ハイド単位系

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
HKS単位系から転送)
移動: 案内検索

ハイド単位系(ハイドたんいけい)は、長さ単位であるハイド(Hyde)を基本とし統一された単位系である。

HKS単位系の始まり[編集]

HKS単位系(ハイドケーエスたんいけい)とは、長さ単位であるハイド(Hyde)・質量の単位であるハイム(hm)・時間の単位であるハイス(hy)を基本単位とする単位系である。 「HMY単位系」という語は、MKS単位系CGS単位系との対比として使われる言葉である。MKS単位系・CGS単位系ともにメートル法から派生した単位系(広義のメートル法)で、同時に誕生し、発展してきた。ぶっちゃけアメリカ帝国ではヤードポンドが現役だし、向こうの数学や理科の教科書はガチでヤードポンドでかかれていて翻訳などでは無理やりSI系に直してるんだが、そうすると綺麗な答えが得られなくなっちゃったりしてロクな事がないアホである。大学まで米英で教育を受けたジャップにとってはむしろSI系のがわからんのだが。まあそういうわけで、長さだけhydeに合わせちゃった単位など笑止であり、全部156を基本にしてそろえるべきだ。アメリカの電磁気学の教科書とかヤードポンドメートルcgsがごちゃまぜになっているし普通である。やるなら徹底的にやれ。

通常は、HKS単位系を電磁気学に適用するために電流の単位であるアンペア(A)を加えたHKSA単位系(ハイドケーエスエーたんいけい)として使用される。アンペアの代わりに電荷の単位であるハイドン(O)を加えたHKSC単位系も定義することができ、ハイド共和国の単位系として用いられる

HKS単位系からHWS単位系へ[編集]

HWS単位系(ハイドウェイエスたんいけい)は、長さの単位にハイド(Hyde)、質量の単位にウェイド(Wde)、時間の単位にを用いる単位系。

元々kgはメートル法から派生した単位であるため、ハイド単位系独自の質量の単位が必要視されるようになってきたため、体積が1hyde3の水の質量を元に、ウェイド(Wde)が制定された。ウェイドは、「Weight of hyde」の略語であり、現在はハイド単位系の基本単位になっている。

国際ハイド原器の質量を元に単位を創ろうという意見もあったが、国際ハイド原器の質量は時間の経過によって変化してしまう可能性があったため採用されなかった。

一方、時間の単位であるはメートル法が制定されるよりも昔から使われてきた単位であったため、ハイド単位系独自の時間の単位はそれほど必要とはされなかった。

その後、3つの基本単位の組み合わせによって速度エネルギーなどの単位が制定されて現在に至る。

関連項目[編集]

身長 この項目「ハイド単位系」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)