Mr.Children

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Mr.Children」の項目を執筆しています。
ベスト・アルバム

Mr.Children(ミスター・チルドレン)とは、日本を音楽で満たすロックバンドである。リズム感が絶望的に欠けている桜井が上手く打てずボーカルに転向し、通常のバンド編成となった。ちなみに、このずれたリズム感は後に独特のメロディ制作に寄与し、いわゆる桜井節と呼ばれ、信者たちを麻痺させる作用を持つようになる。

概要[編集]

元々はお笑い出身のJENを除いて、東京の某高校から始まったけいお…いや、軽音楽部時代の仲間だった。後に中二病の集まりであることから、Mr.Childrenと名乗りバンドを結成。才能の萌芽はこの頃から始まっており、都内のライブハウスを賑わせていた。その後、日本テレビ傘下の大手音楽会社ヴァp系列である「おもちゃ工場」からデビュー。…そこまでは、売れないバンドを象徴するかのごとく、OVAのアニメ主題歌を担当したり、CMソングを歌ったりしていた程度…だった。だが、日テレのコネにより、プライムタイムのドラマ主題歌という巨大タイアップを獲得した「CROSSROAD」をリリースしてからは事情が一変、アンチBeingで有名なFM802からは彗星の如く現れたアーティストとして注目浴び、ロングヒットを遂げた。だが、それが桜井にとって不幸の始まりであった。

その後、innocent worldTomorrow never knowsをリリース、何を販売してもミリオンヒットで社会は「ミスチル現象」と呼ぶほど絶頂期だった為、Zr.Children(絶対可憐・チルドレン)というバンド名だったが、音楽会社によって勝手に小室サウンドの対抗馬にされ、モルモットのごとく酷使されたため、世の中が信じられなくなって次第に人格が崩壊していった。そのせいで、やたら社会派に則って、資本主義なんてぴーだ、オリコンなんて検閲により削除だ、俺は検閲により削除だから愛は自由だ、てなわけで不倫しようが俺の勝手だ、などとやたら自己主張が強く辛口の歌詞が目立ち、それはさながらマスタードのように強烈な印象であったことから、マスタードチルドレンと呼ばれた。

ところが近年は愛人との再婚にも成功し、子供もすくすく育ち、すっかり満点パパになってしまった上、近年最大の汚名ともいわれる「スイーツ(笑)」な作品の主題歌を担当してしまうほど甘口になったことから、甘いカスタードクリームにちなんでカスタードチルドレンという通称で呼ばれ、一部は「カスチル」となってしまった。この意味はカスタードだけでなく、「もう桜井は旨味を搾り取った滓でしか価値がない」と、ある辛辣な毒舌評論家(やくみつるではない)がコメントしたことによる。小泉チルドレンは彼らのコピーバンドである。

2009年は途中で体調不良でぶっ倒れるし、そのうち花と散るのではないかと懸念されていたが、嘘だけに塗り固められたマスコミからオサラバして、もうtvで見なくなってしまった。もはや、ミスリルのように不死身の肉体を手に入れている気がする…。

尚、彼らの本当の正式名称はミスチルといい、中二病くさく、青臭い歌ばかり出していた頃はさながら幸せの青い鳥を追うチルチルミチルのようであり、そこからミチルと、スがすーっと抜けた正義のヒーローから抜けたスを賜ったことで、スを付け加えてミスチルとした説がある。そして、後に秩序のない現代にドロップキックをぶちかますためにやってきた正義のバンドだと勘違いしてしまったのはそのためであるとされる。

とりあえず、ミスチル→ゼッチル→マスチル→カスチル→(ハナトチル?)→(ミスリル)→(ミステル)→(ミステリアス)→(今ココ!マスターチルドレン) という流れである。

メンバー[編集]

