Mr.FULLSWING

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Mr.FULLSWING」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「Mr.FULLSWING」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「Mr.FULLSWING」の記事を執筆しています。

Mr.FULLSWING(みすたーふるすうぃんぐ)とは、「スポーツ漫画は何処までスポーツ要素を抜いても作品として成立するか」という事案を検証する為の実験作品である。

概要[編集]

Mr.FULLSWINGは週刊少年ジャンプで2001年から2006年まで約五年間連載された作品で、ジャンルは「野球漫画」となっている。しかし実際には野球要素はかなり希薄であり[1]、「スポーツ少年同士のくんずほぐれつ」が好きなおおきなおねえさんをキャッチする為のコンテンツだった。しかし彼女らだけを相手にしていてもアンケートがとれず[2]、他の層にもアプローチしなければ打ち切られてしまう。難しいスポーツ専門用語や厳しいルール解説をなるべく減らし、それでも体裁上はスポーツ作品として成立させたい。そのような大人の事情の塊として生まれたのが本作なのである。

特徴[編集]

とにかく「ビジュアル的には野球だが、よく見るとおかしい」という描写が非常に多い。例えばピッチングマシーンを使った練習風景では、ボールが何故かマシーン前面にあるよくわからないパイプから射出されている。また複数段階曲がるカーブや時間を停止させる眼力など、アストロテニスなみの怪現象もしばしば起こる。これらはキャラクターの個性を立たせる為の演出でしかなく、実際に行うことはそもそも想定されていない。そうやって個性を際立たせたキャラクター達はおおきなおねえさん達に思いっきり可愛がられる事になり、コミックス一巻より先にO社の商業同人アンソロジーが刊行されるほどの大人気の原動力となったのである[3]。またルールがふわふわしている為野球を知らない層にも受け、ギャグの合間合間に野球をするスタイルは子供にも人気となった。ドラマCDにノベルスやファンブック等メディアミックスも盛んに行い、スポーツ作品としての純度は低いが少なくとも週刊少年ジャンプの連載作品としては成功ルートを辿ろうとしていったのである。

しかしその後野球要素を増やしスポーツ作品としての純度を上げようと試みたせいで、中途半端な立ち位置で落ち着いていた評価が急落していく。更に全キャラクターの中から人気キャラクターを選抜してチームを作ろうとしたり「甲子園よりスゴい大会で真の日本一を決める」など微妙なテコ入れをしたことが悉く裏目に出てしまい、結局ストーリー半ばで終了となってしまった。不純に徹するなら徹する、下手な路線変更は身を滅ぼす。それこそ本作が残した教訓である[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 連載終盤は割と野球していたが、途中までルールさえメチャクチャだった。
  2. ^ オタク女子の特技「回し読み」のせいで、「誰か買ったら読むけど、自分では買わない」という状態になっているため。コミックスになれば資料用観賞用普及用と各自いっぱい買ってくれるのだが…。
  3. ^ 一時期本作のタイトルでイメージ検索すると、野球ボールでアナル拡張された兎丸きゅんのエロ絵がトップに表示されていた。

関連項目[編集]