Perfume

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Perfume」の項目を執筆しています。

Perfume(ぱっ、ぱっ、ぱっ、ぱっ、ぱっ、ぱっ、ぱひゅーむ、ぺるふめ、ぱふゅむ、ぱふゅーむ、ぱふゅ~む、パフューム)はあみゅ~ず広島工場で生産された近未来型のテクニカルでポピュラーな歌って踊れるボーカロイドシリーズである。

最終モデルとして「Perfume〜Complete Best〜」を発表し、生産終了する気満々だったが、製造ラインが奇跡的な誤動作を起こした結果、寸前で再生産が決定した。何故そうなったかは下記参照。

なお、姉妹ロボット「アイドルマスター」との共同作業では非常に高い生産性を発揮する(ただし、主に職人が)。

名前の由来[編集]

  • 読み方の2文字目が「ひ」だったり「ふ」だったりするのは、は行が大好きな江戸っ子向けにアピールするためである。
  • 読み方の4文字目が「ー」だったり「~」だったりするのは、長音に五月蝿い名古屋人にアピールするためである。名古屋人を馬鹿にするにゃ! みゃーみゃー言うのは猫くらいだがね~!
  • なぜPerfume(香水)という名前になったかは聞いてはいけない。「いい香りはみんなを幸せにするから」ということにしておきましょう。

タイプ[編集]

Perfumeのメンバー。

通常型[編集]

通常型は下記3タイプがセットで販売されている。

なお共通の通信プロトコルとして HIROSHIMA-ben を使用する(暗号化レベル1)。通信開始には以下の共通符号を使用している:「KASHIYUKA-Death, A-CHAN-Death, NOCCHI-Death. 3人合わせてPerfume-Death! よろしくお願いします。

A-CHAN[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「A-CHAN」の項目を執筆しています。

A-CHAN(あ~ちゃん、型番P890215)

  • 姉妹機はsixty_nineシリーズのCHARPON(ちゃあぽん、型番N920930)。
  • 旧型はE-CHAN(栄ちゃん)。2007年9月18日にはラジオにて新旧揃っての出演が実現した。
  • 会話機能として、特殊な言語処理システムを用いている。基本的な文法は日本語に準じるものの、辞書には擬音しか収録されていないので、「擬音+格助詞(もしくは動詞「する」)」による会話しかできない。このため、外部とのコミュニケーションには、NOCCHiまたはKASHIYUKAまたは両方による翻訳作業が必要となる。
  • また、この会話機能がしばしば熱暴走を起こすことがあるため、NOCCHi装備のストッパーが必須である。
  • 最近マクロ機能が追加されたが誤動作が多いようだ。
  • 作曲機能が搭載されており、「疲労」と言う曲が知られている。新作アルバムに収録される予定である。
  • プロトタイプの付加機能及び名称はラップと「あっちゃん」。
  • 燃料はチーズフォンデュらしい。
  • 3体の中ではリーダー的な存在。
  • スタンド名は『エレクトロ・ワールド』

KASHIYUKA[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「KASHIYUKA」の項目を執筆しています。

KASHIYUKA(かしゆか、型番P881223)

  • 2002年性コレ(性的ロボットコレクション)にエントリーしたものの、サ○コに負けて落選。ちなみに優勝商品はすごい速さでダ--ッシュできる機能の追加だったから惜しかった。もったいないことをしたもんだ。
  • 心臓マッサージ機能が搭載されているが、ハムスター専用である。
  • なんかぁー、オプションパーツ装着でぇー、「JKかしゆか」にぃー、バージョンアップできるけろぉー、コミュニケーション能力がぁー、低下するからぁー、よくー、わかんにゃい!!
  • 開発段階での仮称は「香椎ゆかり」だったらしい。
  • A-CHANの暴走に備えてバックアップ機能を有し、軌道修正回路も備えている。しかしこちらも暴走することがあり、やはりNOCCHi装備のストッパーが必須である。
  • 最新バージョンの「ぱつゆか」は実は堀江由衣が演じているとかいないとか。
  • 得意技は利用者をバッサバッサと切り捨てる「かしゆカッター」。
  • スタンド名は『チョコレイト・ディスコ』
  • 野生の小悪魔と称される

