JRA

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
JRAの団体旗。どこかの国に強く影響されたことが窺える。

日本赤軍にほんせきぐん、Japanese Red Army 略称JRA)は、共産主義者による新左翼日本人による左翼ゲリラ武装組織、およびその隠れ蓑とされている賭博施行団体である。

概要[編集]

体裁[編集]

テロ活動のための資金源として、主に国内10ヶ所において競馬と呼ばれる賭博行為を開催し、売上金および馬主からの上納金によって収入を得ている。

その際、表向きは日本赤軍主催ではなく「日本中央競馬会」(Japan Racing Association、略称JRA)として活動している。JRAの地下組織は日本国内以外にも存在しているとされ、現時点ではフランスアルゼンチンなどにおける活動が確認されている。

公式に表明してはいないものの、背後に法に抵触するテロ組織があることが周知されているにも関わらず、JRAに監査の手が及ぶことは少ないとされる。これは「競馬法」により背後組織との関係が問われないこととなっているため、またNHKマイルカップダービー卿チャレンジトロフィーなどの著名な競走による賭博が既に国民的行事として一般に定着しているためなどの理由からタブー視されている。

現在、新たなる金蔓を増やす目的で、競馬におけるエンターテイメント性を増加を狙って、参加条件は「馬に似せること」で馬に限らず「キリン」「シマウマ」といった別種での参加の承認が計画されている。その予備行動の一環として公式サイトにて「JRA JAPAN WORLD CUP」が公開されている。

たまにJRA銀行などと呼ぶ者も存在するが彼らは預金をするだけで引き下ろせた試しがないと言うことを忘れてしまっている。

サッカークラブ[編集]

JRAは競馬によって資金を増やすと、サッカーへの進出を始めた。 JRAサッカー部は、GK奥平純三、DF丸岡修、MFの和光晴生、西川純、FWの岡本公三などのスター選手がそろっていた。

調子に乗ったJRAは、他の選手を獲得する為に選手たち自ら飛行機や大使館などへ行き、獲得交渉などを行った(例:クアラルンプール、ダッカ等)。 そんな努力も甲斐あって、連合赤軍からMF坂東國男、東アジア反日武装戦線からGK佐々木規夫らを獲得することに成功した。 試合のかたわら、JRAはサッカーでも賭けを始めるようになる。のちのサッカーくじの元となった行為である。

思想・理念[編集]

富裕層・王権の打破を第一に掲げており、度々アメリカ帝国などへの国際テロ行為に及んでいる。近年では2006年オーストリアにおけるデルタブルース事件は大きな波紋を呼んだ。

2004年には船橋市を支配するアラブ首長国連邦を敵性国家と指定、徹底弾圧を宣言する。2006年には「ナドアルシバの悲劇」と呼ばれる大規模テロを発生させ、総額300万ドルの損害を発生させている。

一方で、『天皇賞』『高松宮記念』等の皇族を冠した競走が存在することも確認されている。左翼ではあるが、天皇制を否定しないという特異な思想を持ち合わせており、組織内に内部分裂を疑う見方もされている。

メディアへの露出[編集]

また、1970年代には活発なアイドル活動を行っていた。例えば、よど号をチャーターして北朝鮮までライブを行おうとしていた。当時はとても人気が高く、一部の人しかライブチケットを買うことができなかったため、ドッキリとして何の予告もなしに選ばれた乗客だけが行くことのできるライブツアーとなっていた。しかし、北朝鮮にも気に入られてしまったため、帰ることができなくなってしまった。北朝鮮政府は、無作為に選んだ日本人を、ライブに招待していた。しかし、いつまでもライブが見たいゆえに、いまだに帰国していない。(2000年代になって、ようやく数名帰国したという。)

沿革[編集]

  • 2000年 - リーダーの重信房子が逮捕されたが、このことは日本赤軍の豊富な資金源を国営にして赤字債務の返済に充てようと画策した日本政府の陰謀であるとの説がある。
  • 2006年 - フランス・パリ郊外の厩舎にてイプラトロピウムが検出され、JRAによる薬物テロが発覚、未遂に終わる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連組織[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JRA」の項目を執筆しています。

有名な競走馬[編集]

関連項目[編集]


Hammer and sickle.png この項目「JRA」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)