Mana

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
あれ?何意外と可愛くない?

Mana(マナ)とはヴィジュアル系バンド「MALICE MIZER」のリーダーで黒魔術師。当時のヴィジュアル系に革命を起したのでゴスロリっ娘達からは「Mana様」と崇められている。ALI PROJECTのボーカルとして地獄から降臨した魔女宝野アリカの野望を食い止める事に人生を注いでいる。

なお、性別は残念ながら男性である。


概要[編集]

1992年。地獄から魔女宝野アリカが降臨し、片倉三起也と共にALI PROJECTを結成、音楽業界から日本を掌握しようと活動を始めた。この計画の情報をキャッチしたManaは、当時務めていたバイトをバッくれて友人を集めMALICE MIZERを結成する。しかしMana以外の人々は宝野アリカが魔女である事を知らない(それ以前にALI PROJECT自体まだ知名度が低く、存在が知られていなかった)。そのためいくらManaが騒いでも、雑誌「ガロ」の文通欄に寄せられる「前世で私と戦った光の戦士達よ、世界を救う為に私の所へお手紙を下さい!!!」と文通の要望を出す特殊な人々の様な扱いをされ、奇異な目で見られていた。

1995年、ALI PROJECTのアニメ業界掌握計画が本格化、そこでManaは自分達の使命を人々へ知らしめるべくバンド活動を始めメジャーデビューをする。元々Manaは幼少の頃からクラシック音楽を嗜んでいたので、自分達の音楽にクラシックの要素を加える事にした。当時の白塗り化粧や派手な化粧をして活動していたバンドの殆んどはハードロック・ヘヴィメタル系で活動していた。しかしMALICE MIZERは「ヴィジュアル系=ハードロック・ヘヴィメタル系」と言う概念を覆し、ヴィジュアル系業界に革命を起し新たな分野の開拓に成功するという功績を残した。

男に見えないのは黒魔術の力だろうか?

しかしバンド活動で成功しても、肝心の宝野アリカの野望を食い止める事が出来なかった。それどころかManaは宝野アリカとは違い黒魔術を使えても普通の人間なので、アリカの様に若さをコントロールする事が出来なかった。そのため徐々に力が減り、美しい容姿がオッサン化し始めた。こうしたManaをさらなる悲劇が襲う。

歌人、源実朝を反魂の術で蘇えらせ、2代目のボーカルGacktとして向かい入れ(たつもりだったが、実はGacktは源実朝ではなく上杉謙信だった)。しかしGacktの力に脅威を感じたアリカはGacktに呪いをかけ、現代の生活の快適さ、楽しさを覚えさせバンド活動に専念出来ない様にさせた。この呪いにより野比のび太並にダメ人間となったGacktはライブ後に失踪し、そのまま脱退する事になる。さらにアリカはManaに止めを刺そうとドラムのKamiを呪殺する。そしてMana自身にも呪いをかけ、声がメンバーにしか聞こえない呪いをかけた。この度重なって起きた悲劇が原因で心労が溜まり、Manaの力が劇的に減っていくことでバンド活動がままならなくなった。

2001年にManaはとうとう魔力の底が尽き始め、体が危機的状態に陥りMALICE MIZERを「個人活動で専念する」という理由で活動を停止する。しかしALI PROJECTの勢力は留まることは無かった・・・。

現在Manaは「Moi dix Mois(モワ ディス モワ)」というバンドを結成し、服を売り歩きながら細々と活動している。

2009年10月24日、V-ROCK FESTIVAL'09にて舞台裏のことではあるがアリカと直接対決があったようである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Mana」の項目を執筆しています。