国際航空相撲連盟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ISAFから転送)
移動: 案内検索

国際航空相撲連盟(こくさいこうくうずもうれんめい :International Sumo-Aircombat Federation)は、アフガン航空相撲の世界的な競技団体である。略称はISAF(アイザフ)。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国際航空相撲連盟」の項目を執筆しています。

立地[編集]

本部はオランダのハーゴンにある。実質的な競技会の運営はアフガニスタンのカブール国際空港に隣接するアフガン国技館にて行われており、放映権などの事務も大部分がここで行われている。

日本の参加問題[編集]

現在、日本角界は、日本国拳法などとの整合性に問題があるとして、正式には航空相撲への参加や国際協力を行っていない。旧スポーツ平和党から合併した民主党の小沢代表は、日本の平和主義に基づく国際参加として、国際スポーツへの参加を訴えており、大相撲の航空相撲に対する参入を呼びかけた。

非公式の協力[編集]

しかし、一部週刊誌の報道によると、日本相撲協会は1987年ごろからアフガン航空相撲の研究を始めており、1991年の湾岸戦争を機に、将来の日本角界参入を目指して国際航空相撲連盟と非公式に協議を開始した。

その後、2001年の同時多発テロ事件とテロ戦争の際に一時両者の交流は途絶えていたが、戦争がほぼ終結した2004年ごろから合同の空戦訓練を行うなど非公式に交流を開始しており、日本人新弟子の訓練受け入れなども行っていたという。

時津風部屋新弟子墜落事故[編集]

2007年3月ごろ、時津風部屋に所属する新弟子が飛行訓練の際に脱走し、脱走者を取り締まる現地の担当者に撃墜され死亡したとされる。2007年9月ごろには週刊誌報道でこの事件が明るみとなり、時津風部屋の親方が解任された。しかし日本相撲協会およびISAF、時津風部屋は撃墜説を否定し、ぶつかり稽古の際に空中衝突を起こし墜落死したと公式に発表した。新弟子の残骸からは、飛行には必要ないはずのアイスピックやビール瓶などが発見され、墜落の原因について様々な憶測を呼んでいる。

民主党の反応[編集]

民主党党首は、2007年の参議院選挙勝利後、日本のISAF参加を強く訴えており、これに対して自民党は集団自衛権の行使にあたりテロ対策法に違反するとして参加に慎重な姿勢を見せている。上記の墜落事故から、日本角界でもISAFへの参入について否定的な意見が多い。