桜井 和寿(さくらい かずとし)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「桜井和寿」の項目を執筆しています。
首を前に突き出しながら歌うのが特徴
  • 担当:ボーカルギターブルースハープピアノベースドラムパーカッションカウベルマンドリンバンジョー
  • 新潟県糸魚川市出身。
  • 表向きはキーボードだがそれは世を忍ぶ仮の姿。その正体は時に漫談家であり、野球選手であり、醜くも美しい世界の首相であり、人気元横綱力士であり、イースター島の守護神でもある。ひとたび信者を熱狂、陶酔させ、時には眩惑させる魔術的作詞能力とおたまじゃくし一つが土でできているといわれる類い希な錬金編曲術を持ち合わせる。演奏に関してはまああれという意見が弱いが、声量は確かなので意外とコンサートの方が上手かったりする。そして、あの音波はアホな信者が聴くと、様々な効果が得られ、持病のリウマチが治った、ぬかみそが熟成して食べ頃になった、クララが立った、hydeの身長は156cmと証明されたなどが報告されている。しかし、副作用でベースがとても欲しくなる、ボイストレーニングをするようになる、カラオケでマニアックな曲ばかり歌って周りから浮く、信者うぜえと言いがかりを付けられるなどが報告されている。
  • かたや、インドを代表する中二病患者としても有名で、その症例は、2002年の世界精神医学会横浜大会でも報告されている。どれくらい中二病をこじらせているかというと、「ゴーマニズム宣言」に触発されて歌を作ってしまうほどである。中二病患者のご多分に漏れず、痴豚のラジオをこっそり聴いている。
  • メンバーの中で一番責任感が強いといわれるが、あまり深く物事を考えすぎると脳味噌の機能が低下し、へたすると静止するおそれがあるので、他メンバーにリーダーを譲っている。
  • 同じく責任感の強い小林武史とは無二の大親友。二人の溺愛ぶりはあのメロスもびっくりである。のはずであったが、果物を巡り争い合い今では別居している。
  • 男子の太ももに異様な執着を見せる理由は、前世が「ダイコン」だったころの名残があるからである。来世は小鳥になって世界中を飛び回りたい。
  • 田原様の忠実なるメイドでもある。そのため腐女子達からは忌み嫌われている。
  • スキマスイッチの大橋君とは互いに酒も交わす昵懇の間柄。
  • 地位や名誉なんていらないが口癖。
  • 最も影響を受けた本はヴァギナ
  • クジラの現象が好き。
  • ドナルド・トランプそっくりさんでもある。

田原 健一(たはら けんいち)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田原健一」の項目を執筆しています。

詳細は田原健一を参照。

中川 敬輔(なかがわ けいすけ)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中川敬輔」の項目を執筆しています。

鈴木 英哉(すずき ひでや)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鈴木英哉」の項目を執筆しています。

作品[編集]

シングル[編集]

