THE [email protected] 激闘編

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
THE [email protected] > THE [email protected] 激闘編
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

THE [email protected] 激闘編(アイドルマスター げきとうへん)は、PROJECT IM@Sにおける派生シリーズのコンシューマーゲーム。THE IDOLM@STER (Xbox 360)シリーズの第3作目に当たる。

概要[編集]

ゲーム制作の経緯[編集]

PSPの美希移籍における反響は、次作制作に於いて大きく判断を鈍らせた。また、D3が本気を出したアイマスのパロディと目されるドリームクラブの出現はスタッフに迷いを生ませた。その為、アーケード版の原点に立ち戻り、ハードに路線を変更して制作に取りかかった。『2』と呼ばないのは、この時既に『2』の制作に取りかかっていたこと、マンネリ化を防ぎシリーズに緊張感を持たせたいというスタッフの熱意の表れである。 このため、従来のアイマスに比べて非常に重く、ハードボイルドに重きを置いた作りとなっている。ただし、ギャルゲーであるという根底は忘れてはおらず、THE IDOLM@STER (Xbox 360)よりも多彩なイベントが増えるようになった。

また、特筆すべきは双海亜美と2人で1人の扱いだった双海真美が、レギュラーとして登場するようになった。アーケード版からのプレイヤー達の悲願が思わぬところでかなったと言える。加えてパイタッチは健在であり[1]、旧作からのファンを喜ばせた。

システム相違点[編集]

当作品とこれまでのシリーズとの相違点は以下の通り。

ユニット二人組固定
バディアイドルプロデュースゲーム』とも呼ばれる最大の元凶でもある、当作品の最大の特徴その1。
登場アイドル候補生が増えすぎた事から発生した仕様変更であるが、アイドル候補生同士の相性に起因する難易度変化が加わった結果、これまでより戦略要素が高まっている。
担当アイドルに細かな指示を出せない。
大人の事情によりプロデューサーの動きに制限がかかった事から発生した、当作品の最大の特徴その2。
その為、目標となるオーディションに向けてのスケジュール作りや、それを遂行してくれるリーダー格の育成と言う今までに無い要素も盛り込まれる等、ハードな仕様と呼ばれる一因となっている。
なお、ハード過ぎるのは困るという初心者&ライトユーザーの為に、杜若薫をマネージャーとして使えるモードも装備されている。
隠しキャラの存在
人物名以外は禁則事項です乱舞となっているアイドルも多数存在しており、「どうすれば彼女たちを登場&プロデュース出来るか」を突き止めると言うパズル的要素も兼ね備えている。
なお、使用可能にする為には隠しキャラのデータをダウンロードする必要があるので、高速なネット環境が必須と言う注意点があったりする。

あらすじ[編集]

765と961双方の女性アイドル事務所の暗闘によって961プロを事実上の解散に追い込んだものの、血生臭いとも取られかねないシビアな抗争は業界は勿論、アイドルに夢見る女の子達にまで暗い影を覆うことになった。また、961プロの解散の余波は別のアイドル事務所にまでその余波を生むこととなり、『魔王エンジェル』として活動していた東豪寺麗華、朝比奈りん、三条ともみもその例外ではなく、活動の足場を失う。また、765プロ自体も暫くは悪い意味でワイドショーを賑わす存在になってしまい、プロデューサー(プレーヤー)は出世という形を取ったが事実上の現場活動の自粛を余儀なくされてしまった。そこで出戻りした星井美希をはじめ、四条貴音、我那覇響の2人と、マネージャーやプロデューサー、事務所を失い移籍先も決められずにいた『魔王エンジェル』の3人を765に引き入れ、社長と共にほとぼりの冷めるのを待つ事になる。

ゲームはプロデューサーに既存の担当アイドル、今回からデフォルトで使用可能となった音無小鳥・双海真美、そして新キャラである魔王エンジェルの3人と多数の隠しキャラのうちの誰かと行動するチーム制となり、オーディションをはじめとする芸能活動を通じて業界の荒波を越え、恋愛をはじめとする絆を強くしていく。

登場人物[編集]

プロデューサー[編集]

