KAN

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「KAN」の項目を執筆しています。

KAN(かん、1962年9月24日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名は木村 和(きむら かん)。福岡県福岡市出身。 代表曲「愛は勝つ」は、一時期結婚披露宴の定番ソングとしても有名であった。しかし、うろ覚えで歌い出したは良いが、後半の転調が続く箇所で脱落する者が後を絶たず、今ではあまり歌われなくなってしまった。なお近年、同様の事例が「butterfly」(木村カエラ)でも頻発していることが確認された。

主な楽曲[編集]

愛は勝つ(1990.9.1)[編集]

オリコン8週連続1位、 第33回日本レコード大賞受賞等、輝かしい実績を誇る国民的大ヒット曲。しかし、カップリングの「それでもふられてしまう男」は、誰ひとり歌えないどころかタイトルすら認知されていないのが悲しいところである。

イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ (1991.4.25)[編集]

「愛は勝つ」で掴んだファンを固定すべく満を持して発表された。ドラマの主題歌に抜擢されるなどバックアップ態勢も十分であったが、肝心の楽曲が極めて残念な出来であり、結果として多くのファンを手放してしまった。ある意味黒歴史的一曲である。

まゆみ (1993.4.21)[編集]

「チャコの海岸物語(サザンオールスターズ)」のように、曲中の「まゆみ」を別の女性の名前に変えてカラオケで歌いたいという方も少なからずいるだろうが、残念ながら曲の知名度が今一つなので、場の空気を読んでから試して頂きたい。

丸いお尻が許せない (1993.1.21)[編集]

30歳になったらエロソングを作りたいとほざいたKANが30歳になって作った曲。同時期に発売されたサザンオールスターズの「エロティカ・セブン」や桑田佳祐の「クリといつまでも」に通じる所があるが、そこまでヒットはしなかったものの、KANの中では売り上げは上位に入る。

Songwriter (1997.8.27)[編集]

「究極のメロディーメーカー」と称されるKAN本領発揮の一曲だが、悲しいほどに売れなかった。この頃より、音楽情報誌での扱いが極端に小さくなる。その理由についてはお察し下さい

CLOSE TO ME (2001.1.24)[編集]

後期ビートルズを彷彿とさせるメロディーラインと、KANの顔がいくつも配置された独創的なジャケットがファンの間では話題になった。しかし、一般社会では全く話題にのぼらず、売り上げもお約束どおりであった。

カレーライス (2006.2.22)[編集]

二年半に渡るフランスへのピアノ留学を経て発表されたナンバー。男女の仲を「一度冷めても温め直せば美味しくなる」という視点からカレーライスに例えた歌詞が秀逸。しかし、全くといっていいほど売れなかった。

よければ一緒に (2010.2.10)[編集]

同じメロディーが歌詞を変えて何度も歌われるスタイルや、8分を越える長さが話題になった点など、同じく2010年に発売され大ヒットし紅白歌合戦出場を勝ち取った「トイレの神様(植村花菜)に通じるところの多い楽曲であった。しかし、肝心の売り上げは植村のそれに遠く及ばず、当然のことながら紅白出場も叶わなかった。

禁句(タブー)[編集]

一発屋[編集]

代表曲「愛は勝つ」はボクシングで言えばヘビー級のKOパンチに相当する破壊力だが、3年後に発表した「まゆみ」もフェザー級のジャブ程度にはヒットしたので、せめて「1.2発屋」くらいの扱いにして欲しいものである。

槇原敬之[編集]

プレースタイル(ピアノ弾き語り)が共通していることや、同時期にブレークしたことなどから、当時世間ではKANと槇原を比較または混同する輩が少なくなかった。しかし、容姿・性的嗜好・などミュージシャン以前の問題から考えた場合、KANを槇原と同一に扱うのはあまりにも失礼である、というのが近年の世間常識となっている。ちなみに二人の関係を見ると、KANは大阪のラジオ局「FM802」の番組で槇原と隔週出演していた事があったそうな。

背が低い[編集]

KANが身長にコンプレックスを抱いているのは有名な話であり、ついには自分より背の高い彼女を持つ男の切なさを歌った「牛乳のんでギュー」なる楽曲を作ってしまったほどである(アルバム「東雲」収録)。「hydeよりは高いから気にするな」という台詞は、慰めにならないどころか傷口に塩を塗るだけなので、十分に気をつけて頂きたい。

菅直人[編集]

パソコン等で「KAN」と打った後、うっかり「変換」キーを押してしまうと、かなりの確率で「菅」と出てしまうのは残念極まりないところである。また、Yes We Kanというホームページを開かれるなど、自爆テロ行為にも苦しんでいる。

KAN事件簿[編集]

学園祭事件[編集]

とある大学の学園祭に呼ばれ、気合全開で歌い出したは良いが、「愛は勝つ」が終わったところで客がゾロゾロ帰ってしまった事件。その後の学園祭では、曲順を決めるに当たり猛烈に悩んだのは言うまでもない。

桜井事件[編集]

2010年に行われたライブハウスツアーでは、KANを慕う大物ミュージシャンが次々ゲストで登場し観客を驚かせた。しかし、4月のライブでMr.childrenの桜井和寿が登場したところ、観客がKANそっちのけで桜井に熱狂してしまった。「サプライズもほどほどに」という教訓を含んだ、事件と言うにはあまりにも悲しい出来事であった。

関連項目[編集]


あずにゃん こんなんじゃダメですーっ!!!ユーモアが感じられないです!ユーモアの欠落した文章はすべて撤去すべきです!唯先輩は早くこれを覚えて加筆してください!
え、お茶がいいですって?もういい、やってやるです! (Portal:スタブ)