順番に並べてみると、何か強く思い当たるものがあると思うだろう。

君がいた夏
君(ミスチル)にもこんな青臭い歌詞を描いていた頃があったんだよ。しかし、君がい夏であり、君がいる夏でないのだ。理由はお察し下さい
抱きしめたい
抱きしめたい相手は実はくぁwせdrftgyふじこlp
Replay
日本語で直せば「(今の関係を)やり直そう」。意味深である。
CROSS ROAD
十字架の道。罪に手を染めてしまった背徳者桜井の嘆き。Oh yes
innocent world
一言で言えば、無罪の世界。わーたーしーはやってない♪わーたーしーは潔白だー♪。けど、やったことは否定していない。この曲から「Everything (It's You)」までがゼッチル期である…。
Tomorrow never knows
二つ意味がある。一つは浮気がばれるかどうかの綱渡り人生、明日はどうなるか誰にも分からない、という意味。
もう一つは岡本真夜の「Tomorrow」のPVが見事にハイライトかけまくりで、これなんて声優PV状態になっており、化けの皮が剥がれた時のファンの反応を予想した歌、ともいわれる。
everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
浮気がばれそうになった桜井をすっぱ抜こうとした日刊ゲンダイにドロップキックをかましたいという気持ち。
【es】 〜Theme of es〜
サディズムについて歌った曲。けど、どう見ても本人はドから始まるほどのMっぽい。
シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
シーソーは人力による上下運動である。言うなればそうアーン♥♥。こんな歌、売れっ子じゃなきゃドン引きだろうが、勇敢な彼らはリリースを敢行した。そしてその愛の運動が、震災復興に貢献したというのだ…。
曲中で「友人の評価はイマイチ」という表現から、ブサイクと付き合っている男の歌ととれる。
名もなき詩
成り行き任せで付き合ったら大変な目に逢った男の歌。愛は奪うでも、与えるでもなくて、気がつけば捨てるモノなんだと桜井自らが実証してしまった。
花 -Mémento-Mori-
メメントモリとは「死ぬことはいいことだよ」という意味で、もしバレたときに愛人に対して死を持って証拠湮滅するように諭した歌かも。
マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-
横澤夏子叫ぶ。狂った朝の光にも似たぁ~、あーあ。コンドームがほしい…。
Everything (It's you)
毎日寝具。すなわちベッド。そして、それはあなただと唄っている。つまり、僕は毎日あなたの上で寝ています。
ニシエヒガシエ
西の愛人宅と東のデスブログ自宅をハシゴする毎日…。この曲から「Sign」までがミスチル期である。
終わりなき旅
プロレタリアートから覚醒して、神に等しい作品を生み出した。でも無限ループって怖くね?、ヘタに閉ざされたドアなんて開けようものなら・・・。
光の射す方へ
混乱していた桜井がアーン♥♥な方向に目覚めそうになった作品として貴重。すっぽんぽんにしちゃえば同じものがついていたとのこと。
I'LL BE
死亡説が流れた世間に対して、俺はここにいるぜと自己顕示した歌。
口笛
田原の口笛から曲が始まる。ピアノの部分を平井堅が弾いている。コーラスとして稲垣吾郎(元SMAP)が参加している。
NOT FOUND
最高傑作と掻き立てた作品。そんな作品は"見つかりません"。 誰が何と言おうと最高傑作である。
優しい歌
「こんな自分でも支えてくれるファンが優しい」と思いファンに贈った歌。ちなみに元妻の間の娘はいない。
youthful days
日本語に直して若気の至り。2番目の官能ぶりは異常。
君が好き
いや、好きって言われても困りますがな。
Any
日本語に直して「何か」。それが何なのかはあ(A)な(na)たしかわからないよ(yo)。
HERO(ひろう)
疲労が溜まって病気でぶっ倒れる前に作り上げた曲だという。いわばダイイングメッセージみたいなもの。やたらと裏声を酷使する上にやたらと最後のサビが高いので、歌うと実際に疲労する。
掌/くるみ
掌が現実を歌いくるみが未来を歌った表裏一体のサウンド。幼女のくるみたんに手を出したけどキツい掌打ちが返ってきた。世の中甘くないね、ウン。
Sign
人生が進んでいる長さの分、どれだけの比率で上下しているかを歌った曲。コサインとタンジェントという曲の3部構成だったが、皇帝のはからいで一つにまとめられた。
四次元 Four Dimensions
