NG

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このNGは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


NG(エヌジー)とは映画・TVドラマの撮影現場において周りに気づかれないよう意図的に演技ミスを犯し、場の雰囲気をギクシャクさせて楽しむ遊びのことである。

もとは『Naturally Gikusyaku(ナチュラリ~ ギクシャク)』という。どこかの じぇんとるまん がたしなむ程度に略してみたことからNGと言われるようになった。  決して『No Good』や『Normanton Go』の略語でないことだけは頭にとどめておいてほしい。また、『Namco Games』とも違うので注意。

起源[編集]

この遊びの起源は1990年代に《甲状腺刺激ホルモン研究チーム》によって明らかになっているがいまだに公表されていない。その理由について《甲状腺刺激ホルモン研究チーム》は「我々はこの起源を明らかにするまでに、時間において32年と5ヶ月、費用において13万とんで6円を費やし、4人の犠牲者を出しています。こんなに苦労して明らかにできたのにたかだか数分の記者会見で ペローん と言ってしまうのは実に遺憾でありまするでございます。」と語っている。

近年のNG[編集]

近年のNGは 映画・TVドラマの撮影現場において周りに気づかれないよう意図的に演技ミスを犯す という行動自体からはぜーんぜん外れていないものの、数百年以上NGが行われているせいですでに撮影現場側がなれてしまい、ギクシャクではなく和気藹々(わきあいあい)とした雰囲気になる傾向がある。

近年のような傾向のNGを支持する《わっはハーブ派》とあくまで定義にもとずくNGを支持する《むっすんリム派》による争いが2003年度から過激化していることが社会問題となっている。


注意 : 以降に、NGの核心部分が記述されています。

遊び方[編集]

まずはじめにNGをするには映画・TVドラマに出演することが必要十分条件である。該当しないにもかかわらずNGをしようという猛者はあらゆる方法を駆使して映画・TVドラマに出演することである。それもまたNGを最大限に楽しむ要素の一つとなる。

とちり[編集]

セリフを間違える、かむことによって現場をギクシャクさせる。これはNGにおける基本中の基本となる方法である。とちった後に何らかの動作を加えることによって様々な効果を加えることができる。

最近ではとちった後の行為によって共演者達の好感度を上げる といったギクシャクさせるという本来目的とはかけ離れたものが増えてきているが、それもまたよかろう。

一般的な例:「あなた」→「あにゃた」 「好きだ」→「ゴルァッ!」

笑(しょう)[編集]

共演者の演技中、もしくは自分の演技中に突然笑うことによって現場をギクシャクさせる。これもまた簡単にでき、それゆえ奥深きNG。統計調査《2006年度 最も崇拝する〔NG-笑〕の方法》において 共演者の長セリフが終わるか終わらないかの時に訳もなくクスクスと笑って撮影を中断させる という方法が堂々の一位に輝きなすったように今でもギクシャクさせるというスタイルを貫いている。

この項目「NG」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)