the pillows

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「the pillows」の項目を執筆しています。

the pillows(ザ・ピロウズ)は、1989年に結成された日本ロックバンドであり、「アウイェー教」の布教集団でもある。

概要[編集]

ベースの上田ケンジと現在の教団幹部が1989年9月16日に結成。インディーズで細々と布教後、1991年メジャーデビュー。しかしそのわずか2年後、リーダー上田ケンジが「音楽性の違い」による教団批判を行ったことで脱退。残されたメンバーはキングレコードに移籍し活動を再開。布教活動を「アウイェー教」として整理し布教を続けるが、思うように信者を増やすことができず、テコ入れのためエイベックスに移籍した。しかし現在でもアウイェー教の布教を積極的に行なっている。

永遠のブレイク寸前[編集]

the pillowsは1989年の結成されてから25年間活動を続けているのだが、一向に知名度が上がらず、人気・売上も伸びない。このことから、「永遠のブレイク寸前教」と揶揄されている。

2006年末頃にエイベックスに移籍した際は知名度が上がったように思われたが、空気を読まない山中が「キングレコード時代には出来なかったことが色々出来て嬉しいアウイェー」と、突出したアゴをいつも以上に突き出しつつ結局アウイェー教布教を続けることに代わりないことを宣言したため、人々が次々にイライラする騒ぎとなった。

しかし、夢にまで見た武道館ライブ(布教)を2009年9月16日に敢行。ある程度の信者を獲得したとみられている。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

山中さわお (やまなか さわお)
近影
ボーカルギター、2代目リーダー、作詞・作曲を担当。またthe pillowsが唱える「アウイェー」は彼が啓示を受けたことに起因する。
また「世界嫌葱王決定戦」での優勝経験も持つ。優勝時には「出来ればねぎとも仲良く付き合っていきたいアウイェー」と、結局はアウイェー教布教の一環だったことを明かしている。
自身の鳥の巣頭に関しては、「散髪は中野区の『アクティ』でしてるぜアウイェ」と以前恋愛相談ラジオで発言したことがあるが、事実関係については、現在FBIが総力を挙げて調査中である。
様々な俗称を持っている。後述としここでは割愛する。
真鍋吉明 (まなべ よしあき)
エロギター、美肌を担当。俗称は「ぴーちゃん」。ギタープレイ時の非常に艶かしい動きが特徴で、このため男の人が好きな男の人に好かれる体質であり、男の人が好きな男の人信者獲得に大きく貢献している。教祖の山中に対しては、「あなたの犬になりたい…」と電波に乗っけて口にする程崇拝している。案外適当なところがあり、ライブでは未だにfunny bunnyのソロをミスってさわおを困らせている。
豚足が主食のため、54歳にして島崎和歌子もびっくりの肌ツヤの良さを誇る。
佐藤シンイチロウ (さとう しんいちろう)
ドラムス担当。正式名称は「佐藤=ジョンボーナム・シンイチロウ」。しゃべり良い。
「ロックとは岩という意味なんだぜ岩田くん」などに代表されるの自由律川柳を詠む歌人でもある。
ちなみに普段の振る舞いからとてもそうは見えないが、3人の中で偏差値は一番高い。
彼の人生の大半は自分探しに費やされている。結成から12年経ったsmileレコ発ツアーで「ツアーはある意味自分探しの旅でもあるので」という格言を残したり、その後アルバムの隠しトラックでギターやウクレレを弾いてみたり、20年ピロウズを続けてきて一番印象に残った出来事が「馬主になったこと」だったり、人生折り返し地点を過ぎようともまだまだ見つからない本当の自分を模索し続けている。
体の70%が酒でできている。これは彼がかの華麗なるジョンボーナム一族の血を引いていることに由来しているとされるが、詳細は不明のままである。
また、長年痛風とは無縁の生活をしていたが、2013年、ついに痛風デビューを果たす。
本人曰く「年齢がシャレにならなくなってきた」ので2014年8月頃より年齢非公表となっている(本人はウィキペディアに書いてほしいと希望)が、1964年8月16日生であることは既に知られている。

過去のメンバー[編集]

昼ドラなみにドロドロした関係に包まれているのでここでは書けません。適当にお察し下さい

さわおの俗称[編集]

