PlayStation VR

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「PlayStation VR」の項目を執筆しています。

PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール)は、ソニーによる家庭用の体験型ゲームの一つ。ゲームのみならず様々な分野への可能性を秘めた、いわば革命的な商品であるため、販売にあたっては品薄商法が採用されている。

機能[編集]

家庭用ゲーム機といえば「画面に向かってコントローラーを操作するもの」という認識が普通であったのに対し、本商品では、ゲーマーなら誰もが夢見た「ゲームの世界へ入ってプレイする」という体験が可能となっている。

このため将来的には、実写やリアルタイム通信を用いることで、家族や恋人などとのふれあい、遠隔地の風景を疑似体験するといった観光、議員らによる集団視察といった目覚ましい活躍が期待できる。

商法[編集]

このような革命的な商品であるため、他のゲーム製品とは異なる慎重なビジネスモデルが採用されている。

まず、ソニーが自らマスメディアや動画投稿者らへ提供することで、圧倒的な商品力を宣伝。 次に品薄感を強調するために、店頭では販売店を限定し抽選販売、また、転売屋を通じてAmazonなどネットでの価格を高騰させた。 事実、これらのタクティクスが功を奏し、2016年10月13日の発売から半年となっても店頭に並ばないほどのプレミアム感を日本国民に植え付けている。

批判[編集]

商品に瑕疵があるか[編集]

2017年2月現在において、いまだ本商品は店頭に並んでおらず、マスメディアや動画サイトにおけるレビューに対して真偽が検証できていない。すなわち、健全な商品であるのかが不明なままとなっている。 それゆえ、もし欠陥のある商品だったとして消費者が消費者生活センターなどへ相談したとしても、 相談事例が少なすぎて対応できないといったおそれが生じている。

ハードが普及しないことによる弊害[編集]

PlayStation VRが普及しなければ、当然PlayStation VR専用ゲームソフトはプレイできないので売り上げが伸びない。また、あくまで「VR対応」でVRが無くてもプレイ可能な商品でも、「VR」向けに費やされた仕事部分は不良債権化してしまう。そうした場合、ゲームメーカーには損害が生じることになる。

こうした予測から、現状、多くのゲームメーカーがPlayStation VR向けの開発を差し控えている。

違法転売業者[編集]

このビジネスモデルにおいて、ソニーは転売屋を通じた販売を黙認した形となっている。 しかし、仮に転売屋が古物商の許可を得ていない場合は古物営業法違反となり、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる場合がある。 そのため、事実上、ソニーは犯罪者と共謀しているかのように見えるおそれがあるという危険極まりない現状となっているとの指摘がある。

未来のある商品・技術が普及しないのは日本経済にとって打撃となるため、現在、経済産業省や警察庁が違法転売業者の摘発を進めている。 というか転売屋死ね。社会の害悪、ゴキブリ、ウジ虫。

関連項目[編集]