UNKO

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
UNKO旗
民族のシンボルである太極が程よく混ざり合う様をモチーフとしている

UNKO(英・United Nations unification of the Korean peninsula Organization、邦訳「国連朝鮮半島統一機構」は、韓国北朝鮮を統一するために発足した国連の補助機関。本部はパキスタンのフンザ。

概要[編集]

当初は両国同士の解決が望まれ、第三者機関による介入は不必要とされたが、北朝鮮サイドの長引く核開発問題に加え、イラク戦争・地球温暖化などで北朝鮮・韓国両国を含めた国連加盟国各国がこの問題から遠ざかろうとしていたため、1995年9月30日、当時旧ユーゴスラビアで国連理事であったズット・ゲリビッチ氏らの呼びかけに呼応する形で国連決議に諮られ、同日発足したもの。

活動[編集]

両国内に蓄えられた、統一を阻む汚染物質を一刻も早く排除するための様々な活動が各ワーキンググループ形式で議論されている。

統一汚物排出委員会[編集]

委員長はゲ・ハヨキク氏(北朝鮮)。文字通り一刻も早く両国の統一を阻む要因に働きかけ、なるべく早い解決(目標は翌朝、との事である)を目指している。

統一問題汲取委員会[編集]

委員長はスイートル・タップリ氏(イギリス)。情報の行き届かない農村部で活動し、排出された問題点の処理に当たっている。

滞留問題解決委員会[編集]

委員長はドク・ソーガン氏(韓国)。なかなか解決しない難問題に対応する専門の委員会。

UNKOの問題[編集]

UNKOは上記の通り韓国と北朝鮮の統一を補助するための機関であるが、先進国同士ないし先進国と途上国(その他問題のある国)の統一ならよいのだが、北朝鮮は言論の自由がなく国民をSMプレイのおもちゃにしていることで知られるUN国家であり、その南に位置する韓国も同じく言論の自由がなく、国家の主な収入源が隣国にクレーム、イチャモン、戦争などを仕掛けてそれに対して保証金や賠償金を支払わせることで国家の運営をしているUN国家である為(現在韓国が比較的豊かな国で北朝鮮が貧しい国である原因は朝鮮戦争の休戦協定が結ばれたときに北朝鮮が韓国との合意を破り、無許可で南進した賠償金として当時の北朝鮮の国家予算の2倍の賠償金を当時の韓国大統領にポケットマネーとして秘密裏に支払わせた為だという説が有力である)、両国が実際に統一した場合には世界初のスーパーUN国家となることが期待される。

日本語における略称問題[編集]

UNKOを日本語でどう読むかは非常にデリケートな問題でありNHKを中心とするマスメディアの間で議論されている。すなわち他の国連の補助機関と同様に、そのままローマ字で「ウンコ」と読むのか、より緩和された表現である「ユンコ」と読むのか、である。しかし前者はモロにあれと被り、後者は下手をするとマ○コと読まれる危険性が指摘されている。この問題はたびたびこね繰り返して問題にされ人々の嫌悪と顰蹙を買っている。しかし一週間もの間ケツ論が出ないなど長期化の様相を呈している。 ちなみに「ユー・エヌ・ケー・オー」と胡椒するのは国連のKOを目指す機関と誤解される可能性が非常に高いため、もし誤解された場合に反UN機関とみなされテロ組織として国連軍にポアされる可能性を恐れた韓国が「ユー・エヌ・ケー・オー」と故障した著名人AをKCIAを使いポアした事件が起こった。2014年4月1日のことであった。しかし現在ではその事件は無かったことにされ、wikipediaに書き込んでもなぜか該当記事が削除されている。

外部リンク[編集]

この項目「UNKO」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)