ここでは教祖である、さわおの数々の名称について記述する。

山中さわこ
性転換したさわお。「Another morning Another pillows」のジャケットでその姿を確認できる。
性転換時でない曲のピッチを上げた時にもこう呼ばれる事が多い。
某高校の軽音部の顧問もやっている。うんたん♪
山中さらお
髪がサラサラしているさわお。「白い夏と緑の自転車 赤い髪と黒いギター」のPVで、さわおを真上から映すアングルの時に「さらお」が確認できる。
使用シャンプーは「VIDAL SASSOON」。
山中わかお
主に初期のthe pillowsで見られるさわお。
今と違い声が貧弱なのは「喉にまんじゅうが詰まっていた」ためである。顔も違い、当時は「劇団ひとり」に似ている。
ぶっちゃけ売れなかったのは、わかおの声のせいでは?という信者もいる。
山中もさお
最近見られる髪がモサいさわお。「もさもさわお」と呼ばれることもある。「New animal」のPVで確認できる。
髪にボリュームがなくなっても、中野の美容院で8,000円かけることで再生することができる。使用シャンプーは「パックスオリー」。
山中かわお
可愛いさわお。別名「39歳の小学生」。
「Tokyo Bambi」のPVにおいて齢40超え(ただし当時39歳)と思えないほどのはしゃぎっぷりと甘えっぷりを見せ、新たなファン層を獲得した。
山中たみお
タミフルをキメたさわお。一般には「ストレンジカメレオン」、マニアには「レッサーハムスターの憂鬱」のPVでのたみおが有名である。
特に後者はたみおの暴走により放送コードに引っかかる物となったためお蔵入りし、現在封印扱いとなっている。決してニコニコ動画でも見ることは出来ない。絶対に
山中ひげお
貴重なヒゲの生えたさわお。「その未来は今」のPVでひげおを確認できる。
2013年9月頃から再びヒゲを伸ばしはじめ、各種メディアやライブなどでも度々ヒゲの生えた姿で登場する。
山中ちわお
某音楽番組に出演した際に作詞作曲者としてクレジットされた謎の人物。さわおの影武者という説もある。
山中爽男(やまなか さわお)
爽やかな男→爽男。「さわやかさわお」と呼ばれることもある。「彼女は今日」のPVでは、爽やかすぎる爽男のイケメンぶりが確認できる。
山の中の爽やかな男⇒ミスターアウトドア

山中うざお

うざいさわお。「I think I can」のPVでどれ程うざいのかが分かる。
「I think I can」のPVは一段と見辛くなっているが、これは何者かの陰謀であるという説が有力。
山中ぎゃらお
リトルバスターズを出した頃の、丸いサングラスをかけたさわお。
マンチェスターの暴れん坊を意識したものと思われるが、どちらかというとTVチャンピオンの大食い選手権優勝者の方にによく似ている。
山中ぽちゃお
バカリズム。
よものこそをあ
aとoを間違えただけである。
山中パパお
チャットモンチーのお父さん。と自分は言っている。
山中ふわお
年を重ねても落ち着きを見せることなくボリュームを増し続ける彼の頭髪部を称して人はこう呼ぶ。宇宙は今も広がり続けている。その宇宙に時折、光が差す。それが白髪だった。
sawao yamanaka
恋愛マスター。最近相談が少なくなってきた。

代表曲[編集]

  • ストレンジカメレオン
6thシングル。また5thアルバム『Please Mr.Lostman』収録曲。
  • Funny Bunny
8thアルバム『HAPPY BIVOUAC』収録曲。
  • ハイブリッドレインボウ
11thシングル。また6thアルバム『LITTLE BUSTERS』収録曲。
  • I think I can
18thシングル。このPVでは教祖が「山中うざお」と呼ばれている。
寝ても覚めても繰り返す♪
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

the pillows用語集[編集]

言葉[編集]

