MMORPG

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「私が眠ると、みんな死んじゃう!!」
MMORPG について、ネトゲ廃人
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MMORPG」の項目を執筆しています。

MMORPG(エム エム オー アール ピー ジー)とは、人を廃人に変える化学兵器

意味は「生涯忠誠!命懸けて! 闘魂!闘魂!闘魂!(Semper fi! Do or die! Gung ho,gung ho,gung ho!)」

効果[編集]

MMORPGは遅効性であることで知られる。人間に使用しても、最初の一ヶ月は特に変化が見られず、効果が無いものには全く利かないが、最近のMMORPGはそれを克服しつつある。場合によっては死に至ることもある。肉体的にではなく精神的に廃人に追い込むため、人道に反する兵器として反対運動がおこなわれる事もある。

第一段階

個人差もあるが約1~3ヶ月ほどで効果が現れる。仕事や学校、食事、睡眠、排泄以外は常にパソコンの前に座り、不気味な笑みを浮かべながらマウスまたはキーボードやコントローラーから手を離さない。

第二段階

仕事や学校をずる休みし始める。常時パソコンを起動しており、睡眠時には露店という行為に走る。過剰アイテム課金などの症状も現れる。

第三段階

仕事や学校を完全に休みNEETとなる。部屋から出るのはトイレと食事のためだけになり、人の頭の上に相手のヒットポイントのバーが見えるなどの幻覚や幻聴の症状もでる。課金課金と呟いたりと危険な状況になる。症状によってはペットボトルに尿を溜めたりするという意味の解らない行動をとることもある。

最終段階

精神不安定になり、症状によっては入院が必要な場合もある。リストカットをしたり、首を吊って死ぬものもいる。

その他[編集]

特殊な症状

症状によっては、犯罪行為に走ることもある。特に多いのが詐欺であり、不正アクセスなども多い。

被害者の遺族による体験談

うちの両親がそうだった。超ディープなネトゲのジャンキーさ。
ハマってからの両親は、1年365日パソコンと向き合ってた
じーちゃんの遺産食いつぶしながらね。会話なんてありゃしない。
あるとしてもネットの中で話すだけ。会話の内容も
「一ツ目山のサイクロプスを倒しに行け」 とか。笑える話だろ?
うちの家族に限っては父親は父親じゃなくて
「世界中から頼りにされてるマジックナイト」母親は母親じゃなくて「ダークプリースト」 
俺は子供じゃなくて「モンスターハンター」だったんだ
そんな世界にほとほと嫌気が差してさあ で、考えたんだ。「こんな世界壊しちまおう」って
そのネトゲのサーバに侵入して・・・10年分のデータ全部を破壊してやったんだ。
人生最初のハッキングさ
その日の帰り道は そりゃーワクワクしてたね。だってもうそっちの世界は無いんだから
ファンタジーのパーティとかじゃなくて「家族」として生活ができるんだってね
そしたらさ 2人とも首吊って死んでたよ
遺書がまた傑作でさ、 『世界が壊れてしまったので 死にます さようなら』
2人にとっての現実は もうとっくにこっちの現実じゃなかったのさ
かまってほしくてさあ
天気とか 成績とか どんなにくだらなくてもいい
現実の話がしたくてさあ
俺のやった事はそんなに重罪かな?

関連項目[編集]