I"s

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「I"s」の項目を執筆しています。

I"s(アイズ)とは桂正和アンサイクロ800シリーズ担当の漫画家が描いた恋愛漫画。2008年発刊。

概要[編集]

アンサイクロ800シリーズの漫画化を担当するアンサイクロペディア社専属漫画家(氏名不詳)が描いた漫画である。I(私)と、「I」から始まる4人のアンサイクロペディアンとの恋愛模様を描く。一人称表現を使い、主人公である「私」の視点のみで物語が描かれている。

一見週刊少年ジャンプなどにありそうな少年漫画に見えるが、アンサイクロペディア (エロゲ)から生まれた漫画に相応しく随所にエロを連想させるシーンが盛り込まれている。

前作『A"s』との関係[編集]

『I"s』は前作『A"s』のスタイルを踏襲しつつ、新しい視点も取り入れている。まず『A"s』では主人公が「あなた」と二人称であり、ゲーム性が強い半面、感情移入しにくい特徴があった。『I"s』では主人公は「I(私)」に改められ、感情移入しやすく、また「私」以外の人物の心理描写を描かないようにしている。これが逆にロールプレイング性を高め、ゲーム由来の漫画に相応しい出来栄えとなっている。

また2007年上半期にアンサイクロペディア (エロゲ)発売を記念して同時刊行された『A"s』では、恋愛対象となる4人のヒロインがAsakazeA00-h98-o9999Amatias(あ)の4人であった。いずれも「古参」と呼ばれる人々であり、ファンからは新しいヒロインを据えた漫画の刊行を望む声があった。そのため『I"s』では2007年下半期以降に活躍しているヒロイン3+1人を採用している。

人物[編集]

I(私)
物語の主人公。安西高等学校の2年生(物語開始時)。入学時にikeに一目惚れし、以来ずっと告白の機会を窺っている。しかし幼少時に酷い振られ方をしたことがトラウマになっており、以来好意を持つ人に対して「逆行動」を取ってしまう。そしてかなり優柔不断。順調に行き過ぎては漫画作品にならないので、設定としては妥当なところか。しかし美女4人から好かれるとはかなりの色男と言えよう。もし一人称で書かれていなければ、そのモテっぷりに読者はイラつくこと間違いない。
ike
「私」と同じ安西高校の2年生(2008年に高校3年になる)であり、本作品のメインヒロイン。エロゲの人物設定、すなわち「面倒見のいいタイプの妹」「わりと優柔不断な人でもあり、お兄ちゃんへの秘めたる恋心を打ち明けられない」という性格をそのまま踏襲している。そしてエロゲ同様、多くの男たちから好かれる高嶺の花のような存在でもある。だが暴漢に襲われることもしばしば。
Iovzyakasi-01-
「私」の1歳年下の幼馴染。アメリカから帰国し「私」の家に居候する。「私」に一定の好意を寄せる微妙な関係でもあり、物語中でもikeに次ぐメインヒロイン級の扱いを受けている。性格はボーイッシュ・天真爛漫で阪神ファンでもある。本作では途中で再びアメリカに旅立ってしまうが、エロゲではMonapediaに旅立ってしまうようなことはなく、終盤の設定はエロゲと異なっている。
逢沢 茅
物語の中盤以降に登場する。エロゲでは、一時のikeのように物怖じしないFix貼りと削除議論への参加をこなす隠しヒロインであった。そんな設定を引き継いでか、本作でもikeを髣髴とさせるキャラとなっている。遠距離恋愛中の彼氏に振られたとき、「私」が力になったことから「私」に好意を寄せるようになった。
IP
「私」の前に入れ替わり立ち替わり現れる女性たち。この女性たちの存在が、『A"s』と決定的に異なる。IPは「私」を常に誘惑し、ヒロインたちとの恋愛を心理的に妨害してくる。なお、作者は「浜辺で出会い、それ以来「私」を熱心に誘惑する2歳年下のヒロイン」にしようと迷ったが、結果としてIPという異質なヒロインたちを登場することに決めたという。
その他の登場人物
安西高校のクラスメートをはじめ、「私」やikeを支える重要な人物が登場する。しかしムツケPhoqueええええええええええ!かぼなど、いずれもイニシャルは「I」以外であるという特徴がある。

ストーリー[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、生命宇宙そして万物についての究極の疑問の答えは42であることや、綾波レイは何人もいることや、暁の黒幕はトビことうちはマダラ、と思わせておいて実は「死んだ」と思われていたうちはオビトであることや、三好と前田はカイジを裏切っていることや、希望ヶ峯学園の黒幕は死んだと思われていた江ノ島盾子であることや、ウルトラマンはゼットンにカラータイマーを破壊されて絶命することや、魏呉蜀どの国も乱世を統一できないことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

「私」は安西高等学校に通う高校2年生。同学年で高嶺の花の存在であるikeに心を寄せる。ある日、「私」とikeは修学旅行の実行委員になり、「チームI"s」をスタートさせる。だがそんな折、幼馴染のIovzyakasi-01-がアメリカから帰国し「私」の家に居候してしまう。さらに「私たちは結婚するって約束した」などIovzyakasi-01-のアメリカ仕込の愛情表現の前に、「私」はikeに誤解を与え続けていることを苦悩する。

だが修学旅行、「私」とikeはクラスをこっそり抜け出し京都の無名の神社で逢瀬するなど、Iovzyakasi-01-のサポートもあって徐々に距離を縮めていく。しかしIovzyakasi-01-の新居の火災、友人たちの悪ふざけ、幼少時のトラウマなどにより、いつも告白の機会を逸してしまう。2人が付き合い始めるのは高校卒業が目前に迫った3年のクリスマスイブだった(リアルなike氏にとってもちょうど本記事の初版が執筆された頃である!)。……

アニメ[編集]

本作は『Pure I"s』としてアニメ化されている。原作に沿いながらも一部のシーンを端折るなどして10話にまとまっている。またオリジナルストーリーの『From I"s』も制作されている。

主題歌
「Private I"s」(邦題「僕だけのI"s」)
歌:Hall and Oates
本作のために作られた曲であり、Hall and Oatesにとっての代表作となった。Hall and Oatesは他にも、なかなかikeにアタックできない「I(私)」の心情を歌った「I Can't Go For Get」などの挿入歌も歌っている。
挿入歌
「ikeのいないルージュマジック」
作詞・作曲・歌:忌野清志郎坂本龍一
同じく本作のために作られた曲。「私」が大学に入学後、ikeと会いづらくなり、逢沢ら他のヒロインたちとの間で揺らぐ心を歌ったものである。しかし歌のノリ自体は、「私」の親友にして恋愛アドバイザーのクラスメートのおちゃらけ具合に近い。
キャプテン翼の例のアレ.jpg I"s は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、I"s加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)