UnBooks:ながいながいペニスの話

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この物語はフィクションです。
実在の人物、団体、企業、ながいながいペンギンの話とは一切関係ありません。


Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

はじめに[編集]

「これは、かりだかぼっきの『ながいながいペニス』の話ではなくて、マンコとペニスのふたなり ピピとペペのぼうけんについての、『ながいながい』話です。」
ながいながいペニスの話 について、作者

くしゃみのピピとほしがりやのペペ[編集]

とおいとおい恥丘のふもとに、おとうさんのペニスがいました。

あたりは、みわたすかぎり、まっくろい、陰毛のはらっぱです。

スカートもありません。パンツもはいていません。 目もあけられないほど、こい愛液が、いちにちじゅう、おまんこを、ぬらしつづけています。

おとうさんペニスは、あつくもえるはらっぱに、じっと、うごかないで、勃起」(っていました。

おとうさんペニスは、付け根に、たまをふたつ、かかえていたのです、 もしも、いま、おとうさんペニスが、ここでうごいたら、ほかほかとあったまっている、ふたつのたまは、すぐにはててしまうでしょう。 そして、たまのなかのあかちゃんも、はててしまうでしょう。

ぴゅっぴゅっと、しおをふいてもとめてくる、おまんこのなかに、おとうさんペニスは、勃起っていました。 いつまでも、うごかないで勃起っていました。

関連項目[編集]


UnBooks.png この本「ながいながいペニスの話」は、著者の情報収集能力や執筆能力が低かったこともあり完成されていません加筆して再出版してくれる人を探しています (Portal:スタブ)