JR東日本E231系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Souji.png
2ちゃんねる警告
この記事は2ちゃんねるに精通した人しか面白さを理解できない内輪ネタのようです。
2ちゃんねるネタを2ちゃんねるネタであると理解できないと(この記事を楽しむのは)難しいんだな。
記事を改良しないといけないだろ、常識的に考えて……
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

JR東日本E231系電車(ひがしにほんりょかくてつどういーにーさんいちけいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流一般型電車

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR東日本E231系電車」の項目を執筆しています。

概要[編集]

常磐線のE231系。

乗客の詰め込みすぎが事件の遠因となったことから国鉄は反省し、「車体設計は4ドア・ロングシート」という当時としては斬新な近郊型車両を製作しようとした。ドア数と収容人数を増やすことにより、ラッシュ時でも乗り降りがスムーズに行えるような車両を製作しようとしたが、当時の国鉄は未曽有の大赤字に見舞われることとなり実現はされなかった。結局、上尾事件によって破壊された車両の穴埋めで配備された車両は3ドア車の211系電車であった。

また、従来国鉄やJRで使用されていた電車は、運転がしやすく「バカでもチョンでも」といわれた新性能電車であったが、それは以前の爆音汚物車との比較の問題であり、常にあちこちを分解して修理する必要がある問題は残ったままであり、整備に莫大な予算を必要としていた。低コストを命題とした車両製作は急務とされていたのである。

JR東日本へと民営化されてからも国鉄時代の赤字を引きずっていたことによる予算不足のため、投入は見送られていたが2000年平成12年)3月になってようやく投入されることとなった。なお、彩の国さいたま上尾市などでは前述のコンセプトで製造されたため、戦災復興車という名称で呼ばれることが時々ある。

主な特徴[編集]

それまでの旧型車は、多数の職員が寄ってたかってボルトやナットを片っ端から外すことでばらばらに分解でき、その結果として元に戻せなくなった例が続出して、整備する上で問題となっていた。また、昭和初期以来、車体を鉄やステンレスといった硬くて卑猥な材料で作るようになったため、満員電車のようなエクストリームスポーツの会場としては不適切とされた。

同車は、最初から分解不可能なの寄せ集めで製造されており、おおざっぱに部品を取り替えれば簡単に動くようになった。伸縮自在な構造となったことで、車両が30度くらい傾くほど人間を押し込んでも、車体が左右に6cmほど膨張して内圧を逃がす構造となっている。

問題点[編集]

前身となった「走るんです209系電車にも共通するが、部品のX-BOX化によって改造個所が限られているため、ガムの銀紙を挟んで無理やり赤信号を突破するなどの荒技が不可能となった。またボルスタレス台車のため複線ドリフトなどのテクニックも使用できない。これは京急との競技において大きな問題となった。 鳴り物入りで登場した伸縮車体であったが、実際には膨張したまま元に戻らない例が続出した。現在走行しているE231系は、大部分が車体が膨張したまま運用されている。 車内の液晶はたまにフリーズしてWindows、極まれにMacintoshの画面が映っている。

主なスペック[編集]

機器構成[編集]

動力性能は 機嫌がよければ最高速度90km/hであり、VVVFインバータ機器の性能向上と主電動機の強化によって209系と同等の加速力を維持しつつ、最高速度90km/h(年に何回か)を達成した。近郊型ではドーピングにより120km/hを出し、いつ壊れてもおかしくない。現に横浜駅で壊れた車両を回収したことがある。

ドーピングの反省からスーパー走ルンですにおける130km/hテストを敢行した結果、後継のE233系ではモータ出力を上げ、ギア比を高速運転向けに変更、機器も二重化、シートは柔らかくしてしている。徹底的にケチったのは何だったんだろう。

車体設備[編集]

E231系は、車体形状や装備の違いにより、椅子が硬いタイプと椅子なしタイプ、申し訳程度に椅子が柔らかくなったタイプの3つに大別できる。通称走るんです2ともいう。

0番台[編集]

巨人vs. 阪神戦の阪神ファン専用電車。まんなかとおってるのに忘れられてる方の黄色い路線で走っている。走るんですの先輩の500番台のそっくりさん。あっちは頭が白く、こちらは輝くメタリック。本人いわく、先輩には負けたくなかったんで、輝きを求めた、らしい。集合するときもい。先輩の試しに作ってみたverがまさかの仲間入りしてきやがった。まぁ、大して変わらないから別に。600番台の運搬役に任命されたり戻って来たりしてたやつもいる。都会働きなのでもちろん膨張してます。