  • 当作品内でのあなた方の分身とその相方。なお、プロデューサー名がアレ固定な理由は下記参照。
ダン・キロク(声:禁則事項です[2])
当作品内の主人公に当たる御仁。
プロデューサー名の由来は、際物ジャンル系小説家・団鬼六。上記の騒動の責任と言う事もあり、この様なこっ恥ずかしい名前を名乗る羽目となった。
なお、プロデューサー名固定となった代わりに本名を登録するという斬新な仕様となっており、展開次第では担当アイドルに本名及び本名由来のニックネームで読んでもらえ、コレがアイドル等の友好関係のパラメーターになっていたりする。
杜若 薫(かきつばた かおる)(声:豊口めぐみ)
『THE [email protected] DRAMA CD NEW STAGE 01』からの出張組。
文武両道にしてどんな仕事もソツなくこなす有能な御仁であり、『こいつがいれば音無腐女子が不要』tうわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp;

初期メンバー[編集]

  • 最初から特殊工作なしで使える面々。なお、当項目内では双海姉妹及び激闘編から使用可能になったキャラの概要について述べる。それ以外の登場人物詳細は、THE IDOLM@STER及びTHE IDOLM@STER (Xbox 360)を参照のこと。

765スターズ[編集]

  • THE IDOLM@STERから登場していた面々の内、竜宮小町のメンバーを除外した面々。なお、メンバー数6名は使用可能なユニットとしては最大人数である。
双海 真美(ふたみ まみ)(声:下田麻美)
双子の使えなかった方。
外観がTHE IDOLM@STER 2準拠になった事と我慢強い事以外は使えた方そのまま。
なお、サポート要員としての能力であるテンションの低下抑制は朝比奈りんを凌ぐが、それ以外の初期能力はお察し下さいなのでゲーム開始当初は苦戦必至である。

竜宮小町[編集]

  • THE IDOLM@STER 2で初登場したユニット。プレイングマネージャーである秋月律子のパフォーマンスが高い事もあり、デフォルトで使えるグループとしては扱いやすい方である。
双海 亜美(ふたみ あみ)(声:下田麻美)
双子の使えた方。
外観はおっぱいが強化されたこと以外はTHE IDOLM@STER準拠であり、真美と違い髪型もそのままである。
なお、能力面は真美と同等という事から詳細はお察し下さい

プロジェクトフェアリーズ[編集]

  • THE IDOLM@STER SPで初登場したユニット。オリジナルは美希・響・貴音の3名ユニットだが、当作品内では何故か小鳥が加わっている。
音無 小鳥(おとなし ことり)(声:滝田樹里)
765プロの行かず後家事務員の女性。
現時点ではプロデュース可能アイドル最年長であり、御年nうわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp;
765組の仕切屋要員2号[3]であり、当ゲームでは『アクの強いメンバーを御する為に入れられた』と言う設定になっているが、アレなカリスマと強烈な妄想癖が災いしたのか、東豪寺麗華に匹敵するサポート要員能力が生かされる事は…orz

魔王エンジェル[編集]

