Portal:生物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
酸素を大量に生み出し、生物の大型化を推進したシアノバクテリア
ポータル:生物

生物分野のアンポータルです。生物に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) シアノバクテリアの光合成で産まれた酸素により、地球は静謐なる白き星から、厚顔無恥なる植物どもで溢れかえる毒々しき緑の星と化した。母なる大地を元の姿に戻すため、速やかなる全生物の絶滅が望まれる。

新着項目

巨女 - ユニコーン - フリコメサギ - ハルキゲニア - ケサランパサラン - グラフ - スピノサウルス - トリケラトプス - シャーガー - ボルボックス - クモ - 受精 - 蟻地獄 - テントウムシ - オートファジー - 緑のダム - 大量絶滅 - 先カンブリア時代 - 生物学の歴史 - 人の目 - フグ - ブラックバス - アウストラロピテクス - 子宮 - ハハコグサ - アミノ酸 - クチビル - 皮膚 - ゲンジボタル - スギヒラタケ - 梅毒 - タマゴタケ - - 血豆 - 食物繊維 - ジバクアリ - ミヤイリガイ - 人参端末 - 退化 - アカヤマドリ - ゼットン - タマゲタケ - 海苔 - デング熱 - オオアリクイ - 火獣目 - 土人 - STAP細胞 - ヒヨドリ - ヒバカリ - 出産 - パンダの妊娠 - 結石 - 中華粉症 - 避妊 - ふなっしー - 胚性幹細胞 - シクラメン - こいのぼり - ボケ (植物) - ホトトギス - ラクダ - 藍藻 - ホッキョクグマ - サボテン - 生麦 - ザリガニ - チャールズ・ダーウィン - スズラン

ユニコーンとは、かつて存在した害獣である。ユニコーンは、北欧地域一帯に生息していた馬の近縁種である。寒さの厳しい時期は雄山羊のように冬毛を生やすが、通常の姿は馬と極めて類似性が高い。視覚的に最大の差異は額部前面に一本の角が生えていることであり、これは雌雄を問わずユニコーンの大きな特徴となっている。

ハルキゲニア(学名:Hallucigenia)は、カンブリア期(約5億4200万年前から約4億8830万年前)の海にいた、最大で3センチくらいのちいさな生き物。

グラフ(英:Graph)とは環形動物貧毛綱に属する動物。よく資料や電子機器の画面に張り付いているミミズのような生き物のことである。その大半の一生は不遇で薄幸である。グラフは主に東アジア(本州以南の日本列島、朝鮮半島南部、台湾、中国沿岸のの温帯林の地中に暮らしている環形動物。体長は約50mm。体幅は約1.5-2mmの小型種。


  アンポータル

- 都市 - 歴史 - サブカルチャー - 放送 - - - 医学 - 軍事 - 鉄道 - 音楽 - 生物
特定アジア - アンサイクロペディア - ウィキペディア - 画像 - スタブ - 成句 - 化学