アウイェー
山中さわおが曲中やライブ前の客煽りで連発する呪文。公式サイトでも使用される例が見受けられるため、公認と思われる。98年発売シングルの「NO SELF CONTROL」では、最も多くこの言葉を使用している。「oh yeah」のことだと思われるが、あくまでも「アウイェー」である。アウイェー!
巨乳feel?巨乳ピーナッツ、ハイブリッドレインボウ
「ハイブリッドレインボウ」のサビ部分の歌詞がこう聞こえる。つまり、ただの空耳である。
ドボン ザ キリンビール
「THE KILLING FIELD」の曲中にサブリミナル的に織り込まれたメッセージがこう聞こえる。確かにさわおは無類の酒好きではあるがビールに溺れたいほどではない。つまり、ただの空耳である。
信号が何色でもブレーキなんて踏まない
「Swanky Street」のサビ部分の歌詞がこう聞こえる。しかし空耳ではない。ペーパードライバーのさわおらしい言葉であるといえる。
クタバレニンゲンドモ
さわおなりの精一杯のスマイルを言葉で表現するとこうなる。
白いちからと緑のたぬき 赤いきつねと黒い豚カレー
あるシングルのタイトルをカップうどんで表現するとこうなる。
「今夜もいい夜にしたい」
さわおがMCでよく言うフレーズ。「いいライブをしたい」という意味ではなく、「いい打ち上げをしたい」という意味である。
916
ピロウズにとっては156より重要な数字であり、バンド結成日として毎年盛大なお誕生日会が開催される。パスワードにも使用される。
今朝、目を覚ましたら〇〇年たってました
さわおが節目ごとに挨拶やライブの際用いる言葉。しかしこの言葉を発している時は、さわお本人は夢のなかにいることが多い。
お久しぶりじゃないか
さわおがライブの最初の挨拶でよく言うセリフ。本人は「おぉ~久しぶりじゃないか?」と言っているつもりだが「お久しぶり」に聞こえてしまう。
ベイビーイッツユー
佐藤シンイチロウが一口馬主を務めている、ヒダカブリーダーズユニオン所属の競走馬。すでにデビューから12戦出走しているが、2014年10月現在の戦績はお察し下さい

シリーズ[編集]

公式が病気シリーズ
公式MADとも呼ばれる。PVを低予算の中で作っているため、謎の動物(Tシャツに空と書いてあるので空くんと呼ぶ)が性器(と思われるが尻尾だと信じたい)を振り回したり、あり得ないほどダサかったりと、色々と病気なPV。「インスタントミュージック」、「バビロン天使の詩」、「YOUR ORDER」、「Doggie Howl」などがある。
なお、「1989」や「雨上がりに見た幻」のPVは病気ではなく、普通に感動する。差がありすぎてファンも困惑。
低予算シリーズ
公式が病気シリーズとほぼ同義。かつ、キングレコード時代のPVほぼ全てのことも指しているが、近年知られるようになったポニーキャニオン時代のPVはその上を行く低予算ぶりで、うら若きバスターズの度肝を抜いた。

キャラクター[編集]

バスター君
the pillowsの公式キャラクター。一見に見えるがである。と言われ続けていたが、近年は生みの親である山中さわおが「バスター君はバスター君です」という発言をした事を受け、既存の生物学的分類に当てはまらない独自のアイデンティティを確立した。モデルはハイブリッドレインボウのPVで登場したキモい動きをするキモい人形。
誘拐されたりペットにされたり顔のパーツがもげたりといった不幸な生物として描かれることが多いが、脱獄するなど勇敢な姿を見せる場面もある。「ボク、ヴァスタークンダヨ。ヨロピクネ★」といった感じで、片言で微妙にタミフルった喋り方が特徴。オリジナルはオレンジ色だが、白色や黒色、暗闇で発光する変種も確認されている。
ブログを運営しているが更新頻度は低く、1ヶ月以上風呂に入り続けている事もある。巨大な着ぐるみとしてファンの前に登場した際にはメンバーよりも黄色い声援を浴び、さわおをイラつかせた。
わさお
さわおの生き別れの弟で秋田犬の長毛種。青森在住。さわお同様、ハイパー気立ての良い性格である。最近、青森の地でさわおとの念願の再会を果たし、その勢いでさわおとのコラボTシャツも2枚ほど発売されている。ちなみに秘密のケンミンSHOWでわさおの飼い主のおばちゃんがこのTシャツを着ていたが、誰もそこには触れなかった。

人物[編集]