  • 魔王エンジェルは、元々THE IDOLM@STERTHE IDOLM@STER (Xbox 360)における強力なCPUライバルユニットで、それぞれが高い能力とアイドルランクを持ち合わせており、対人対戦並の駆け引きを求められた。ただ、今作は765プロと961プロの暗闘によって事務所を失うのは、実力を持っていても未だ新人である彼女達には死刑宣告に等しかった。今作ではプレイヤーは同時進行に彼女達の活動も注視しなくては成らなくなったが、担当アイドルの大きなサポートでもあるので彼女達の実力がカギを握る事となる。
東豪寺 麗華(とうごうじ れいか)(声:今野宏美)
通称・壱。
赤いストレートヘアを持つ八重歯の美人で、元々は『魔王エンジェル』のヴォーカル中心のアイドルだったが、765プロと961プロの暗闘の余波により所属事務所が倒産という憂き目に遭い、芸能活動の基盤を失ってしまう。だが、同じく身辺の激変に翻弄される765プロのプロデューサーに『魔王エンジェル』全員揃って誘われ、他に後ろ盾の無い彼女達はその話に乗った。
見た目はきつそうな美人だが、実は処女。 鋼板に例えられる胸板を持つ某アイドルと共通事項mうわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp;
作中一番登場し、プロデューサーが出張や体調不良等で会社を離れるとき、スケジュールを組んでおけば、彼女が委任する形で代行してくれる。
朝比奈 りん(あさひな りん)(声:阿澄佳奈)
通称・弐。
大きくウェーブの掛った髪をツインテールにして比較的露出度の高い衣装を身に纏う。東豪寺麗華同様、事務所を失って右往左往していたときに765プロのプロデューサーに『魔王エンジェル』全員揃って誘われ、他に後ろ盾の無い彼女達はその話に乗る。
名前の元ネタは、皆様お察しの通りの朝比奈みくる大人の事情中の人あのお方でないものの、巨乳等の共通部は意外と多かったりする。
一番幼く見え、悪戯混じりの笑みが印象的。彼女がサポートに居ると、テンションの低下が抑えられる。
三条 ともみ(さんじょう ともみ)(声:茅原実里)
通称・参。
比較的細い目を満ち、紫色の髪をショートカットにしている。『魔王エンジェル』のメンバーだが、東豪寺麗華同様、事務所を失って右往左往していたときに765プロのプロデューサーに『魔王エンジェル』全員揃って誘われ、他に後ろ盾の無い彼女達はその話に乗る。
名前の元ネタは、大人の事情で公言されていないものの際物ジャンル系漫画家・三条友美
サポートに回るのはレッスンとオーディション。テンションと『魔王エンジェル』の能力に応じて10%~4%%の支援効果がある。

隠しキャラ[編集]

  • 当作品には、上記メンバー以外にもデフォルトでは使用不可のアイドルが多数存在している。
佐野 美心(さの みこころ)(声:禁則事項です)
通称・サブ。
元々はDNAプロに所属し地味なアイドル稼業をしていたが、地味な眼鏡っ娘と言う外見に似合わずポテンシャルは高く、本気で鍛え上げればソロでオーガこと日高舞と互角に渡り合えると言われている。
このようなバランスブレイク能力が与えられたからか、サポート要員としての付加能力は無かったりする。中の人禁則事項ですなのも同様な理由からである。
小早川 瑞樹 (こばやかわ みずき)(声:禁則事項です)
デフォルトではライバル役として登場するアイドル。
765プロのアイドルを扱き下ろす高飛車な性格の上、胸囲のスペック初期状態のパフォーマンスも高くかなりの強敵。
なお、名前の元ネタは、同窓会のヒロインとこみっくパーティーのヒロインの融合と言われている。
日高 舞(ひだか まい)(声:柚木涼香)
遂に本格参戦となったオーガの二つ名を持つチート娘。年齢は自称17歳
当シリーズ内ではデフォルト状態で最強と目されるキャラであり、そのチート振りから登場条件はかなり厳しいと思われる。
但し、唯我独尊タイプが故に相性面では難があるので、ユニットを組む時には注意が必要である。

ライバル[編集]

  • 当作品のNPC。現時点では使用不能故に、ユニット名以外の詳細は禁則事項ですとさせていただく。
サイネリア(THE IDOLM@STER 2に登場する謎の5人組ユニット)
新幹少女(THE [email protected] (TVアニメ)からやって来た3人組ユニット)
雪月花(せつげっか)(魔王エンジェルとの間に黒歴史を抱える3人組ユニット)
Jupiter(じゅぴたー)(THE IDOLM@STER 2に登場する野郎3人組ユニット)
シンデレラガールズ一期生(アイドルマスター シンデレラガールズから選抜された5人組ユニット)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 今回は、事務所関係者のアイドル・事務員問わず女性キャラは全員できる。
  2. ^ スタート時に泰勇気水島大宙浅沼晋太郎赤羽根健治野沢那智の中から一人を選択。
  3. ^ 1号は無論、秋月律子。

関連事項[編集]


Takagi.gif あー、そこでこっちを見ている君! そう君だよ、君! まあ、こっちへ来なさい。
ほう、何といい面構えだ。ピーンと来た! 君のような人材を求めていたんだ!
我が社は今、「THE [email protected] 激闘編」を秀逸な記事へと導く、執筆者を募集中だ。
ま、詳しくは入社してからと言う事で、まずは加筆を始めてくれたまえ
……あ、おーい、どこへ行くんだね? 我が「THE [email protected] 激闘編」は、いつでも君を待っているぞ~!! (Portal:スタブ)