SEALDs

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「SEALDs」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「SEALDs」は何故か「SEALDs (音楽グループ)」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

SEALDs(シールズ、通称:偏差値28)とは安全保障関連法案、憲法改正(以降、安保改正法案)に反対する学生団体[要出典]であり、日本民主青年同盟日本共産党がバックアップしている。彼らは安倍晋三自民党のことをことさら憎んでおり、「戦いたくなくて震える」をモットーに渋谷や国会前で座り込みオフ会を企画、実行している。

概要[編集]

SEALDsは学生運動である。もう一度言う、SEALDsは学生運動である。…あれ?
一般人の反応

SEALDsはリベラル[要出典]な学生[要出典]団体であり、毎週渋谷や国会前、果ては沖縄の米軍基地の前で座り込みオフ会を企画、実行している、暇つぶし集団である。

ネットの呼びかけで集まった団体ということになっているのだが、なぜかメンバーはキリスト教系の高校である、A高校とW高校出身の時間を持て余した大学生が中心的に活動している。

「戦いたくなくて震える」という日本語ではあまり見られない文章をモットーとしており、震えすぎて頭がおかしくなってしまったのではないかと疑われている。 「戦いたくなくて反対する」や「戦いたくなくて叫ぶ」と表現することもできそうだが、彼らは「戦いたくなくて震える」という言葉をあえて使い西野カナへのリスペクトを怠らない。 彼らが反対している「戦争法案」には徴兵制などという文言は含まれていないが、そのような言葉を引き合いに出すことによって政権に対する好戦的な姿勢をあらわにしている。 「戦わないために戦おう!」

彼らは安保改正法案に反対して、「アベ政権」[誰?]を打倒として戦い、日夜彼らの悪口ばかりを言い、「日本は在日外国人や障がい者の物だ。」と言う全然面白くないお口チャックマンに迫る伝説の一発芸を編み出し世間から大いに失笑を買った。

また彼らはヘイトスピーチに対しても抗議しており、ヘイトスピーチに対し、中指を立てるという新しいジェスチャーで対抗している。断じて自ら争いを起こそうとしているわけではない。

そして辺野古の米軍基地前に座り込み、移設反対を訴えているが基地の人にそんなことを決める権力が無いことぐらい誰でも知っているが誰も気にしない。

また、近畿地方(関西圏)の大学生が中心となって活動する派生団体「SEALDs KANSAI」(シールズ カンサイ) 海外においては米国の学生が中心になって活動する米国版のSEALDs[1](自由と民主主義のための SEALs 緊急行動)SEALs Emergency Action for Liberal Democracys)がある。 モットーは「戦いたくて震える」であり、近年では中東方面での抗議活動を活発に行っている。

歴史[編集]

イギリスの SASを手本としており、彼らはもともとSASPLという特定秘密保護法に反対する集団の後継団体であり、保護法反対に失敗してその後は戦争法案[要出典]もとい安全保障関連法案と憲法改正に反対する団体となり、名前もSEALDsに変えた。(要は自民党に中指を立てられればそれで良いのだ。)

その後テレビを始めとした各種マスメディアに置いて紹介され注目を受けており、「政治に興味のない若者がついに立ち上がった」と言われている。

来る2015年8月30日の(自称)国会前最大規模のオフ会にはなんと主催者発表12万人[要出典]が参加したと発表されているがSEALDsの発表では35万人[要出典]が参加とされるが、また警察警察関係者は3万人とされ、イギリスのテレビ局のBBCに置いては数千人とされていて、我々を混乱させる作戦で出た。しかし国会は土曜、日曜、祝日等は休日と言う最大のミスを犯し、本当に混乱させる作戦だった。 その後7時間のハンストというイスラム教断食より短時間のハンストオフ会をした。のちに24時間の交代制のハンストを行っていたが、しばらくして飽きたのかオフ会を解散した。しかしそれだとばつが悪いと思ったのかドクターストップ(笑)と生命の危機(笑)という都合のいい口実を使って解散した。

彼らの発言と反論[編集]

  • 安保改正法案は戦争法案で我々が戦地に行くことになる! → 確かに集団的自衛権を容認するものだが徴兵令を容認するものではないし、素人を戦争で使うことは足を引っ張ることとなるということは既に証明されている。
  • そもそも日本は憲法九条がある限り平和である! → 今日の世界において、戦後の世界警察であったアメリカはよもや力を失いつつあり、それに伴いアルカイダISIS等のテロリスト集団あらわれて、東国においては中国が大きく力を持ち、アメリカ一国だけではそれらに対応できなくなっており、それに対応するべくアメリカに代わって世界がそれらに対応するという国際情勢になっていた。しかしながら元の日本ではそれについていけず、世界でも孤立することが多々あった。そのため日本もそれらの時代に対応しなければならないためである。ちなみに安保改正法案反対している国は賛成している国にくらべて圧倒的に少ないのがそれを物語っている。

関連組織[編集]

関連項目[編集]

仲間
観察


この項目「SEALDs」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)