未来がアイラブユーでランニングハイでヨーイドン!この頃から歌がスイーツ向けになったため初期のミスチルandマスチルファンがカスタードのような甘い歌詞に違和感を感じ耐えられなくなりアンチになり、一方スイーツが代わりにファンになり、増える増える増える増える…四次元空間で無限増殖が始まった。四次元ポケットとは何の関係もないが、桜井家の押入れにドラえもんが住んでいるのは事実である。
箒星
リア充が描くような雲がきらめく世界をイメージ。でも、本人曰く、この歳で歌うような曲じゃねえとのこと。
しるし
この頃からカスタード化進行。小林武史的意味で最高傑作(ただし、自己評価)だが、このとき既に桜井と小林は音楽性の違いが生じていることを知っておく必要がある。この曲を主題歌とした某ドラマを見て、全国のロリコンが発情したことは言うまでもない。
フェイク
かと思ったら、壮大なネタフリだった。だから次の汚点も実は偽で造った紛い物が作ったものなんだと、そう信じたい。
ただ腰を振り続けるよ。うん。頑張ってください。
旅立ちの唄
スイィ-ーーーーーーーッツ!(笑)。曲自体はそこまで悪くはないと思うけど映画「恋空(笑)」のタイアップが付いたことで、完全に初期ファンのほとんどが暴徒と化す。ファンにとってはこの曲をなかったことにしたかった模様だが、アルバムで聴けば意外といい歌だと再認識され、タイアップ自体を黒歴史化することにした。
でも、当時の桜井のコメントスイーツ(笑)でもてかわスリムな愛されガールな主人公の恋愛観に共感を覚えた」
そりゃ、誤解招くよなあ…。この年、ファンの半分は"北のミスチル"ことTRIPLANEの「モノローグ」の方を評価していたのも皮肉な話である。
主題歌が何だろうがストーリーがどうだろうがとりあえずガッキーはかわいい。
GIFT
歌詞の中身はまるっきりオリンピックのような祭典、ましてプロパガンダのような国家イベントを否定していることにNHKは気付いていなかったようだ。さすがは腐っても桜井である。
HANABI
現時点では最後の傑作である。だが、花火と人は燃え尽きる前に一際明るく輝くという…。
花の匂い
メメントモリに匂いがついて、より花葬っぽくなってしまった。映画私は貝になりたいのタイアップが付いた。その後の桜井の行方は定かではない。
fanfare
おそらく世間様はミスチル初のアニメ曲と思ってるんだろうが、それは誤り。CDなんてもう売れねーよ!ということを証明するかのように超大型タイアップにも関わらず、ダウンロード販売のみ。
それはともかく、大復活を遂げる名曲となる可能性大であるが、fanfareをジーニアスさんあたりで直訳すると誇示、虚勢、広告、宣伝などという、それらしいお察し下さいなフレーズが見つかるが真相は定かでない。
かぞえうた
3分11秒になると、突然曲調が激しくなるという仕込みが入った曲。よっぽどエンデイの方が復興支援ソングに向いてると思うよ。
祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces
1曲じゃどうせ売れないから、いっそのこと3曲入れてみたらどう?という音楽会社の希望と懇願によって実現した3年振りのシングル。一応、アーティストにおけるオリコン年間1位である(あ、あれとあれね?あんなお遊戯、音楽じゃないっての←信者の叫び)。あと、通称エンデイが一番信者の評価が高いのは言う迄も無い。
hypnosis
桜井自身に潜んでた狂気が牙を剥き出した曲。本人でも手懐けられないので、高音が出ない。
またも配信であるが、ここで配信にしている理由が発覚。かぞえうたは別だが、『花の匂い』『fanfare』『hypnosis』とすべて読みがは行から始まるだけに、配信は同じく「いしん」と読まれるようにその理由で配信となっている。そのため、次に配信されであろう曲は“へ”または“ほ”から始まる曲だと予想される。
REM
かっけーな、おい。
放たれる
「鼻垂れる」ではない。重厚な良バラードで映画タイアップもついたがアルバムではDrip漏れした。
足音 ~Be Strong
江戸時代を描いた漫画原作ドラマのタイアップにもかかわらず、現代風刺曲。桶狭間の戦いの信長の様にはいかず、ジャニヲタ腐女子のオヤジ狩りに遭いオリコン初登場2位、無念。小林武史は桜井に追放されてしまったようだ。
正直いい曲過ぎて突っ込みどころなしだが、今にして思えば「2位じゃダメなんですか?」と言っていた小池百合子議員への当て付けのような歌。
この曲から分かるのは、桜井はサブタイトルがお好き。2作連続でサブタイトルあり。
ケースがアルバム並みに重装備。信長様の甲冑に見立てたとかそうじゃないとか。カップリングもすごいぞ。イェッヘイ!!!
ヒカリノアトリエ
所謂朝ドラっぽい曲。皇帝が日本の放送団体のドンを掌握しているのは内緒。