バスターズ
アウイェー教信者の総称。一人でもバスターズ。グッズ購入という名のお布施をすればする程バスターズランクが上がって行く。バスターズランクMAXになると、さわおが「ありがとアウイェー」と言ってくれるかも。
鈴木淳(fragments)
サポートメンバー。ベース、カープファン、素行不良担当。保護色。
レコーディングではメンバー以上に貢献している面もあるが、扱われ方が雑。ただし彼をイジったりネタにしてもいいのはメンバーもしくは近しい人間のみで、ライブ客が彼を馬鹿にした発言をするとさわおが「キレアウイェー」を発動する。こうなるとその客の命はない。
ちなみに「ターミナルヘヴンズロック」や「Tokyo Bambi」のPVでベースを弾いて出演してる上、アコースティックライブDVD「BLUE SONG WITH BLUE POPPIES」のジャケにも映ってるのでよく正式メンバー、もしくはウエケn(ryに間違われたりするが、あくまでもthe pillowsは3ピースバンドである。
2015年3月いっぱいでサポート活動を終了(円満ではなく事実上のクビ)。16年も務めながら、とうとう最後まで正式メンバーになることはなかった。
鈴木潤
the pillowsのディレクター。通称「ベースが弾けない方」。上記鈴木淳とよく間違われる。
文体がうざいと評判のブログは今現在も更新しているが、たまにファンの涙腺を崩壊させるような記事を書いたりする。
中村貴子
NHK-FM「ミュージックスクエア」初代パーソナリティ。the pillowsの母であり、多感な時期に良質の音楽を沢山届けてくれた僕らの母でもある。
三浦海岸
the pillowsのマネージャー。小太り。カスチル桜井とガチ相撲をとった猛者である(ジーンズのベルト止めが切れるほどの熱戦だった模様)。バスター君をこよなく愛している。また、ただいま英語の勉強に励んでいる。
山中英俊
知る人ぞ知る山中3兄弟の次男であり、山中さわおの兄にあたる。ex・the thirsty boys(Vo,Gt)で、内Pのそっくりさん。一般人ながら卓越した歌唱力と音楽センスを誇り、ヴォーカルギターのみならずベース・ピアノ・ドラム演奏をもこなすマルチプレイヤー。
ブログでは高価な機材を購入しては人にあげてしまうなどの散財ぷりを赤裸々につづっているが、腰が低く親しみやすいキャラクターと相俟ってどこか憎めないお茶目な兄貴である。1965年生まれで、苦手な教科は数学。

モノ[編集]

PILLOWSのページ
キングレコード在籍時における公式ホームページ。バンドの正式名称すら書かれていないし、普通すぎて味もそっけもないタイトルだが、メンバーからのメッセージが聞けたり、PV・アルバムジャケット撮影の裏話を画像つきで載せるなど、今よりも充実していた気がしないでもないが、今のホームページの方がカッコイイ。
チョコピロウズ
メラニン入りの菓子。the pillowsとは一切関係ない。
ライブの打ち上げ時の差し入れとして食されたようだが、翌日さわおの全身に謎の出来ものが大量発生した。

番組[編集]

the pillows POISON ROCK’N’ROLL
ピロウズの冠ラジオ番組なのに基本さわおしか出てこない。音楽研究番組と見せかけた、音楽研究所所長・山中さわおの恋愛指南番組である。
Podcastによるダイジェストも配信されている。こちらは生々しい恋愛相談をはじめとする様々なトークを繰り広げてたりするので、時にはファンがドン引きするような内容もある。「ちゃんと避妊はしろよなアウイェー」などもその例である。
またこの番組で、山中は自分の彼女がほかの男と浮気してるのを想像すると興奮すると語っている。ゲストの須藤ひさしにレジュラーをとられる危険有。
山中さわおのfool on the planet
上記番組の終了後、「寂しいから」という理由で始めたポッドキャスト。
相変わらずメンバーはさわおしか出てこないが、アシスタントとして淳が登場し、ゆってぃばりに「メキシコ♪メキシコ♪」をキメるほか、自身のレーベルに所属しているシュリスペイロフのボーカル宮本を(バイト帰りに)呼び出して、リスナーからのメールをもとに即興ソングを作らせたりしている。即興ソングは数が揃い次第「宮本 on the planet」としてCDを作成するらしい。
その後、本当にCD化して発売。本業シュリスペイロフをしのぐ勢いで売れたらしい。
回を重ねるにつれ、「おっぱい」というワードをこれでもかと連呼(主にさわお)するなど、飲み会のバカ話の如きカオスなトークも増えてきた。

