人工多能性幹細胞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
IPS細胞から転送)
移動: 案内検索
iPS細胞

iPS細胞(あいぴーえすさいぼう)とは、に抗う愚民どもが生み出した、何にでも生まれかわることができるという、なんかものすごい細胞である。インモラル・ペット・セックス細胞のことで、インモラルアニマル、つまりアブノーマルプレイを促すことが知られている。

概要[編集]

iPS細胞はホモレズロリコンなどのアブノーマルな性癖の持ち主の方々のために作られたといっても過言ではない。何故かと言えばiPS細胞を用いることで男性から卵子、女性から精子を作ることが可能で、生理前のようじょでも妊娠することができる。このことからiPS細胞の開発者はなかなかのご趣味であることが窺える。しかしながらiPS細胞を使うことで今まで治すことができなかった病気を治せるということで、ますます高齢化社会を進行させるということに気付いたのは開発後だったようで、開発者は現在非常に後悔している。

性欲はこのようになっていて自分の卵子と精子がつくれるので自分ひとりで増えていくことも可能である。また自分のバイオエネルギーがつくれるので飲まず食わずでも生きていける。さらにプログラム細胞死した部分に自分からつくった細胞で代替することによる不老不死も可能である。睡眠欲だけはなかなか解決しない。何故ならば iPS で自分だけでパートナーも食物もなく性欲と食欲が満たされて、必要性のなさによる寝たきり状態になり睡眠欲だけは開発されていない。STAP細胞では睡眠欲を解決できるという嘘のせいで失敗した。

iPS細胞ができる10年くらい前にES細胞(エロステータスさいぼう)というものがあったがこちらはアーン♥♥することで生み出された卵を原料とすることからいろいろな問題により実用化が難しかった。このことから開発者らはなんとか自分たちの性欲を満たすための技術を生み出さんとして82時間トイレにこもり、美味しんぼ100巻を読破したり色んな思考を巡らせたりした結果、iPS細胞の作製方法(後述)を考案した。この間の食事はお察し下さい。ちなみにこの「iPS細胞」という名前でなぜ最初のiが小文字かというと、開発申請時にCaps Lockがかかっていることに気付かず入力したためiが小文字になってしまったけど、このことを言い出せず、iPodにあやかったというバレバレな嘘をついた。

作製方法[編集]

前準備
  1. 色んな液を購入・調製
    予算」参照。
  2. どっかの国のネズミの皮を入手する。
    妊娠したネズミの四肢を切り裂き腹を開いて中の子供を取り出す。まるであの人のように...
手順
  1. 人の皮をはぎ取る
  2. 栄養満点の砂糖水で煮込む
  3. ウイルスをばらまく
  4. コショウ醤油、いくつかの魔法の種で下ごしらえする
  5. ネズミの皮を敷き詰めた鍋に移し、栄養満点の砂糖水の中で更に煮込む
  6. 不思議な魔法を唱えるとあら不思議!iPS細胞の出来上がり♪

問題点[編集]

iPS細胞は変なものに変わることがある[編集]

どういうことかというと、iPS細胞を長期間煮込み続けることで肉質が変わってしまう。豚肉を煮込みすぎて角煮みたいになるようなものである。ロリを作るつもりが熟女をつくるようなものである。これはゆゆしき問題だ。

iPS細胞はさみしがり屋である[編集]

細胞がある程度増えてくるとギュウギュウになってしまい、まさに痴漢列車となる。これを防ぐために新しい住処に移動させる必要がある。その際、細胞1つずつをバラバラに移動させてしまうと淋しい症候群が発生してしまうため、そのまま息絶える。まるで1匹残されたウサギのように..

倫理的問題[編集]

男が妊娠て男の娘の進化版か?みたいな意見が飛び交っている。何をやってもこれが付きまとう。いい加減にしてくれ!ぶっちゃけ倫理なんてなくなってしまえばいいのに

予算[編集]

iPS細胞の樹立、及び維持には莫大な予算が必要である。

ウィルス
200,000円くらい
アミノ酸などの栄養が入った砂糖水(500mL)
29,000円
フィーダー細胞(5vial)
42,000円
インキュベーター
1,000,000円くらい
アブノーマルな生活
プライスレス

実用例[編集]

プロジェクトF
オレンジ博士らが人工生命体を作る際にこの技術の一部が使用された。
身体の再生
緑の人たちは我々人類のはるか前に開発していたようだ。これに関して特許の問題が発生している。
復活・再生に関する魔法
ドラゴンクエストにおけるホイミやザオラル、ファイナルファンタジーにおけるケアルやレイズ、更には痛いの痛いの飛んで行けにおいてもiPS細胞が応用されているという噂がある。

大量培養法の確立[編集]

このたびプロジェクトの一環として、本細胞の大量培養法が確立された。方法としてはなんかおっきな筒状のタンクにiPS細胞をぷかぷかと浮かべつつねるねるね~るねの要領で撹拌することによってあら不思議!ものすごい数のiPS細胞ができちゃった♪

STAP細胞との比較[編集]

STAP細胞との比較について議論されている。しかしこれに関しては無知なマスコミによる知識不足や勘違いがほとんどである。

STAP細胞のほうが作製が簡単?
そんなことはありません。コツとかはなく、世界中で成功しています。もっと勉強してから質問してください。
ガン化しやすいって聞いたけど?
それ何年前の話ですか?もっと勉強してから質問してください。
なんか開発者の論文も疑われているようですが?
誰かさんと一緒にしないでもらいたい。もっと勉強してから質問してください。

そもそも存在するかどうかもよくわかってないSTAP細胞と比較すること自体が間違いなようである。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「人工多能性幹細胞」の項目を執筆しています。


又吉イエス顔写真.jpg 人工多能性幹細胞は腹を切って死ぬべきである。また人工多能性幹細胞はただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
人工多能性幹細胞を笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)