T-34

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目ではソビエト社会主義共和国連邦のww2中一番の傑作中戦車について説明しています。似た名前の同国製軽戦車T-34(試作)美国製重戦車T34(試作)などの類似商品にご注意ください。


Kfcstalinsexiest.JPG
ヨシフ・スターリン同志が
あなたを見ている!
ソビエト社会主義共和国連邦閣僚評議会付属国家保安委員会認可
本項の文章と内容は、完全に正しい事実としてソビエト社会主義共和国連邦閣僚評議会付属国家保安委員会第10課長により認定されており、
全ての無産階級人民と、ソビエト連邦共産党員に見せることが認可されています。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は国家反逆罪の対象とされます。
国家反逆罪とされた者に対しては、KGBよりポロニウムまたはシベリア鉄道の切符が無料で贈呈されます。

概要[編集]

T-34(てぃーさんじゅうよん)とは、第二次世界大戦中におけるソ連軍一番のアイドル系戦車であり、当時戦車界のトップアイドルとして君臨していた大日本帝国陸軍の「チハたん」こと九七式中戦車に対する対抗馬として誕生した。T-34の性能は(プリティーでチャーミングな愛らしいロリ容姿を持つチハたんよりも図体がでかくてゴツイこと以外は)攻撃力、防御力、機動力すべての面で圧倒的にチハたんを凌駕しており、露助の高官たちも「このT-34ならあの忌々しいチハをコテンパンに殴り倒せるぜ!」とタカをくくっていた。しかし国際アイドル系戦車連盟理事長のロンメル将軍には「容姿がブサイク」と批評である。なお、実際にT-34とチハたんが交戦する機会はなく、もっぱら寒い東部戦線で男臭いドイツ軍の戦車共の相手をしていた。ちなみにT-34はロシア語では「テー・トリーッツァチ・チトゥィーリ」という。筆者はすでに噛んでしまったが、ブラウザの前の皆も噛まずに言えるかな?ちなみに途中でかむと粛清されました。たまに鬼の魂が乗り移った車両も存在する。

性能[編集]

火力[編集]

中戦車のくせに虎戦車の装甲をぶち抜き一撃でお陀仏させることができる程の力を持ったとんでもないゴリラ女である。ソ連軍兵士の間では「85mm砲の火力を前にすれば、如何なるものでも必ず粉砕することが出来る」と語り継がれており、ドイツ軍兵士達も「T-34が火を噴いたと思ったら目の前にいたパンターと仲間が消えた」「ティーガーが子猫のようにもてあそばれ粉砕された」と証言している。仮想敵のチハたんなら正面からでも10輌、 いや、20輌ぐらいなら軽く貫通出来るんじゃないかな。

防御力[編集]

その防御性能は当時の戦車の間で最先端のファッションである避弾経始を取り入れた事によって、88mm高射砲の水平射はおろかラピュタの雷やゴジラの放射能熱線まで耐える。残念ながらチハたんの砲撃に至っては撃った砲弾が撃破されてしまうほどに硬い。ドイツ軍も早速真似して戦車に避弾経始を着せているが、前述したとおり、T-34を前にしては当然ながらゴミ同然である。

機動力[編集]

当時の戦車界において一番の機動力を持ち、陸上はもちろん海面でもガンガン進み、その気になれば空をも飛べるすんばらしい戦車である。しかし中の人に強靭な精神力さえあればたとえ宇宙空間であろうとバリバリ行動できるチハたんに比べれば少し見劣りしてしまうが、まともな訓練を積んでいない一般兵士でもこの力を出せる影響は大きい。

量産性[編集]

