カレールーとは、カレー粉とも言い、カレーライスを始め、色々な料理の調味料となる(例:シチュー、ハヤシライス等にかけたり、ご飯にふりかけとしても)。そのルーは大抵、工場で作られているから、家で作る事はまず無いだろう。

だが、家で作る方法がある。これが出来ると工場要らずとなり、環境にも良いようである。尚、ただカレーの作り方を知りたいだけなのなら、こちら、う●こを使用しないほうのルーならUnBooks:真のカレールーの作り方をそれぞれ参照するのが望ましい。


材料(1人分)[編集]

  • う●こ …… 適量
  • 胡椒 …… 適量
  • ソース …… 適量

作り方[編集]

  1. まず、予め冷蔵庫に保管されていたう●こを取り出す。
  2. そのう●こを5つに切る。
  3. その5つのう●こに胡椒をかけて、よく練りこむ。
  4. そしてソースをたっぷりかけます。またよく練りこむこと。
  5. 1つ食べてみて下さい。
  6. おや、美味しく無かったようですね。でも気にしないで下さい。ルーには違いないのですから。
  7. 残りの4つを専用のオーブンで焼く。
  8. 取り出したら、ホワホワなルーの下準備完成!
  9. ここからフリーズドライさせます。専用の機械をジャパネットで買う。
  10. 3日後、自宅に届く。
  11. その専用機械でフリーズドライさせる。
  12. 5年後……ようやく出来たようだ。あと、熱いからまだ入れておくこと。
  13. 1時間後に完全に冷める。これで出来上がり。

鍋にルーを入れる方法

  1. 鍋を沸騰させておく。予め沸騰石を入れておくこと。
  2. そして作ったルーを砕く。
  3. 水に戻して、ちょうどアレのにおいがしたら入れる。

後は普通にUnBooks:カレーの作り方通りでやると良い。

食べ方[編集]

現代ではルーをそのまま食べる事は無いが、幼児がこっそり台所へ行って、削って食べると言う事があるようだ。だから、食べるには皿の他に彫刻刀が必要だ。