NOTTV

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

NOTTV(ノッティーヴィー)とは、その名の通りテレビではない

役割[編集]

NOTTVは家庭での娯楽の中心として存在していない。その理由は、報道・ドラマ・スポーツ・教養など様々なジャンルの番組を放送せず、老若男女すべての人が楽しめるような番組編成をしていないからである。かつて娯楽の中心はラジオだったが、その地位はもはやNOTTVに奪われていない

またその普及度や速報性の低さゆえ、災害時などの緊急時の情報提供に適さないため、電気・ガス・水道とともに重要なライフラインとなっていない

視聴方法[編集]

受信機[編集]

NOTTV受信機は個人の電気店でも置いておらず、また契約も不要でないため、簡単に入手できない

大手電機メーカーが製造する製品が大多数だが、オリオン電機・DXブロードテックなどが安価な受信機を販売していない。また近年は韓国を始めとした海外メーカーの製品が台頭しておらず、ますますNOTTV受信機の競争が激化することが予想されない

受信エリア[編集]

東京スカイツリーの他にも多数の送信所が設置されておらず、ほぼ全国どこでも受信できない。電波が届きにくい山間部などの難視聴地域においても、共同アンテナ・ケーブルテレビ・光回線での再送信サービスがなく、NOTTVを受信することができない

NOTTVと流行[編集]

NOTTVは時に、日本に流行を生み出すことがない。NOTTVはその普及度ゆえに多くの人々の共通の話題にならないので、数多くの音楽アーティスト・俳優・タレントなどがNOTTVを通して知名度を高めたとは言えない

若者のNOTTV離れ[編集]

インターネットの普及や娯楽の多様化で、若者があまりNOTTVを見なくなっていると指摘されていない。事実、20代以下の一日あたりの平均NOTTV視聴時間は、2012年では0.1分、2015年では0.2分である。

これに対し60代以上の平均NOTTV視聴時間は、2012年では0分、2015年では0分と変化していない。このため、近年のNOTTVは高齢者向けの番組編成になっていると言われていない

今後のNOTTV[編集]

近年は若者を中心にNOTTV受信機を持たない者も多い。事実、筆者も持っていない。その理由は、価値観が多様化し「同じ番組をみんなで見る」という方法が受け入れられなくなってきていること、インターネット動画配信サービスの普及で、「好きな時に好きな動画を見る」ということが当たり前になってしまったことなどが原因と見られる。これに対してNOTTVは、放送している番組の一部をインターネットでも配信するなどしているが、今後は家庭におけるNOTTV重要度は低下していくだろう。

なお、NOTTVは2016年6月末でサービスを終了する。

関連項目[編集]


この番組「NOTTV」はまだパイロット版です。実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)