NOCCHi[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「NOCCHi」の項目を執筆しています。

NOCCHi(のっち、型番P880920)

  • 大本教のご神体「噛み様」として知られる。
  • なお大本教信者の祈りの方法は次の通りである。
    1. 手のひらを前に向けて手を広げ、指を外側に向ける。
    2. そのままの状態で頬に手をくっつける。
    3. 祈りの言葉を唱える。「のっちで~す!」
  • その振る舞いは人間には到底理解できないため、信者は常に「さすがのっち」と畏敬の念を抱く。
  • NOCCHiのみ会話機能はロボット間でしか動作しない。
  • 彼女は字が書けるが、そのクオリティはもはや神である。
  • ウェザー・レポート機能を搭載しいる(?)。翌日の天気や、よそさい(よそさい言うてしもたが!)予想最高気温などがわかる。おこでかけ(おでこ?)の時に参考になる。
  • 口癖は「Yes, we can.
  • 「すごいミルフィーユ」が好物。
  • モチーフは久保田智子(広島県出身、赤坂のテレビ局女子アナ)とされている。
  • デビューして間もない時は川崎フロンターレ中村憲剛に似ていて中村憲剛が活躍しだすと顔が似なくなったので中村憲剛と同一人物だったのではないかと言われている。
  • スタンド名は『ポリリズム』
  • 類似品に『TBSアナウンサーシリーズ くぼりんモデル』『SERINA SDN-48』(2012年製造中止)さらには『TUBASA-HONDA SDP1992627』ら3種が確認されている。これらは一見よく似ているが、他2体のPerfumeモデルと接続しても動作しないため注意が必要である。

亜種改良型[編集]

2007年に別メーカーより販売開始。
あみゅ~ず広島が売り出し中の小型ロボット三機セット。モーションデータ担当も一緒。おーばーざふゅーちゃーわー
偽装品に加齢Girl'sがあるらしい。
更に可憐Guy'sなんてのもあるらしい。
2003年 別メーカー新潟工場にて生産。(その後、生産工場が操業停止したので、メンテナンスは塔記録株式会社で行っている)
モーションデータの入力がない場合、(精度は下がるものの)自己生成を行う機能を持つ。かつてはPerfumeからデータをキャプチャーしていた時期がある。

通常型の販売が好調なのを受けて、今後続々と改良型が出荷される予定である。

デザイナー[編集]

中田ヤスタカ(音声担当)
通称中田氏(なかだし)、ystk。ロボット達にあーんなことやこーんなことやそーんなことまでさせてしまう上、別メーカー製のロボット Ami-Suzuki にまで手を出してしまう困った人。彼の創る音のもつ中毒性に注意を要する。絶版DVDにはうまい棒5~6000本の価格がつく始末。やれやれ。
ゆえに過去の有名デザイナーORUMOKの再来とも呼ばれている。中田氏、ヤリすぎには注意してね。ファンはちょっとふあんになってるよ。
MIKIKO(モーションデータ担当)
アクチュエーターの限界まで動作を突き詰める凝り性な人らしい。
関さん(宣伝担当)
こりっこりっ
もっさん(整備担当)
髪がもっさりしているのでこの名がついた。日夜ガンダムを見て新型ロボットの研究に勤しんでいるらしい。実はかつて、北の果てからやってきた宇宙人「グレイ」を捕まえたことがあるとの噂があるのだが、真相は謎である。
イワイさん(整備担当)
2代目整備担当らしいのだが、影が薄すぎて存在すら忘れ去られている人。でも整備担当って裏方だからそんなもんだよね。
最近少しは知られるようになってきた。よく目から汗が出るらしい。
わかむらP(販売促進ビデオ担当)
プロレス界から颯爽とやって来たPV担当プロデューサー。かなり限られた世界限定でPVを配信していたところ偶然なのかどうかは知らないがPerfumeに人気が出た。わかむらPのおかげでPerfumeに人気が出たとも某シンポジウムでも取り上げられはしたが、元からのPerfumeファン(自称)からは「お前のおかげじゃない」と言われ、あみゅ~ず広島工場からは「Perfumeじゃなくて765プロのアイドルしか出てないじゃないか!」と板ばさみに会う。
ちなみにプロレス時代のリングネームは「マスク・ド・アデムラ」。
真鍋さん(技術担当)
現代によみがえりし釈迦。リアルタイムプロジェクションマッピングという最新技術を開発した人。釣りですらコンピューター制御でやってしまうそうだ。

