UnBooks:にくきぅの作り方

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ここでは、にくきぅの作り方について説明する。

材料[編集]

以上。

作り方[編集]

  1. 人間と猫を一匹ずつ用意する。
  2. 金属バットで人間と猫を検閲により削除
  3. 両者が完全に死亡したことを確認したら、彫刻刀で人間の肉体の解体を開始する。
  4. 臓器を傷つけないように注意する。五臓六腑を適切に抽出する。余った脂肪や筋肉はに食わせる。
  5. スプレーをかけてコーティングする。
  6. シンナーを吸って本気モードに入る。
  7. 彫刻刀で程よいサイズに切り刻む。
  8. よく練る。
  9. 猫を彫刻刀で切り刻み剥製にしたのち、猫の手に人間の臓器だったものを埋め込む。
  10. これでにくきぅは完成する。完成後、君は警察に自首し、無能な弁護士の弁護も虚しく殺人罪により死刑判決を受ける。
  11. 死後、君が作ったにくきぅは子供達の遊び道具となる。子供達はどういう過程でにくきぅが作られたのか無論知らない。

以上。

関連項目[編集]

この二作品はにくきぅの作り方の教科書である。