JR神戸線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
兵庫駅の電光掲示板
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR神戸線」の項目を執筆しています。

JR神戸線(ジェイアールこうべせん)とは、東端とその隣以外は兵庫県にある、大阪駅から神戸駅を経て姫路駅までのJR西日本の路線である。ちなみに、姫路駅以西は正しくはJR神戸線には含まれないが、ここを走る電車の一部が播州赤穂駅もしくは上郡駅まで乗り入れるので、ここではその区間も含めて説明する。

概要[編集]

JR神戸線とはJR誕生後の愛称であって、正式な路線名ではない。しかし、路線の区間から推察すると、JRが画策する真の営業戦略を把握するのは容易である。つまり、姫路までが真に重要な基幹路線であって、姫路より先、つまり姫新線播但線アボーンネットワークの一部としてダイヤを漸減させ、やがては…という長期計画を読み取ることができる。

列車種別[編集]

車両は山陽本線の項目を見て欲しい。

新快速芦屋市西明石を除き、本当の主要駅にしか停車しない。これは、琵琶湖線とは決定的な違いである。また、新大阪から姫路までは新幹線を使ったほうが半分の時間で着くが、庶民は誰も気にしない。ちなみに快速は、長田区以外の領土には最低でも1駅ずつ停車する。

大阪~神戸[編集]

この区間は阪急神戸本線阪神本線との競争になるが、新快速を使う方が断然早いが、心持ち高い。しかも阪急や阪神の特急と違い、西宮には新快速が止まらない。尼崎と人口10万人以下の芦屋には止まるくせに。最近、阪和線よりグモが多発している。

神戸~明石[編集]

神戸から先は実は東海道本線ではなく、山陽本線である。ご注意。この区間は神戸高速鉄道山陽電鉄本線との競争になるが、そちらを使うのとJRの普通電車を使うのとを比べても所要時間はほぼ同じ、しかも前者のほうが運賃は高い。迷わずJRを使いましょう。ちなみに須磨~明石間では、瀬戸内海淡路島明石海峡大橋がよく見える。須磨~塩屋間に至っては海沿いを走る。だが、新快速は神戸から明石まで10駅もノンストップなので、一瞬でここを飛ばしてしまう。 ここで運転見合わせが起きるとJRは大騒ぎするがね庶民は「別に山電使うからいいわ。」と誰も気にしない

明石~姫路[編集]

山陽電鉄は神戸線と線路の離れるここから海岸線で本気モードに入る。一方、こちらは何故か少し内陸へ走っていく。当初は明石海峡を渡れない艦船の襲撃予防と考えられていたが、最近の研究によりこの辺りにネタの駅を量産するためだったことが判明した。

姫路~相生~播州赤穂・上郡[編集]

厳密にはもうJR神戸線ではない。だが、姫路で終点ではない電車があるので、蛇足だが説明する。ここまで来ると、それまで本当の主要駅にしか停車しなかった新快速が突然各駅停車に変わる。多くは姫路の3つ隣の干されにいくためだ。相生から西は、近年の改正により90%の電車が浪士の街まで入るようになった。しかし、乗客減少で2016年から昼間の新快速がすべて姫路で強制終了してしまった。山陽本線へ行く10%以下の列車も2つ隣の上郡で完全に終点である。昼間走る相生 - 上郡の区間列車は数年以内に廃止される予定である。上郡から走る智頭急行の文句は誰も気にしない。

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「JR神戸線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)