アルバム[編集]

代表作も少し紹介するよ!

EVERYTHING (アルバム)
1枚目のアルバム。
Kind of Love
なぜか抱きしめたい人と同時発売
  • 虹の彼方へ - ミスチル初のアニメタイアップだが、黒歴史にされている模様。
  • 星になれたら - 浮気したいけどバレたらハブられる。いっそのこと、★(犯人)になれたらいいなと開き直った歌。
Versus
影が薄い。
  • Another Mind - 生まれつきの二重人格が表に出てきて、少し病んできた。
  • LOVE - 浮気すると柔道部の剛腕に首を絞められそうになることを諭した歌。
  • my life - 胸の裡を明かしたテレビゲームが何なのか気になる(時期的にあれっぽいが…?)
Atomic Heart
アトムのように原子の力に依存することになった桜井和寿。だがそこから方向性が狂いだし、とうとうメr…検閲により削除。ケセラセラ!
  • Dance Dance Dance - ランジェリーコレクションでlonely playする歌。
  • 雨のち晴れ - 新人の浜ちゃんに捧げた歌。ってかおまえ誰だよ。
  • OVER - ゼッチル期を代表するアルバム曲。もう過ぎ去ったことなのさ…。
深海
世間との音楽性の違いにより、頽廃的な作風に転向。そのため、一聴しただけではわかりづらいが繰り返し聴いているうちに魅力が見えてくるという中毒性を持つ。この路線変更には新潟県の高等学校の漫画研究部からは賛否両論だった。
  • シーラカンス→深海 - この頃のようなサウンドはもう存在しない。それはさながら生きた化石シーラカンスのように、それはさながら深海に沈められた宝箱のように…ああ。
  • ありふれたLove Story ~男女問題はいつも面倒だ~ - 世界一卒業式に似つかわしくない曲として有名。Everythingやしるしと間違って掛けた日にはフルボッコ確定であろう…。
  • ゆりかごのある丘から - 著しくテンションの下がる曲。しかも長い(9分近い)。決してバラエティ番組「金スマ」で歌ってはならない。
BOLERO
藤村俊二は死にました(山下真司的意味で)。Remixでもどうでもよかったりする。でもジャケットのフランスのゴジラ萌え。
  • タイムマシーンに乗って - 黒歴史に近いミスチルの代表作。
  • Brandnew my lover - ミスチル1激しい曲。V系に負けないぜをコンペストで作られた曲。
  • 傘の下の君に告ぐ - ミスチル化というより、完全に病気。
  • ALIVE - ミスチル化のなれの果て。
  • 幸せのカテゴリー - 恋愛というクイズの現実を描いた歌。リア充よ、これが現実だ。
DISCOVERY
引きこもり発動中に発見したことをつれづれに書き綴っているが、事実上何も発見していない。
  • Simple - ダークサイドに陥ったミスチル桜井に見え始めた光芒。某CD屋でこればっかり流してた覚えがある。
  • I'll be - 酒に酔いながら歌った曲であり、その後の行動は検閲により削除
  • #2601 - 信者でも理解に苦しむ迷曲。2601とは歌いきった時の消費カロリー量だという説も。
Q
Questionという意味でQ。Queenという意味もないこともなさそう。コーラスで高橋尚子がひっそりと参加している。
  • CENTER OF UNIVERSE - 僕こそ中心です、びゃあ゛ぁ゛゛せかい゛わあ゛ぁ゛゛ずばらしぃ゛ぃぃ゛
  • その向こうへ行こう - ひなびたベイビーサラミがもう一度フランクフルトになる歌である。
  • つよがり - SMAPが1位? 俺のアルバム2位なの…ふーん、それで!?(その時の桜井の顔は真っ青と真っ赤を足して真っ紫であった)〔声:田口トモロヲ〕。
  • ロードムービー - カーラジオがあってバックもするレーシングカーが発明されていたなら、この曲は生まれなかったであろう。
  • Hallelujah - さっきの曲でそもそも僕は鑑真に何の信仰もないとか歌っておきながら唯一神を賛美する歌を添えるツンデレ振りが窺える作品。
IT'S A WONDERFUL WORLD
さながら天岩戸に閉じこもっている齋藤司がこの日の当たる国の素晴らしさを噛み締めたようなそんなイメージがありながら、実はただの本人のディスコグラフィに過ぎない内容。
  • 蘇生 - 「ミスチルは滅びぬ。何度でも蘇るさ」という思いで作ったマスターピース。普段からこのレベル保っておけばね。
  • ファスナー - アンパンマンとドラえもんしか頭に残らない。ドナルド・トランプをインスパイヤしていたため、彼のアルバム「SugarlessⅡ」にてカバーされる。入れたはずのない中居の声が入っている。PVがロリショタホイホイ。
  • LOVE はじめました - 木村にまた新たな恋が始まったことを示唆する曲。仮タイトルはマスチル 終わりました
  • 泥ing - 若気の至りの裏面。不倫相手と再婚し、人生に泥を塗ってしまったことを浄化した歌。
