Noと言えない日本人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Noと言えない日本人(のーといえないにほんじん)とは、日本人国民性を表す言葉である。

概要[編集]

どんな理不尽な選択でも日本人にはNoという選択肢はない

日本人は、外人から何かを質問されたときや頼まれごとをされた時に「No」という返事をしないことから、「Noと言えない日本人」は日本人の国民性を表す言葉とされている。またこの国民性から日本人はただの「お人好し」と諸外国から馬鹿にされることもあるが、日本人はお人好しだから「Noと言わない」のではなく、別にお人好しではなんかではなく、ただ「Noと言えない人種なのである。

なぜNoと言えないのか?[編集]

お客さん、看板のことならどんな要求でも二つ返事でYesですぜ

日本人が「No」と言えないのは何故なのか?この疑問は古くから議論されてきた問題であり、いくつかの諸説が唱えられてはいるが、誰も自分のものとは反する説に「No」と否定する事が出来ない事から、新しい説が増え続ける一方で、古い説は否定されないままずっと残っている。そのため、全てを書き表すには面倒なので代表的な説を以下で説明する。

形態的特徴由来説[編集]

現在の日本人は、形態人類学的分類によると新モンゴロイドを祖先として持つ。この新モンゴロイドの特徴として唇は薄く、ずんぐりむっくりな体系である。本来、「No」と発音する際には、特徴的な口の開き方をしながら、咽喉から音を押し出すことが必要とされるが、薄い唇のせいで、日本人は発音に必要とされる特徴的な口の開き方が出来ず、またずんぐりむっくりな体系のため、咽喉に脂肪が多くついており音を押し出す事が困難なため「No」ということが出来ないのではないかと考えられている。

天敵説[編集]

動物天敵の鳴き声を聞くと本能的に不快感を覚え、危険を察知する。その本能はに深く刻まれており、進化の過程で失われずに残ることがある。例えば人の場合では、ガラス刃物で引っ掻いたときの音に対して、人は不快感を感じるが、あの音が祖先の天敵の鳴き声に似ているため、人の脳に刻まれたかつての本能が不快感を感じさせているのではないかと言われている。このことと同様に、日本人の祖先の天敵の鳴き声が「No」という響きと似ていたために、日本人は「No」という響きに対して嫌悪感を抱き、「No」という言葉が本能的に発せないのではないかと考えられている。

ムラ社会由来説[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

この国民性に対する日本人の評価[編集]

先述の通り日本人のこの国民性は、諸外国からは小馬鹿にされているが、日本人自身はあまり悪い様には思ってはいない。むしろ誇りにしていると言っても過言ではない。その証拠に、この国民性を歌った歌謡曲が大ヒットし、ドラマの主題歌になったり、この国民性をもとに考えられた特撮ヒーローイエスマンは、ウルトラマン仮面ライダーと並ぶ、日本が誇る三大ヒーローの一人である。 またこの国民性を誇りに思う余りに、多くの日本人が外国人相手に、自身の国民性を語ろうとして「Noと言えない日本人」と言おうとするが、「No」という言葉がうまく言えず、日本語に不慣れな外国人には「脳と家ない日本人」と聞こえるため、日本人は皆、脳無しでホームレスであるという間違っているような正しいようなイメージが浸透している。

関連項目[編集]

Wikipedia
自意識肥大病患者のために、ウィキペディアの「イエスマン」たちが「「NO」と言える日本」などという項目を執筆しています。どちらが真実なのかは…言わなくても分かりますよね?


この「Noと言えない日本人」という記事はまだ書きかけです。誰かお人好しの人は編集の続きをしてください。あんたも日本人ならNoと言えない
だろ? (Portal:スタブ)