UnBooks:もう、女じゃ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
International000.gif
この記事は他言語から翻訳されました。

まだこの記事はまともな日本語になってないところがいっぱいあるので、たぶんとってもクレイジーです。
どうかこの記事をできればあなたがさっさと日本的な馬鹿にしちゃってください。お願いしますよ。

  • 翻訳が面倒ならば、正確な訳文など気にせずに、日本語流に書き直しちゃうこともできます。
  • ある程度翻訳が済んだらこのテンプレを剥がして、この記事のルーツは日本であると主張して下さい。
  • テンプレを剥がしたいが、多言語版からの翻訳であることも示したい場合には、{{翻訳済}}という便利なモノがあります。


私、もう……

男の子たちは、みんな私の胸に夢中だったものよ(※ただしホモを除く)。

でも、バッサリ切った長い髪は、もはや平らになった胸板を包み隠してはくれない。

どんな顔してあなたに会おう?

いつ明かそうか? 今や私の一部となった、新しいパートナーのこと。

漲るホルモン、とってもかわいいモンスター

あなたに見せたいのに、猛り狂った私の分身

あなたを快感で切り刻んであげたいのに。

赤熱したトーストナイフが、スッとバターを溶かすように。

しかしなんとも不条理なことに、ただいまストライキの真っ最中。

退院したら、すぐにあなたに会いに行こう。

新しい私も、あなたは好きになってくれるかな。

それとも、とか流すのだろうか。

でも、これが一番私らしい姿、私が私であることを誇れる、あなたに一番見せたい姿。


……それで私、をやめました。

この記事は、en:UnPoetia:Not yet a womanから翻訳されたものです。