  • いつでも微笑みを - 「ほほえみ」か、それとも「えみ」か。議論が終わることはない。
私服ノート
ありのままの自分を描いたある種傑作。だが、せめてしゃっくりが直ってから歌って欲しかった
  • PADDLE - 理工系御用達。
  • 花言葉 - ミスチル史上最も歌詞を間違えやすい曲。井上陽水で似たような曲がある?…さあ、空耳じゃないでしょうか。
  • 空風の帰り道 - しゃっくりが治らない状態で歌った歌。空風とは喉元を通り過ぎる横隔膜の痙攣であるという。
  • 天頂バス - GAME OVER\(^o^)/という曲。それをいいたいだけで、あとはオマケみたいなものである。
  • タガタメ - タガタメとはタハラ様が為という意味なのはあまり知られていない。
I ♥ U
略してトマト。上からでも下からでもトマト。簡単に腐ってしまうところもトマト。だが、後に熟成されて聴き頃になる。桜井曰く、「俺の最高傑作はこれなんだよ!オメーラもっと評価せえ!」と愚痴ってるらしい。
  • Worlds end - 世界オワタ\(^o^)/という曲。辛うじてミスチルの要素が残っている。
  • CANDY - スイーツ(笑)化宣言を代表する曲。
  • Door - 不人気。カラオケで歌えば笑いを取れるかドン引きのどっちかしかない。多分後者が圧倒的、特に面子に女がいる時はな…。
  • 跳べ - 世界中の誰もがみのもんたになってI can flyするぜ! という曲。
HOME
ワールドワイドな展開から家へ。遂に引きこもった。18禁。
  • 彩り - イロを塗ること。まあ色々とお察し下さい
  • ポケットカスタネット - 中二病のオヤジが世間の荒波に揉まれていく曲。略してボケカス。
  • SUNRISE - 現代日本社会に100万人はいると推計される自宅警備員たちのことを意識していると見せかけて、実は日の出はキレイだから早起きしようという早起きソング。
  • あんまり覚えてないや-病気で倒れた後遺症と想われる。
B-SIDE
ある意味、本当のミスチルがここにある。
  • デルモ - デルモデルモデルモデルモデルモデルモンテ!
  • 旅人 - アーン♥♥な行為を猥褻と言い切ってしまう辺り、桜井の当時の錯綜振りがうかがえる。
  • ひびき - PVの男の子の制服姿に無理があった。
SUPERMARKET FANTASY
日本語に直訳して「商業音楽の幻想」。つまりは、売れ筋路線のキャッチーメロディは金輪際ごめんだという思いを込めているのではないかと思われ、これを傑作と思う人はおそらく彼らとは音楽性の違いが生じていると思われる。
  • タハラ - 田原様の田原様による田原様のためのサウンド。コバタケのギターが邪魔。
  • 少年 - カスチル化した中でこの男臭く暑苦しい歌い回しは貴重。
  • 東京 - ひげ面親父に馬鹿野郎と叫ばれたり狂った町と狂った奴に罵られたりされる東京という一地方を、夢を叶える町と弁護した歌。けど、元々東京出身の奴に言われても説得力ねえから!
  • ロックンロール - 「自慰的ミッドフィルダー、焼酎、ポップミュージック」という生き方をする鈴木英哉がモチーフの曲。尾崎豊が追い求めていた自由はこれである。
  • 羊、吠える - 言わば負け犬の歌。
SENSE
シングル(商業音楽)なんてイラネと開き直った桜井が満を持して発表した一枚。試聴者からも思わず扇子を持って「あっぱれ!」と叫ぶ者続出。実はSENSEなのはナイショ。
  • 擬態 - トビウオに擬態した鯨って無理ありすぎじゃね?
  • 365日 - あえて1年ではなく、日数で計算することで、相手に長い間愛せられるという錯覚を生み出す曲。閏年の事を言う奴はHYでも聴いてろ。
  • ロックンロールは生きている(別名:桜井和寿は生きている) - 死亡説も囁かれた中、何事もなく生きていたが、往年のロッカーではなく、ロックンローラーになっていたというのが率直な感想。SF映画の白眉「ブレードランナー」の主題歌である。
  • Prelude - 新作の中でも屈指の人気曲。けどそれはタハラ様をお膳立てするための前振りに過ぎない。
  • Forever - 皇帝よForever…
(an imitation) blood orange
何か訳の分からないようなタイトル。いわば、紛い物の果実。ブラッドオレンジのように、甘く、そして酸っぱい歌詞が多い。そして、タイアップの多さとキャッチーなメロディが売りだが、それもおそらく彼らから言わせたら”紛い物”である。そう、全てはフェイク。
  • marshmallow day - marshmallowとは当然、乙女の柔肌である。そしてそんなmarshmallowに満たされる毎日を連想させる辺りは、ユスフルと相違ない。そういや、「軟らかな感触」ってフレーズがまたオチで出てきてるし。
  • イミテーションの木 - このアルバムの真意がここにあると曲解したくなる曲。ほんとにそんな気分でこのアルバム出したのか問いたい。小一時間問い詰めたい。
