Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows XP を実行するコンピュータから、悪質なソフトウェアを自動検出し隔離または削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの対策ツール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事の正式名称は「Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows XP を実行するコンピュータから、悪質なソフトウェアを自動検出し隔離または削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの対策ツール」です。
しかし、こんなの覚えられる訳がないので記事名が「Microsoft Security Essentials」になっています。

出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名はMicrosoft Security Essentialsだから。君は間違っていないよ。

Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows XP を実行するコンピュータから、悪質なソフトウェアを自動検出し隔離または削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの対策ツール(ウィンドウズ セブン、ウィンドウズ ビスタ、ウィンドウズ サーバー 2003、ウィンドウズ サーバー 2008、またはウィンドウズ エックスピーをじっこうするこんぴゅーたからあくしつなそふとうぇあをじどうけんしゅつしかくりまたはさくじょするマイクロソフトウィンドウズ あくいのあるそふとうぇあのたいさくつーる。:The Microsoft Windows Malicious Softwares Countermeasuring Tool does auto-scan, isolate and remove malicious softwares from computers that are running Windows 7, Windows Vista, Windows Server 2003, Windows Server 2008, or Windows XP)は、マイクロソフトによって公開されたウイルス対策ツール。

概要[編集]

横行するウイルスとウイルス対策詐欺に悩むユーザーによりよいユーザー・エクスペリエンスを提供するために、マイクロソフトがWinodws 7、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows XP、または Windows 2000 を実行するコンピュータから、流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールを大幅に機能強化した製品であるWindows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows XP を実行するコンピュータから、悪質なソフトウェアを有償で自動検出し隔離または削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの対策ツールを2009年9月に無料にしたものである。

Winodws 7、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows XP、または Windows 2000 を実行するコンピュータから、流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールとは異なり、独占禁止法によく配慮したツールである。Winodws 7、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows XP、または Windows 2000 を実行するコンピュータから、流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールは知らないうちにビル・ゲイツスティーブ・バルマーの手によって勝手にダウンロード・実行されるが、Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows XP を実行するコンピュータから、悪質なソフトウェアを自動検出し隔離または削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの対策ツールはそのようなことなど無く、Windows Updateからですら入手できない。ユーザーが手動でマイクロソフトのホームページからダウンロードし、手動でインストールする必要がある。WinnyShareですらおそらく出回っていないだろう。

これにより、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows XP を実行するコンピュータで、古いデータベースから悪質なソフトウェアを勝手に決めつけようとスキャンし続ける Microsoft Windows 対応 物理メモリ有効活用ツールや、Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、または Windows XP を実行するコンピュータへ、悪質なソフトウェアをインストールしようと企む Microsoft Windows で動作する ウイルス対応ツールなどの利用者が壊滅的に減少する可能性が予想されており、これらの開発者らは早々に抵抗勢力として公然とカネカネキンコと誹謗中傷し始めている。

システム要件[編集]

EULAとはユーザーがソフトウェアを使用する上で守るべき条件。同意すればライセンスを得られる。条文には知的財産権を保護するための特記事項が含まれる。具体的には、インストールできるコンピュータの台数や種類の制限。売春目的でソフトウェアをコピーペーストする際の制限。他にテロへの戦いについてや免責事項など。大概は契約書の条文とともに「自己責任を被る」もしくは「好きな漢字は責任です」などと書かれたボタンが現れ、クリックすることで同意したとみなされ、インストールが実行される。好きな漢字が責任であるのならYahoo! 知恵袋安倍晋三の功罪について質問すること。ちゃんとベストアンサーも決めてね。
オンライン版の場合、実行のたびにEULAが表示される。ダウンロードしようがしまいが自己責任は永久に被り続けます。あいつにコンセント抜かれた。私に何かあったら友愛していいよ。勿論私の所持金は全額ロシアに返して。

ウイルス定義 データベース[編集]

マイクロソフトは、自社の勝手な基準に従って、悪質なソフトウェア ファミリの流行とそれに関連付けることができる損害を決定しています。次の表は駆逐するソフトウェア一覧です。亜種も削除します。悪質なソフトウェアはリリースごとに蓄積され、以前のバージョンにも対応済みです。

この表に載っていないソフトウェアでも、マイクロソフトは悪質なソフトウェアを任意で検出します。スキャンするために最新のウイルス対策製品を購入する必要はありません。

実行結果の表示[編集]

このコンピュータは危険に晒されています。問題を解決するには、「Fix It」をクリックして下さい。削除を完了するためにコンピュータの再起動が必要な場合があります。

トラブル シューティング[編集]

Q Windows 2000でツールを実行できますか?
A できません。
Q このツールと有償のウイルス対策製品の違いは何ですか?
A ありません。
Q Windows XP Service Pack 1 でツールを実行できますか?
A その質問は何かの間違いでしょう。Windows 7 のことなら、Windows XP モード でも動作します。
Q このツールでトロイの木馬は防げますか?
A 防げません。Windows ファイアウォール をご利用下さい。
Q あなたは何がそんなに不満なのですか?
A 父親が名古屋で3万のトランクルームを私に押し付けました。帰り際「君にはここしか借りれないだろう」と言いました。周囲にだいぶ迷惑をかけました。麻生太郎がそのことで皮肉を吐きまくったのが印象的でした。彼はそれしか頭にないバカです。虫だから今にも殺されるかもしれません。

関連項目[編集]