ド田舎方面の路線でも仲間が走っているが、茨城の入り口で門前払いされてしまうなど性能は褒められた物ではなく、その反省から予定数を調達した後は後述するスーパー走ルンですの量産に切り替えている。と、思ったが最近数編成黄色い路線から逃げてきた。

500番台[編集]

まあるいみどりの路線で働いてる子。膨張しすぎ。毎日色々貼っつけられてる。別名動く広告。こないだ某文化系部活アニメの犠牲になったり,お客によって投げつけられたゴミでオール茶色にされたやつもいた。初めてTVがついた。6扉の子は、ホームドアの邪魔にされて交換された。でもって長野まで運ばれた挙げ句重機の餌にされた。享年5くらい。ホント可哀想な子。

最近になって、ぐるぐる回るのはいい加減飽きたと愚痴を漏らした奴が黄色い電車となって千葉と三鷹を往復運動している。

600番台[編集]

山手線に2両組み込まれた6扉車両を置き換えるために造られている4扉の付随車。外観はE233系に近い。4600番台の仲間もいる。置き換えられた6扉車両は、年端もいかないのに長野市で屠殺されているという。オリンピックかっこつけのためまだ新しいのに暴走るんですの縄張りに飛ばされたり首都圏内のローカル環状線に飛ばされるらしい。

800番台[編集]

完全に忘れられている、膨張していない車両。 形からして中央本線の狭いトンネル用かと思いきや、実は地下鉄直通用の車両である。 実はこの顔つきには、着ている洋服が違うだけで容姿が全く同じの、209系1000番台が存在しているが、住んでる場所もマラソンしてる場所も苗字も違うので、繋がりは無いようだ。

1000番台[編集]

E231系唯一の近郊型。宇都宮・高崎線に先行導入され、先頭形状の変更や二階建てグリーン車の導入でグレードアップを図るも肝心の性能は低く、挙句の果てには中間連結器が故障しマミったり、その上デビュー直後に淘汰するはずだったボロの113系にフォローしてもらわなければ走れないほどの甚大なトラブルを引き起こすなど恥をさらしている。

その後の東海道線向けからは座席の改良その他諸々の改善を施した事でそれなりの性能となったが、宇都宮・高崎線のお古の中間車を流用して製造コストをケチってたりと地味に嫌らしい。

そのおっとり系なモーター音に萌えるキモヲタが割と大勢いるとか何とか。 しかし、そのおっとり系なモーター音も数を着実に減らしていて、キモヲタ達は嘆き悲しんでいる様子。

3000番台[編集]

小田急でよく見られる。小田急は全面否定しているが、7次車以降があからさまに走ルンですである(特に内装)。ちなみにドアチャイムは小田急お手製である。

8000番台[編集]

南海本線でよく使われる、関西初の走ルンです。本人曰く、やさしいがうれしい塩害魔王を駆逐するために量産されているようだ。

10000番台[編集]

相鉄線でよく見られる。 新津製の車両はよく壊れる。

10300番台[編集]

都営新宿線でよく見られる。 たまに先頭車だけが新しく見えるものも来るが、実際には中間車は使い回し京王相模原線に遠征し、E233系6000番台とたまに顔を合わせる。

スーパー走ルンです[編集]

通称「E531系」。1000番台で恥を晒した経験から、走ルンですVer.2.5として一部機器の二重化と高速性能の強化を図り、オマケに交直流対応装備まで取り付け、更には筑波のターミネーターに対抗すべく当時の束の普通車両では前代未聞の最高時速130km/h運転(コレ重要)をも可能な性能まで持たせたエクストリームモデル。特急車両並みの性能を持たされたため、この名が付いた。

シートの柔らかさと幅の広さを改善したことで居住性の底上げも図り、最高時速130km/h運転の衝撃に備え台車にはヨーダンパまで標準装備。交直流関係無しに走れる汎用性を誇り、何よりデッドセクションで電気が消えなくなった(コレも重要)。安定性もそこそこ。当初は二階建てグリーン車は存在しなかったが、チバラギ民の酒飲みから宴会用車両の要望があったことから後に追加された。現在は我孫子駅を通過するが、水戸にはいかない常磐特快として活躍している。

走ルンですシリーズにしては異常とも思える豪華な仕様で、比較的まともな設計を取られたかと思われがちだが、4M6T+2M3Tで最高時速130km/hの性能と言う時点でなにかがおかしい。モハよりサハの比率が上で、しかも内二両はグリーン車なのに大丈夫なのか。

その性能に自信を付けたのか、挙句の果てには最新鋭お召し列車のベースにコイツが選ばれてしまった。

ぶっちゃけ、事実上のE233系の試作品である。

関連項目[編集]


Keiyolinenewcommutertrain.jpg この「JR東日本E231系電車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)