  • 過去と未来と交信する男 - ゲス商法とは何かを解いた説明書である。~ただし、お金は一銭もいただきません。視聴者様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます~
  • Happy song - これを夜に聴けば、そこはかとない空元気に見舞われる後ろ向きの人生応援歌。ちなみに歌詞の「笑わないウルトラマン」と「翼のない鷹」とは、おそらく3.11のあの事故の影響で検閲により削除
REFLECTION
現代のCD業界に対抗すべく、曲の質で対抗することになった。23曲収録のためCDではなくUSBメモリでリリースされ、価格は税込9700円。高い、高すぎやと嘆かれていたが、蓋を開けてみれば、不純物だったコバタケピアノを見事にDripしたことで本来のミスチルらしさが戻ってきて、まさしくファンの思いがREFLECTIONされた名盤として評価は鰻登り、1万でも全く高くないと評価する者続出。だが、それが災いして、フラゲ当日でNakedの品薄が発生、konozamaにて2万以上で取引されるような事態に。CD2枚組で良いんじゃねーの?というファンの声も根強いのは確か。あと、あのユニバーサルな規格を度外視した欠陥usbにゴーサインした関係者は始末書を書くように。CD2枚組でも良いんじゃねーの?というファンの声も根強いのは確か。
  • fantasy…BMWアクティブツアラーのタイアップとして、名曲の予感を匂わせ疾走。その姿は「殺す」というフレーズがCメロに描かれた、やや過激なロックバラードであった。どうせサビの部分しか使われないことを良い事にやりたい放題。CMで見た温かい曲のイメージこそがFantasyだったのかも知れない。ちなみに、裏タイトルは「王道」。9700円でBMW買えりゃあ、それはそれでファンタジーなんだけどな。
  • Melody…足音で見捨てられたコバタケがこれぞ見よかしとばかりに、思いっきり自分のカラーを出した結果、どう聴いてもどこぞのヒゲ親父の新曲にしか聞こえなくなってしまった。いい曲なんだけど、Nakedにもっとファンに響く曲があったためかDripにイラネと要らない子にされてる、ちょっと可哀想な曲。
  • 斜陽…この曲しかできあがってなかったという理由で、裏紅白ともいわれるFNS歌謡祭でオンエアして、ミーハー連中を硬直させた曲。ちなみに、熱心な信者からは、マスコミに媚びないミスチルカッケーと絶賛されたとかされてないとか。
  • ROLLINʼ ROLLING ~ 一見は百聞に如かず…通称「ロリロリ」。ロリコンの歌ではない。深海期を彷彿させるような社会風刺の強いロックナンバー。
  • 運命…なぜかDripから漏れたのに、タイアップまで付いた。でも、歌詞はただの勘違い野郎のストーカーです、ありがとうございました。ただÇメロがヤラしすぎてカルピスのイメージダウンに繋がりそうなのだが、会社の人は怒らなかったのだろうか?
  • 忘れ得ぬ人…ここ数年で貴重な、コバタケ色皆無のピアノバラード。なかなか聴かせる名曲です。ちなみに忘れ得ぬ人とはコバタケのことではない。
  • You make me happy…ド派手なメイクしたシンガーがタイムマシンに乗って未来にワープした結果を示した曲。
  • WALTZ…ワルツとか穏やかなタイトルとは裏腹に、歌詞も過激で、「エクストリーム自殺」というフレーズからも、就活生殺しの曲として知られるように。
  • 進化論…WALTZって思いっきり救いようのない曲を歌った直後に流れる、デレた曲。歌詞は難しいことを引き合いに出してるだけだが、要は「僕らはつながっている」、それだけである。
  • 幻聴…名盤REFLECTIONのセンターを飾っていると思わる、誰が聴いても漂う名曲感漂う名曲。ちなみにコバタケが絡んでいるが、これぐらいならまだあまり叩かれないと思ってたら、ライブ派から皇帝のギターが聞こえないと思いっきり叩かれてる始末。皇帝信者は怖い。ちなみに、これ以上の名曲は来ないと思ってたら、クライマックスにもう一つとんでもない化け物が隠れていた。
  • REFLECTION…桜井本人が(無理を押し切って)ピアノを弾いてみた曲です。温かく迎えてやってください。ほらそこの君、スキップしたらおぢさん泣いちゃうよ。
  • Starting Over…未完、Fantasy、幻想ときてもうこれ以上の名曲は来ないだろうと思ってたら、最後の最後にやってきた、まさに裏ボス。タイアップの化け物の子とは桜井本人で間違いない。桜井和寿、恐ろしい子!ただ、歌詞はけっこう過激。ちなみに、信長タイアップは元々こっちになる予定だったが没にしたとか…広報の耳は確かか?
  • 未完…皇帝のギターやJENのドラム、桜井のボイス、ナカケーのベースが炸裂するバンド色豊かな名曲。未完というが完成はされている。俺達の旅はまだ始まったばかりだ!桜井先生の次作にご期待下さい。ちなみに、アルバムではトップバッターであり、新しい俺達を見てくれベイベーってな表裏一体の曲である。

