NRV常習犯

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

NRV常習犯(エヌアールブイじょうしゅうはん)とは、アンサイクロぺディアの負担が大きくなるだけの無意味な記事を何度も書く人の総称である。また、常習犯かどうかの明確な基準はない。

概要[編集]

NRV常習犯はNRV貼り付けが大好きな人々の天敵や餌であり、大きく2種類に分けられる。

  1. 鯖を倒すために立ち上がった人々
  2. ユーモアが足りないせいで仕方なくNRV常習犯となった(そう見なされた)人々

また、その重度によっても区別される。

  • 自分の書いた記事でNRVを何度か見かけたことがある。
  • NRVを貼られる快感が病み付きだ。
  • あのピンクのシールが頭から離れない。
  • NRVは俺の嫁。

鯖を倒すために立ち上がった人々[編集]

そもそもこいつらは、ここにいること自体が間違いであり、さっさと出て行くべきである。というより、このような存在はどのWikiも訪れるべきではない。よってここでは特に説明したりしない。それこそを痛めつけ記憶喪失に至らせるだけのSプレイ無駄にしかならない。

ユーモアが足りないせいで仕方なくNRV常習犯となった(そう見なされた)人々[編集]

この人たちは他のアンサイクロペディアン非常に友好的な知的生命体である。しかしながらユーモアが枯渇しているため非常に残念な結果になってしまった。その理由として遺伝や特異体質、感染症などがあげられる。また、あまりにも長くウィキペディアに滞在することでこういう結果になってしまう。特に悪意はないので、優しく接してあげよう。

NRVは俺の嫁[編集]

NRV見るだけで(;´Д`)ハァハァするよ~。誰かNRVを商品化しろ!

ここまでくるともう残念である。あきらめて荒らしになるか、ウィキペディアに帰るかしたほうがいい。なんなら僕がいい精神科紹介してあげようか?

解決策[編集]

一般的には馬鹿にならずにバカバカしくやる方法 などが紹介される。とりあえず秀逸な記事でも読んで勉強しなさい。あっ、ネタのパクリはだめだよ☆

 ユーモアは宗教と同じで、方向性は有っても定義はない。残念なことにアンサイクロペディアには、アンサイクロペディアの枠が有る。しかも、この枠には明確な定義はない。その漠然とした枠を知るには、管理者ストーカーしてみるのが近道であろう。彼らの草むしりや、新規投稿者との無毛な神学論争を第三者の目で高みの見物をしてみよう。そうすれば、管理者の趣向がわかると思う。理不尽な基準と感じることもあろうが、管理者は50本の新規作成と500本の編集を行った実績を持っている逸般人である。某管理者に至っては、コンピュータ雑誌アスキーのインタビュー上で、午前8時から、午前3時まで管理をしていると答えている。 50本の新規作成、500本の編集を成し遂げるには、ブラック企業である(検閲により削除)社の勤務よりハードなのである。表面化していないだけで、すでに数名の管理者は過労死している(当然労災事故にはならない)。 そういう現実を汲み取って、記事を作成してはいかがだろうか? ネタを思いついても、いきなり投稿せず、管理者の趣向にあう形まで熟成してから、作成してはいかがだろうか?

ただ、とある大学の小論文の出題者が、受験者の心得に、出題者の意図を汲む回答ばかりで面白く無い、出題者をうならせる回答が欲しい、と述べていた。

管理者も、本音では、とある大学の小論文の出題採点者のように、唸らせる投稿を待っている(はずである)。しかし、このページに来るというレベルでは、まず、ブラック企業勤務に耐えられる程度の、管理者の意図に沿った記事の作成を行い、次のステップとして唸らせる記事の作成に励んでみてはいかがだろうか?

要するに言いたいこと[編集]

この記事は書きかけです。このことを伝えるスタブも貼ってないくらいに書きかけです。ほらほら加筆しようぜ~。

要するに言いたいことの後に思いついたもっと言いたいこと[編集]

別に実体験だからとかじゃなくて、僕がNRV常習犯に詳しいのは、頭がいいからです。実体験じゃありませんっ!本当に違いますからっ!ぼくはまだ未経験ですっ!

関連項目[編集]