JavaScript

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JavaScript」の項目を執筆しています。

JavaScript(訳:ジャバ言語)とは約200万年前~約50万年前にジャワ島に生息していたジャワ原人が使用していた言語である。ジャワ島なのにジャバ?と疑問を持つ人も多いだろうがローマ字綴りはJavaであり、どうみても表記の方が間違っている。

こいつでも動く。‎

言語仕様[編集]

基本[編集]

独特の言語仕様が存在する。ただし、酷似している言語もある。(後述)


Var 私 = Function() {
alert("山田くん");
}


上図は一番簡単なJavaSvriptのサンプルである。訳すと「私は山田くんに警告した」となる。つまり以下の様な決まりがある。


Var 主語 = Function(修飾子の数) {
動詞("名詞");
}


  • 1行目で主語を宣言する。はじめに示した例では「私」である。
無名関数名前を宣言しない場合は主語がなくなる。例:公園に行った。
メソッドの最後には;(汗)をつける。ジャバ原人は恥ずかしがりやである。
  • 主語の有効範囲を{}で囲む。

変数[編集]

ジャバ原人の名前はとても長いため変数をよく使う。型は自動認識である。

Var 私 = Function() {
 Var name = "山田 太郎 グレート ジャバ0.8776675世";
 document.write(""+name+"");
}

訳すと「私は山田 太郎 グレート ジャバ0.8776675世のことを紙に書いた。」である。

  • 変数には数値と文字列の2種類があり、この場合は文字列である。
文字列の場合は文字を記憶でき、数値の場合は計算ができる。
  • 主語や動詞に変数は使えない。
変数は名詞にのみ利用できる。ただし例外もある。
  • 渡された修飾子を変数に代入できる。

使用範囲[編集]

以下の国・地域で使用されていた及び使用している。

<script>~</script>間に書くと魔法が使える。
こいつでも動く。‎

ジャバ原人のことをジャヴァウォックとも呼ぶ。今日、彼らはオーグと同等の亜人扱いされているが、相当の知能を有していたことがわかる。今日のファンタジー伝承においては基本的に怪力の巨人とされているジャヴァウォックだが、元は知の巨人だった。

歴史[編集]

  • 約1000万年前頃(研究者によって異なる。1972年だという人もいる)
古代C言語ができる。これがすべての始まりだった...
  • 約900万年前頃(研究者によって異なる)
C言語がなまってCプラプラ(略称C++, 2つの"+"はを表す)と呼ばれるようになる。
  • 約800万年前頃(研究者によって異なる)
コーヒブレイク協会によってC言語、C++を参考にしたJavaが登場、同時期にC++がJavaの影響を受けつつさらに訛ってC#が登場する。
  • 約700万年前頃(研究者によって異なる)
JavaとC#がお互いに影響を与えながら進化
  • 約600万年前頃
誰かがJavaを移植してJavaScript完成。

この歴史にを見るとJavaScriptがC言語の影響を強く受けているのがわかる。そのため擬似言語もCの派生物が多い。放っておくと、頻繁に更新せよと督促してくることをみると、この言語はジャバ原人のいた太古から不断に進化し続けているようだ。

価値[編集]

今となっては歴史に消えたJavaScript語であるが存在価値は今も大きい。そこの君、今すぐF12を押したまえ。JavaScriptの存在が見いだせるだろう。

ちなみに[編集]

  • ちなみにJavaScriptはオブジェクト指向です。
  • ちなみにJavaScriptはスクリプト言語です。
  • ちなみにJavaScriptの拡張子は.jsです。
  • ちなみにJavaScriptの拡張子は偽物のJScriptと被っています。
  • ちなみにJavaScriptの偽物は糞です。
  • ちなみにJavaScriptには国境の壁は無いです。
WindowsでもMacでもLinuxでもUnixでも。
もちろん、InternetExplorerでもChromeでもFirefoxでも。
  • ちなみにJavaScriptのライバル(自称)のVBScriptはIE11に嫌われました。

擬似言語[編集]