この戦車の特筆すべき点は月に約1300輌という驚異的な生産効率の高さである。ソ連軍はドイツ軍戦車を圧倒的物量で押し潰すべく、効率のよい大量生産を敢行するために簡単なレシピを追求した。そのためT-34の製法は徹底的に簡素化されており、T-34の素と小麦粉を牛乳に溶かしながら混ぜてよく練りこみ、形を整えた後ポロニウムをトッピングしてオーブンで1時間こんがり焼けば完成である。ちなみにこの時ソ連高官の一人が小麦粉の分量を間違えてしまい、T-38になってしまった話は非常に有名である。なお、この生産性の高さは当初の思惑通りに進行し、ドイツ軍の戦車は1日40輌ペースで名前を言ってはいけないあの虫のように増殖していくT-34に押しつぶされてしまった。また、軽車両やトラック等は美国の輸入製品に頼っていた事もこの生産効率を支えていたと言われている。

容姿[編集]

チハたんに比べればゴツくて粛清されましたな容姿である。一応避弾経始を着せてはいるがどこからどう見ても中戦車の女の子には見えない。某世紀末のピンクが「お前のようなババアがいるか」と発するレベルである。それにしてもソ連軍の上層部はよくこんなゴツくてブッサイクな戦車をトップアイドルチハたんのライバルとして採用したもn・・・、おっと、誰か来粛清されました

T-34に関する逸話[編集]

こんなに絶望的な状況でも、T-34があれば簡単に片付いてしまうのだ。

東部戦線に投入されて以降、無敵を誇ったT-34にはいくつもの逸話が生まれた。これは、T-34が戦いの中で作った記録である。

  • 燃料が底を尽きたので、試しに持っていたウォッカを入れてみたら動いた。
  • エンストしたが補給部隊も遠いので、とりあえずレンチで殴ったら直った。
  • デビューしたての頃は、その姿を見ただけでドイツ軍戦車が逃げて行った。
  • 敵弾が当っても弾き返すほどガードが堅い。
  • それどころか弾が当る寸前で避ける。
  • ゴジラ使徒の対処に非常に有効なため、自衛隊が採用を即決した。
  • 大量生産のため工場により個体差があり、鹵獲調査を行ったドイツ軍はソ連の工業規格に驚愕するほど。
  • 味方の戦車隊に合流すれば安全だろうと思ったら、戦車隊がT-34の大群によって押しつぶされていた。
  • 東部戦線で従軍していた戦車兵の3/100がT-34の被撃破経験者。しかも圧倒的物量差から「少数精鋭ほど危ない」。
  • 「中戦車相手なら大丈夫だろう」と言って出撃したティーガー乗りが未だに帰ってこない。
  • 新雪なのにやたら地面が固いと思って掘り起こすと撃破されたⅣ号戦車で埋め尽くされていた。
  • 東部戦線でT-34の攻撃に被弾する確率は150%。一度被弾した後、別のT-34が撃った流れ弾に当たる確率が50%の意味。
  • 第二次世界大戦に誕生してから今もなお貧乏な第三世界の国々で現役稼働している。

天敵[編集]

天敵ルーデル閣下。彼が笑みを溢す時、それは瞬く間に鉄屑と化す。






この戦車はドイツ軍を圧倒的な物量さで制し、戦場を支配した。しかし冷たい空気に包まれた東部戦線にはT-34にとって唯一の恐るべき天敵がいた。「スツーカ大佐」、「ソ連人民最大の敵」、「アンサイクロペディアに嘘を書かせなかった男」等数多くの異名をとるドイツ空軍の最終兵器、「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」である。彼が37mm対戦車砲を担いで怪鳥カノーネンフォーゲルを駆ってやって来た暁にはT-34にとって最悪の日となる。ルーデルに遭ってしまったとき、多くのT-34は天井には穴が空き、側面装甲に風穴を開け、タンクから火のついた燃料が流れ出し、ぶっといアレをブチ込まれた。もはやT-34にとってルーデルと出会うという事は死を意味し、彼と出会った日にはT-34らにとっての命日となるのであった・・・。


――――――――――――――—ミハイル・コーシュキン技師

関連項目[編集]

戦車アイドル仲間たち[編集]

邪悪な凶敵たち[編集]

その他[編集]