ベストアルバム[編集]

Mr.Children 1992-1995
解散するまでベストアルバムは出さないとか言っていたクセに、離婚に伴い生ずる巨額の慰謝料を捻出するために出された。
別タイトルは『肉』。世間様は猫も杓子もミスチル万歳を繰り返し、転がり込む印税で飽食してたら肉の塊になってしまったことから。また、桜井が毎晩求めていたものを暗喩しているとも。
Mr.Children 1996-2000
解散するまでベストアルバムは出さないとか言っていたクセに、離婚に伴い生ずる巨額の養育費を捻出するために出されてもう1枚。
別タイトルは『骨』。不倫騒動で、当時世間様は宇多田ヒカルGLAYに傾いており、ミスチルの記憶など信者以外は骨と化していたことから。
Mr.Children 2001-2005 <micro>
正式タイトルは『精子』。しかし、「テレビCMで『精子』はまずいだろう」ということで、レコード会社から一番小さい細胞という意味で<micro>というサブタイトルが与えられ、広告代理店から「水」というイメージが与えられた。
Mr.Children 2005-2010 <macro>
正式タイトルは『卵子』。しかし、「テレビCMで『卵子』はまずいだろう」ということで、レコード会社から一番大きい細胞という意味で<macro>というサブタイトルが与えられ、広告代理店から「太陽」というイメージが与えられた。

尚、後のベストアルバムは出るかも知れないと予測されており、タイトルは『血』『膚』あたりが考えられるが適当にお察しください

ライヴ・アルバム[編集]

1/42

コラボレーションシングル[編集]

奇跡の地球

カバー曲[編集]

僕が石であるために
石井一久のカバー曲。
ストレンジカメレオン
the pillowsのカバー曲。

関連項目[編集]


この項目「Mr.Children」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)