得意技[編集]

得意技にはそれぞれ名前がついている。

単独技[編集]

「OMAJINAI☆ペロリ」
おまじないを食べてしまうので、占いのたぐいが効かなくなる。
「彼氏募集中」
彼の氏(うじ、一族)が集中してはたらいてくれるよう募ってくれる。
「スウィートドーナッツ」
ドーナッツをスイートにする。
「モノクロームエフェクト」
指定した何かに白黒をつける。
「ビタミンドロップ」
指定した相手にココロの栄養を補給する。
「リニアモーターガール」
高速移動なの。
「コンピューターシティ」
完璧な計算能力で作った嘘をひとつだけつく。騙される人多数。よく故障する。
「エレクトロ・ワールド」
地面が震えて砕け、空から太陽が落ちる、という荒業。
「チョコレイト・ディスコ」
チョコっと遅い時間までディスコで遊べるようになる。
「ポリリズム」
「とーてーもーだーいーじーなー、きーみーのーおーもーいーはー、うーやーたー!」の一言で岩をも砕く。どーもくんの依頼によって制作。
「Baby cruising Love」
BABYが愛情を得られるように洋上クルーズを始める。
「love the world」
ポリゴン計算コンテストで一位を取った記念に作った技。見える世界がきらめいて、世界が愛になる。
「Dream Fighter」
Dreamの戦士になる。
「ワンルーム・ディスコ」
ワンルームマンションでもディスコがはじまってしまう。
「不自然なガール」
不自然(=人工的)なガールを見分けることができるようになる。
「ナチュラルに恋して」
自然に恋してしまうので自然が味方をしてくれるようになる。
「VOICE」
これを唱えると、後ろとか上から板が出現し、押しつぶしてしまうという。
「ねぇ」
ねぇ、ねぇ、香(きょう)はどこに行こうかな、というわけで、本体が香車のごとくまっすぐに動きはじめる。
「レーザービーム」
指からレーザービームを発射する。ちなみに、イチローが人類を滅亡させるときはこの機能を使う。[1]
「スパイス」
知らないほうがいいのかもしれないことを知ることができる。
「Spring of Life」
中央演算処理装置に一時的に人間の心を模したプログラムが組み込まれ、人間と同レベルの判断能力を持つようになる。が、電源が落ちると元に戻る。
「Spending all my time」
元来より初期装備である超能力を披露する技。
「未来のミュージアム」
P太なる太いプロデューサーが現れて、取りうる未来の方向を指し示す。
「Magic of Love」
ついに逆再生機能を搭載する。
「Sweet Refrain」
FanService Sweetを繰り返し行うことができるようになる。
「Hold Your Hand」
色々な人々(主に男女間)の手をつなぎ合わせてリア充を増やしてしまうという幸せな新機能が搭載される。なんと販売促進用ビデオの素材を既存ユーザーから募集するという企画が行われた。
「Cling Cling」
中華人民共和国での発売によるマイナーアップデート。

複合技[編集]

複合技は他の技と併用することで威力を発揮する。

「シークレットメッセージ」
秘密のメッセージを送信する。「シークレットシークレット」と組み合わせると暗号化レベルが倍になる。
「ジェニーはご機嫌ななめ」
拝金主義者(銭~)のご機嫌がななめになるような現象が起きる。具体的に何が起こるかはパルプンテと同じでその時にならないとわからない。
「エレベーター」
記憶のエレベーターを行ったりきたりすることで解決策が発見できる。
「おいしいレシピ」
単独技を華麗に組み合わせることができるようになり、相手がそれを回避することを困難にする。
「Twinkle Snow Powdery Snow」
粉雪きらきらひかる中ですら当たらないほどに、指定した相手との間に瞬時に往復移動ができる。
「コミュニケーション」
グミグミなコミュニケーションを行って骨が折れる。
「Hurly Burly」
3体の影分身が呼び出されて自分の代わりに動いてくれる。

