UnBooks:もう恋なんてしない 青年Nの決意とその後

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

プロローグ[編集]

関東地方のあるところに、夢を追いかけて関西から上京してきた、Nという青年がいました。Nは温厚でおとなしく、誰に対しても優しく接することのできる青年で、とても純粋な心の持ち主でした。

そんなNには最愛の彼女がいました。Nと彼女はお互いをとても愛し合っており、二人は真夜中も、いつもお互いを求め合っていました。

しかしある時、お互いの間にひずみが生じてしまいました。それは二人があまりにお互いを知りすぎて、求めすぎたがために生まれたひずみでした。そのひずみはいつしか深くなっていき、ついに彼女は、それまで同棲していたNの家から出て行ってしまいました。そのまま出て行ったきりで、何日経っても彼女がNの家に戻ってくることはありませんでした。お互いを愛し合いすぎていたが故の、突然の破局。それはとても皮肉で哀しいものでした。彼女が去り、彼女の物だけが少し残った部屋に一人でいると、かつて二人で過ごしていた時の甘い安らぎは消え、空虚だけが残り、ただただ寂しさが募ってくるのでした。

こうして最愛の彼女と別れてしまったNは、

「もう恋なんてしない」

と決意しました。もう二度とあのような寂しさを味わいたくなかったのです。

彼女との記憶[編集]

最愛の彼女と別れてからいつしか3年が経過しました。しかし、Nは彼女を忘れることが出来ません。

いつまでも彼女との思い出に縛られたくない、彼女と出せなかった答えを他の女性と見つけてみたい……。そういう気持ちはNの心のどこかにありました。しかし、彼女を思い出す度に、Nのそういった欲はかき消されていきました。 それどころか、どんなに頑張って忘れようとしても、二人で暮らした日々は、美しい思い出となってよりいっそう輝きを増していくばかり。 Nにとって彼女は、何よりも大切な存在だったのです。

とても他の女性と付き合う気など起きず、女性から告白されても「悪いけど、そういう気にはなれないんだ」と断り、なんとなく気になる女性が出来ても、とても告白する気にはなれませんでした。彼女と別れて以来、Nはずっと独りを貫き続けていました。

……その日がくるまでは。

"K"[編集]

Nが最愛の彼女と別れてから5年の歳月が経ったある日。まだ彼女のことを忘れられないNは仕事場で帰り支度を整えると、いつものように家に直帰しようとしていました。すると、Nの横にいた同僚のK

「Nさあ、今日暇ならウチに寄っていかない?いいあるよ」

と誘ってきました。Kとは単に同僚なだけで、今までこれといって話をしたことはほとんどありませんでしたが、特に嫌いというわけでもなかったので、

「まあいいか。家に帰っても別にやること無いし、今夜は付き合うか。こいつとはあまり話したこと無かったし、この機会に友好でも深めておくかな……」

と思い、軽い気持ちでKについて行きました。Kの部屋は神奈川県のとある市の、駅から徒歩10分。比較的新しい賃貸アパートの、5階のエレベータから少し離れた奥の方にありました。

「汚い部屋だけどあがってよ」

Kはそう言って、Nを部屋の中に入れました。Kは謙遜して自分では"汚い部屋"と言うものの、そこは男が一人で暮らしている場所にしてはえらく整い、塵一つ見あたらないような綺麗な部屋でした。

「それじゃ、いただくかな……」

NはKと少しづつ酒を飲みながら、職場であったことや、世間話などで談笑していました。

すると、その時です。特に酒に弱いというわけではないはずのNが、二杯目のコップに手を伸ばしたとき、急にふらふらっとしてしまったのです。

「あれ……頭がぼーっと……」

突然急な眠気に襲われたNは、一体自分に何が起きたのかも分からないまま、その場に倒れこんでしまいました。

そして……[編集]

Nが目を覚ますと、そこは布団の中でした。なんとNはいつの間にかになっていて、横にはNと同じくになったKが、Nに向かって微笑んでいたのです。

「やあ、やっと目を覚ましたかい」

「K!?これはいったい?」

「キミの裸、すごく素敵だよ……。とてもきれいな体をしてる」

「うわっ!な、何をする!?やめろよ、そんなとこ触るなよ…!」

「ハッハッハ。薬が効いてるから、上手く抵抗できないだろ?」

「ちょっ、薬って何だよ!いったい、どうしてこんなことをするんだ?」

「……それは、キミを初めて見たときから、ずっとこうしたいと思ってたからだよ…」

「な、何言って…うっ。そっ、そこはダメだ…!やめてくれ、K…っ!…ん、ああっ…」

「ずいぶんと色っぽい声を出すんだね。やっぱりキミは最高だよ…」

……その後、NはKに体の隅ずみまで弄られることになり、

アッー!

「アッー!」

結局、Kと最後まで事を終えてしまったのでした。最初は絶対的に嫌々だったNも、だんだんと抵抗感が薄れていき、事が終わったあとには

「あれ…なんだろう?この感覚……。すごく、気持ちいい……」

という風にさえ感じるようになったのでした。そしてNは、昔から薄々感じていながらも今まで気付いていなかった自分の本質に、この日初めてはっきりと気付いたのでした。

そして、最初は強引に無理やりNを犯してしまったKとも、いつしか肉体だけでなく心の交流を深めていくようになり、ついには自分から体を求めていくようになりました。「もう恋なんてしない」と決意していた彼は、長らく久しぶりに、ようやく再びというものを感じることができるようになったのです。

それからはもう、以前付き合っていた、あの最愛の彼女を思い出すこともなくなっていきました。

エピローグ[編集]

その後、Nはある事情でとある遠いところに行くことになり、Kとは離ればなれになってしまいました。数年間離ればなれになった二人。しかし二人は片時もお互いのことを忘れませんでした。遠く遠く離れていても心は繋がっていました。

やがてNは遠いところから帰ってこられると、真っ先にKの元に向かっていき、その夜、NはKと体を重ねあいました。そしてしばらくして神奈川の某所に新居を構え、二人でそこに住むことになりました。


ふと、Nは昔の彼女のことを思い出します。彼女のことは何だったのだろうか……。あんなにも愛し、いつまで経っても忘れられなかったはずの彼女のことを、Kと付き合うようになってから、全く思い出さなくなっていたのは何故なのだろうか、と。

しかし、さらにNは考えます。今となってはそれはもう、どうでも良いことなのだと。

今は彼女のことを思い出しても全く苦にならないし、それにこうして大切な人が傍にいる。それは女ではなく男で、世間から見たら極めてアレかもしれないけれど、周りからどう言われても、どんなときも僕が僕らしくあるために自分の気持ちを大切にしているから全然気にはならない…。


今もNはKと二人仲良く暮らしています。そして、当時の最愛の彼女と2人で出せなかった答えを、今、彼女の知らない男Kと二人で見つけていることでしょう。めでたし、めでたし……。

関連項目[編集]

画像はイメージです。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!