漫画[編集]

FLCL
ベスパ女がとんでもないことをやらかすGAINAX製のOVA
挿入歌、主題歌を全てピロウズが提供した。これのおかげで最初に出したベストが売れたといっても過言ではない。
海外でこのアニメがフィーバーしたため、海外にも(むしろ日本以上に)ファンが多いというthe pillowsの特徴を作り出した作品でもある。
シンちゃん曰く、この作品のヒットを受けて、「見たことないぐらいの額」が口座に振り込まれていたとのこと。
SKET DANCE
週刊少年ジャンプ連載中のノルマン三兄弟として人気を誇るピロウズ公式プロモーション布漫画。描いてるのはピロウズ好きの永遠のブレイク寸前なおっさん
2009年5月20日に無料レンタルが開始された「Funny Bunny」のCDジャケットを描いているのはこの人。某掲示板では「誰得」「こっちに力入れすぎて本編がグダグダなのか…」「つーか、これなら誰が描いても一緒じゃね?」などと好評を博している。
BECK
ちょっと前まで月刊のほうのマガジンに長い間連載されてたバンド漫画。
アニメ版ではさわおが声優として意外にもナチュラルな演技を披露したりライブシーンでAdviceとLAST DINOSAURが流れたりと、ファンにとっては嬉しい演出がなされている。どうやら漫画、アニメ系の仕事してる人たちは「HAPPY BIVOUAC」がお気に入りらしい。
けいおん!
まんがタイムきららの看板漫画。156cmのあの人がいるバンドほどでもないが、ピロウズは漫画やアニメを積極的に布教に利用している。うんたん♪
作者が先のおっさん並の敬虔なピロウズファンなため、「山中さわ子」が作中に登場する。うんたん♪
「山中さわ子」の他にも「真鍋和」や「鈴木純」などが登場するが、「佐藤シンイチロウ子」的なものは一切登場しない。理由はお察し下さいうんたん♪
ちなみに軽音部のデビューシングルは「ストレンジカメレオン」の100倍は売れたと思う。うんたん♪

事件[編集]

KOOL SPICE事件
第2期ピロウズによるミニアルバム「KOOL SPICE」が、某・能無し音楽雑誌に在籍していた空気の読めない某・能無しライターによって酷評された事により、第3期の「RUNNERS HIGH」発表時に編集長・山崎洋一郎が詫びを入れるまで、さわおが取材を拒否り続けた事件。
一応の決着を見たようだが、能無しライターが辞めて以降も能無し音楽雑誌にはあまり登場していないので、まだまださわおの中で蟠りがあるようである。
ライドン事件
アメリカツアーのライブ中に起こった大事件。ステージに乱入し暴れまわったアメリカ人客に対し、さわおが「お前が歌アウイェならお前が歌アウイェこの野郎」と激怒。今世紀最大の「キレアウイェー」だったと言われる。
ファンの間でも「怖すぎる」と伝説になっている。
そんな中、ギターの真鍋吉明は流し目で超☆sexyであった。
佐藤シンイチロウは自分探しをしていたため状況を把握出来ておらず、アンコールの際になってやっと事態を理解した。
なおUSツアーの模様を収めたDVDに収録されている副音声バージョンで観ると怖くない。
大阪の事件
2010年2月7日 大阪なんばHatchにて、メンバーのチューニング待ちの間に観客が指笛の練習をしたことでさわおがキレアウイェーを発動させた事件。
また、指笛の練習の他にメンバーを呼び捨てにする掛け声でも軽いキレアウイェ-を発動することがあるので注意が必要である。
東京の事件
2011年12月15日 zepp tokyoにて、BLOCKHEAD (in April)の曲中に観客二人が軽く喧嘩をしていたところさわおがキレアウイェーを発生させた事件。
しかし喧嘩していた観客一人が謝罪し、さわおも「今俺途中で我に返ってびっくりした。自分で自分にびっくり」「あーもー楽屋帰って切腹したいアウイェー」といった様子でそこまでのキレアウイェーではなかった
「合言葉はノーツイート」


この項目「The pillows」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)