Complete Best[編集]

完全でベストな技の数々である。

「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」
完璧なスターに必要な完璧なスタイルが何なのかうっすらわかる。
「コンピュータードライビング」
コンピュータの中を自由自在に泳ぎまわることができるようになる。ハッカーもびっくり。
「引力」
相手を自分のワールドに引きずりこむことができる。Dioもまっさお。
「ファンデーション」
ボディの表面に基礎的コーティングを行うことで防御力が上がる。女性型ロボット専用の防御技である。
「Perfume」
3つのノート(トップノート、ミドルノート、ラストノート)にいろいろ記されていることが読めるようになる。クォークかよ!(さまぁ〜ず風に)
「wonder2」
ワンダー3のように利用者とP2Pで通信を行う。

GAME[編集]

ゲームを有利に運ぶのに便利な技の数々である。たかはしみなみもびっくり。

「platic smile」
ちゃんとリサイクルしてもらえないプラスチック製品がこちらに微笑みかけてきて、知っている情報を伝えてくれる。
だからはじめよう、エコ。
「GAME」
ライトセーバーが光りだす。
「マカロニ」
これぐらいの漢字で多分ちょうどいいよね、ということで、ほどよい漢字かな混じり文を高速に読めるようになる。
「セラミックガール」
セラミックがある、ので、セラミックを装甲として追加する。
「Take me Take me」
夜だけ気分をあんなところやそんなところにワープさせる。
「シークレットシークレット」
さわると指先が切れそうになる。
「Butterfly」
バタフライ効果で思わぬところに軽くしなやかに影響を出すことができる。相手は迂遠すぎて防御できない上、その見た目はああうつくしい。
「Puppy love」
上下上上下上下下と、気分がとってもアップダウンされる。精神力が鍛えられるらしい。

トライアングル[編集]

三位一体の技の数々である。

「edge」
どんなことでもエッジが効くようになる。
「NIGHT FLIGHT」
夜だけ飛行能力がつく。もちろん食事はピノだけである。
「Zero Gravity」
内蔵されているリミッターを解除し、能力を最大限にとき放つ。
「I still love U」
足つぼ攻撃を行い、相手をひーひー言わせてしまう。

JPN[編集]

Join the Perfume Network の略であり、ネットワークに接続するための技の数々である。

「MY COLOR」
自分のパーソナルカラーが何なのかわかるようになる。HUNTER×HUNTERで言う水見式のようなものだと思いねぇ。
「時の針」
突起の針で相手の動きを抑える。
575
ポチポチボタンをプッシュなうするので不機嫌なボーイもご機嫌になる。
「心のスポーツ」
使った術者の妄想力をめっちゃ鍛えてくれる。
「Have a Stroll」
つむじ風を起こして、心地いい風でキミを召喚する。

LOVE THE WORLD[編集]

THE WORLD(タロットにおけるカードの一)をLOVEにする技である。なんのこっちゃ。

「SEVENTH HEAVEN」
この技を使うと、運の良い味方は天国にいるような心地よさに包まれて力がアップする。
「FAKE IT」
テキーラを飲ませまくられて、気分上々YAY!になる。

LEVEL3[編集]

LEVEL3になるとつかえる技の数々である。

「GLITTER」
手鏡があらわれて光を反射することで邪な相手の目をくらましてしまう。なお就職氷河期のみなさんはさらにその光を氷で反射することができる。
「ふりかえるといるよ」
守護霊が見えるようになる。
「ポイント」
今現在、何ポイント稼いだかがわかる。
「Clockwork」
Cなふるまいにロック(lock)をかけるワーク(work)をされるため、相手は自分でねじを巻かないと一歩も先に進めなくなってしまう。
「1mm」
覚悟のない相手は1mmも動けなくなってしまう。
「Party Maker」
誰かにパーティーの幹事をやらせることができる。
なおその報酬は自分が好きな相手をパーティーが終わるとゲットできる権利である。
プロジェクトマネージャーの異称、かもしれない。
「だいじょばない」
BABYが大事を呼ばない(≒だいじよばない)かどうかが判定できる。
「Handy Man」
ハンディを持った人が自分の代わりにいろんなところを偵察して報告してくれる。
「Sleeping Beauty」
眠れる森の美女を起こしてしまう。
「Dream Land」
夢戦士(Dream Fighter)がいっぱいいるところに行ける。

