StrikerSサウンドステージX

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

StrikerSサウンドステージX( - いくす)、とは、TVアニメ・魔法少女リリカルなのはの外伝として制作されたドラマCDである。

あらすじ[編集]

「ごきげんよう」「ごきげんよう」

爽やかな朝の挨拶が、澄み切った青空にこだまする。聖王様のお庭に集う魔法少女たちが、今日も天使のような悪魔の笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。

ザンクト・ヒルデ魔法学院。旧暦34年創立のこの魔法学院は、元はベルカ公国貴族の子息のため創立したという、長い伝統を持つ聖王教会系の魔法学院である。クラナガン郊外。古代ミッドチルダの面影を未だに残している緑の多いこの地区では、時代が移り変わり、元号が改まった新暦の今日でさえ、通い続ければ純粋魔法使いになれるという仕組みが未だに残っている貴重な学院である。

この学院で最高の魔法使いに贈られる尊称、歴史に残る最も偉大な伝説の魔法少女の名前から取られたという称号、「NANOHA」の地位を巡り、少女たちの間で繰り広げられる骨肉の争いが描かれる。

内容[編集]

時空管理局の大罪と聖王教会の汚点を背負って生まれた業深き少女、高町ヴィヴィオが通うザンクト・ヒルデ魔法学院を主な舞台に物語が展開される。

そして、年齢不詳の学院長である時空管理局のコネクションをいい事に絶大な権力を握っている生臭尼僧カリム・グラシアを筆頭に、ベルカ式召喚魔法を駆使する元凶悪犯罪者だったが異例の措置で娑婆にスピード出所した炎の転校生ルーテシア、教会所属なのにすぐに暴力を振るう対他宗派用暴力要員シャッハ・ヌエラ、そしてその配下の謎の大量殺戮兵器シスター・セインとディード、そして執事トーナメント挑戦者の卑劣漢オットーと、本編とは全く異なる側面を見せる人物たち。

そして、そんな彼女達に忍び寄る謎の美女軍団の影…!

究極正義X”が動き出す時、彼女達のすべての罪業は神へと返される…のか!?

魔法試験[編集]

本作では、魔法の位置付けが過去の作品とがらりと変わっている。定期的に行われる魔法試験で出される課題をクリアするごとに、魔法ランクが上がっていくのである。入学当初の魔法ランクはZ。ここからWXと、順にどこまでランクを上げていけるかが勝負となる。

カード[編集]

魔法を使用するために必要となるのが魔法カードである。新入生は基本カードのみ与えられ、カードを育てたり魔法ポイントを溜めたりして、成長したり進化したりしてバリエーションが増えていく。全156種類。但し、これが何らかの理由によって破壊されてしまった場合、カードに「喰われる」事になる。物語序盤においてヴィヴィオのクラスメートのひとりが、蟹型のカードに生きたまま貪り喰われた。

仮契約[編集]

本来、使い魔は契約すると一生契約が継続する。しかし、学院に在学している間は、「仮契約」にとすることによって、お試し期間を取ることが特例として認められている。そんな仮契約をするための具体的な方法とは? そして、ヴィヴィオが仮契約の儀式に臨むとき、誰も予想しなかった新たなる物語が始まる…!

学園内の施設[編集]

図書館[編集]

ここに通うことで、司書資格を取得する事ができる。閉架になっている区画のどこかには、無限書庫へと繋がる通路があるとかなんとか。

温室[編集]

ガルゲンメンラインとアルラウンという名の小人の夫婦が管理している植物園。マンドレイク優曇華が季節を問わず咲き誇っている。ユグドラシルの盆栽が無造作に置かれている。