M78星雲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「M78星雲」の記事を執筆しています。

M78星雲(えむななじゅうはちせいうん)とは、「遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・」で始まるあの舞台とは無縁の、地球の危機に現れ、人間の文明の結晶とも言っていい街の随所を破壊しつつも、まったく悪びれる様子もなく、ほとんどすべてにおいて三分以内でその危機を駆除してくれる、「あの厄介者」達が住んでいる星がある星雲である。

場所[編集]

その「厄介者」(和訳で超人)は三分後には、地球の地上からよくわからない物理的原理で飛び去っていくが、肉眼で捉えきれる速度なので意外と近くにあるのだ、という説もあれば、いや、あれは地球外で反則的に速くなるのだ、という説もあり、ぶっちゃけ我々ホモサピエンスが感知できない所にある。一体全体謎のままだが、どうして今このウィキペディアにも載っていない項目をあなたが読んでいるのかはもっと謎である。

生態系[編集]

あるTV観賞者(当時は5歳くらい)によると「あれはとても人間の住める場所じゃない。アルマゲドンに出てきそうなゴツゴツした地獄絵図みたいなところに、超人たちがカメラからちょっと斜め左上を見て何か言ってやがったんだ!!」らしく、あまり住み心地は良さそうではないようだ。実際には、宇宙の塵とガスがたまたま集まってできたものである。

星の人[編集]

旧き印
この項目には人知を超える事項についての記述が含まれています。
狂気に侵される恐れがありますので、閲覧は自己責任でおねがああ!窓に!窓に!!

人知の及ばない星系からやってくる冒涜的な存在。 人間に憑依して名状しがたい姿に変えるが、3分間を過ぎると取り憑かれた人間の精神が耐えきれなくなって消滅する。 怪獣を倒すため地球に訪れたというが、彼らが居ない間は怪獣は現れないため、怪獣は彼らが呼んでいると考えるのが妥当であろう。 また、地球防衛組織が彼らを示し合わせたように彼らを攻撃しないところを考えると、既に政府は裏で取り込まれてしまっているに違いない。

このとおり。なんか付いてるって!気にするな!

関連項目[編集]