製造履歴[編集]

  • 2002年 - 広島で販売開始。しかしほとんど売れず。今でもライヴで歌うのはさすがだね。
  • 2003年 - フルモデルチェンジ。しかしほとんど売れず。
  • 2003年 - 東京でも販売開始。しかしほとんど売れず。
  • 2004年 - この頃から販売促進ビデオの色が白黒主体になっていく。この現象をモノクロ効果(monochrome effect)と呼ぶ。経費節減も出来てよかったけんね?
  • 2005年 - アキハバラ特別仕様版限定販売。しかしほとんど売れず。
  • 2005年 - マイナーチェンジ(のっちの各関節の可動域を拡大)、この頃から本格的販売開始。しかしほとんど売れず。
  • 2007年 - 不人気につき製造打ち切りの噂が流れる程度に人気が出る。
  • 2007年 - 某著作権無視国家により模造品が大量に製造されるが、本物より出来がよくて評判に。
  • 2007年 - Perfumeのこうげき!Perfumeはチョコレイト・ビスコをとなえた!木村カエレをたおした!
  • 2007年 - 準国営放送の協力によりテレビにて、繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し返し返し返し返し返し返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し返し返し返し返し返し返し...洗脳音楽が流される。これにより衝動的に買う人が続出する。この現象をポリ袋リズムと呼ぶ。(天テレ参照のこと)
  • 2008年4月16日 - Perfumeのゲームが発売されヒットする。この後、全国を巡回してゲームで遊ぶ姿を人々に披露する。ラスボスを倒したところでぶどう狩りの開催を発表。
  • 2008年11月 - 二日間に渡りぶどうの館でぶどう狩りを行う。
  • 2008年12月31日 - 国営放送主催のカラオケ大会に出場する。ライバルは9歳の女の子
  • 2009年4月 - 国営放送でロボット初のMCとなる。
  • 2009年8月 - 全国規模で三角測量を開始。調査結果は二段階に分けて発表。ご祝儀に紅白の餅もふるまわれ好評を博す。
  • 2010年1月 - 三角測量完了を記念して、利用者に円形の記念品が配られる。
  • 2010年3月 - ユーザー登録をした購入者を日本各地での交流パーティーに招待。一部のユーザーには抽選で国内旅行(自費)が付くという特典も。
  • 2010年4月 - 不自然にしてナチュラルな着せ替えセット発売。よく見ると三角が編み込んであるというスグレモノ。
  • 2010年6月 - カーディガンに黒い砂糖水をこぼしちゃった。やっぱりこれが好き。
  • 2010年7月 - 期間限定でピンク色のカンガルー型になった。車がだいすき。
  • 2010年11月 - 大きな卵の下で発売10周年記念パーティーを敢行。初期の購入者には長年の利用に感謝して記念品が、その他の参加者にはお菓子セットがふるまわれた。
  • 2011年2月 - 大寒波襲来によって手持ちのピーチが氷結しちゃった。
  • 2011年5月 - 生まれ故郷の広島工場にて生産10周年記念式典を開催。
  • 2012年2月 - 海外への輸出を図ることとなったため、製造工場が移管される。
  • 2012年3月 - ソフトウェア部分が世界販売開始。
  • 2012年10月 - アジア一帯にて販売促進行脚開始。
  • 2013年2月 - 伝説の超有名猫型ロボットの宣伝に駆り出される。
  • 2013年2月14日 - 定期購買会員を海外にまで募りだす。
  • 2013年7月 - 欧州一帯にて販売促進行脚開始。
  • 2013年8月 - 相変わらず各地のロボット・フェスを荒らしまくる。
  • 2013年12月 - ふたたび大きな卵(と言っても2つある)の下で大パーティーを敢行。初期の購入者には長年の利用に感謝して記念品が、その他の参加者にはスイーツセットがふるまわれた。
  • 2014年2月 - コンピュータ以外に紙も使う人のために専用のクリップを発売。
  • 2014年3月 - 日本各地で現地の販売店と協力して展示会を開催。

