JR四国2000系気動車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

2000系気動車(2000けいきどうしゃ)とは、JR四国が保有する特急列車。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR四国2000系気動車」の項目を執筆しています。

概要[編集]

8両編成が基本である。1号車の次に3号車がきていたり、グリーン車があったりなかったりなんてのは気のせいだ。条件さえ整えばを飛んでいるように見える。もちろん中から見たときだが。形式名が「2000系」とJRにとって初めての四桁(私鉄っぽい付け方)であり、普通の私鉄にJR四国は転落したと言える。

なお2091編成は8両編成のうち中間の4両がN2000系改・ガスタービン仕様車となっている他、振り子傾斜角もアップしており、「SHIKOKU ISLAND INTERCITY 2000GT GAS TURBINE DRIVE」の異名を持つ。 ガスタービン車を起動しない状態だと加速・最高速共に低いが、一度ガスタービン車を起動すると最高速度が140km/hから179km/hに跳ね上がる。流石はJR四国。 ところが140km/hを超えると、振り子を使っても脱線するコーナーが出て来る。かと言ってドリフト性能は最悪なので、もうわけがわからないよ

近鉄奈良線では標準軌台車に換装した上で阪急2000系バトルを繰り広げたが、難波で見事に事故った。

性能[編集]

陸上[編集]

  • 最高速度 200㎞/h ぐらい。

機動車であるため加速は遅いが最高速度はばかっ速い。単線区間を恐怖のスピードで駆けてゆく。シャフトが壊れているためブレーキが利きにくい。例の傾く振り子台車を採用しており、急なカーブでも120km/hぐらいのスピードで走行できる。しかし、阪急2000系複線ドリフトに劣っているのは事実である。

飛行中[編集]

この列車は空を飛ぶことができる。最高速度は陸上と同じぐらいである。しかし、がないためまっすぐにしか進むことができない。あとは、ブレーキが利かなくなる。そのためカーブ前で着地する。振り子台車で台車だけ着地させ、後から車体を着地させる。着地地点の調整もできないためあらかじめ着地地点を予想する必要があり、線路のある場所に着地するように飛行前から調整をする。いわゆる、「土讃線スペシャルライン」というやつだ。JR四国の乗務員はこの技術を得るために血を吐くような訓練を行う。

共通[編集]

編成 8両編成、ディーゼル4両、ガスタービン4両のハイブリッド構成
起動加速度 20~25キロ/時
常用減速度 25キロ/時
非常減速度 50キロ/時
コーナー 良い
ドリフト すんごく悪い

運用[編集]

「くろしお」や「宇和島」、「南風」として活躍している。旅客機としても運用出来るが、他の旅客機との速度の差から控えているのが現状である。また時折社員が、中間車を抜いたり入れたりしている。
また、夜になるともくもくと煙を上げてレースを始めるのだとか。

戦歴[編集]

中国、四国地方では負けなしだったが、近鉄奈良線で阪急2000系とバトルをした時は見事敗北。理由は、改造のし過ぎで車両に負担をかけたため。

ドライバー[編集]

2091編成 イケメンでスレンダーの男性
その他は知らん。

設備[編集]

半グリーン車
一編成につき、指定席のオマケみたいに一車両半分だけグリーン席を設けている。もっとも、それすらないこともあるが。やはりJR四国はお金が以下略
トイレ
一部を除き和式である。理由は地域性を重視したため。
ドア
時速5kmになると自動でドアがしまる。これで車掌の負担を減らしている。

ラッピング列車[編集]

3両目辺りはラッピングされていないかもしれないが、気にしてはいけない。

この列車で有名なのがアンパンマンのラッピング列車である。バリエーションも豊富であり、ラッピングもかなり本気でしている。やなせたかしさんに頼りきっている四国地方の現状が伺える。普通車指定席部分はアンパンマンシートとなっていおり、車内チャイムもアンパンマンのマーチになっているなど、やはり本気であるかに見せかけてそうではない。実は全くラッピングされていない車両が組み込まれている可能性がある。

関連項目[編集]


Keiyolinenewcommutertrain.jpeg この「JR四国2000系気動車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)