出演番組[編集]

Perfumeのパンパカパーティー[編集]

  • Perfumeの3タイプに装備された電波出力機能により中部地方のみに発信された番組。二週撮りっぽい。
  • 中部地方にしか発信されていないのに受信者は全国に存在しているが、それはほら気のせいでしょ。
  • しかし、2008年惜しまれながらパーティー終了。

Perfumeの気になる子ちゃん[編集]

  • 毎週土曜日、潮を止めちゃったせいで風水が悪くなった局からPM5:30~PM6:00にわたって放送される、バラエティ番組。
  • レギュラーとしてPerfumeの三体と宮川大輔が番組を仕切り、毎週若手芸人をゲストとして数名招く。なぜかやたらと千原ジュニアの出演回数が多い。
  • 「気になルーレット」というスイッチを押して、ルーレットに指された人物が「日常の気になること」を言う。
  • 良い子のみんなはその時間はピタゴラスイッチまたはニュース番組を見、大人のみんなは脂汗と涎をたらしながらネットを観るのが良いとされているため、この番組を見ると学力低下につながるのではないか?などの指摘がある。
  • 野久保直樹などが出演することがあるが禁則事項です質問をすることがある。

Perfume LOCKS![編集]

  • 妙にハイトーンな姫、話が聞き取れないおばあちゃん、物分りの悪い子供、に扮した3体ががチャーリーズエンジェルよろしくボスの指示に従っていろいろやるという趣向の番組である。

Perfumeのシャンデリアハウス[編集]

  • 都内某所にあるお部屋で3体が稼動するのをインターネットを介して見るというリアリティ番組である。

MUSIC JAPAN[編集]

  • 最新の音楽を紹介しつつ、ついでにKAWAIIファッションも紹介してしまうという一石二鳥の番組である。ナレーションは水樹奈々

あ〜ちゃんのただただラジオがスキじゃけん。[編集]

  • A-CHANがどうしても会いたいという相手をゲストに呼んでトークを展開するradio番組である。

モーターショーでの心得[編集]

3体の利用者は年に何回か各地で行われるモーターショー兼講習会に参加することが望ましい。その際の心得を次に示す。

  • 「ライブは会議室で見るものではない、現場でやるものなんだ!」

備考[編集]

  • まるで人間のようなキレのある踊りが得意である。ただ歌はちょっとロボットっぽさが抜けきらない。
  • ロボットなのに何故かファンクラブがある。ファンクラブ名は「P.T.A.」(Perfumeとあなた)。親御さんも大安心している証である。
  • 古くからのファン(古参・廃人ロリと呼ばれる)と2007年以降のファン(新参・クラバー・にわか・腐女子)とのギャップが激しい為、ライヴ会場は殺伐とすることがしばしばあるそうな。一例として、アーティスト複数参加のイベントでは「最前列は自分の好きなバンドの時だけとる」というのがマナーであるとされているが、人気急沸後の新参ファンたちはこのマナーがわからず、最前列でひたすらPerfumeに声援を送り続けた(舞台に立っているのが他のアーティストでも…)。
  • アンチからはよく「口パクグループ」などの批判がなされる。これについては「彼女らはロボットだから毎度まったく同じリズムで歌を歌えて当たり前。機械に頼ってるとか言い出す奴はゆとり」と言わせてもらいたい。ただ、それではなぜダンスのほうは間違うのか?それは製造者達の目指すものがアシモよりもドラえもんよりだったからである。
  • ダンスロボットなのに厨二病患者が出るような禁則事項ですによく出演する。これは、ロボットなので普通のライブではみんなが珍しいものを見るような目で見てきて目立ってしまうためである。
  • 自分達の存在意義について、自覚的かつ自虐的であろうとするファンほど2ちゃんねる邦サロ板珍古スレシリーズを参照したがる傾向が顕著である(2015年度社会保険庁調べ)。
  • 最近劇団3人と言う奴が自己紹介をパクったがP980812が解散して逃げて行った。

関連項目[編集]