HEROMAN

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

HEROMAN(ヒーローマン)とは、「Gに最も有効なのは圧殺だろjk」という考えを基盤に組み込み、「地球がGを拒絶する」というコンセプトを持っているロボットアニメ。

最近のGに対し不甲斐ない戦果しか残せない殺虫剤への皮肉もたっぷり込められている。

概要[編集]

進化したGを、主人公の少女が最強のお人形さん「ヒーローマン」で殴り殺し、蹂躙してゆく。

ひたすらそれだけのアニメ。

Gが嫌いな人に見てもらいたい、スカッとするから」とか何とか作者がコメントしているが、敵がGという前情報の時点でそういう人種はこのアニメを見ないという根本的なミスに気付けなかった模様。

なお日本人の9割がそういう人種だったため、最初は8部構成の全50話予定が3部構成の全26話まで短縮された

結果、オープニングで自由の女神像がかなりのレベルで大変な事になっているが、本編に女神さんはワンカットも登場しない。なんだったんだアレは。

本作の制作陣のGへの憎しみは凄まじく、G軍団の首領は羽を引きちぎられ首をへし折られた後に殴り飛ばされたり、演出上仕方なくGと化してしまった主要キャラクターが最終的にどっかに吹っ飛ばされて生死不明のまま最終話のエンディングへ突入し、そのまま何事も無かったかのようにフィニッシュするというGへの憎しみだけで書き上げたようなラストになっている。

余談だが銀魂が放送終了した折りにその枠に入ったため、「こいつのせいで銀魂が終わった」と一部腐女子から実に不条理な不人気さを誇る。

あらすじ[編集]

アメリカ在住の美少女、ジョーイ・カーター・ジョーンズことジョジョ

彼女は友人が「ナンセンス!!」と言って投げ捨てた人形をゴミ箱から拾い上げ「捨てたんなら貰っていいよね」とか淑女にあるまじき行為を披露したが、日本においては「貪欲少女萌え」とかいう謎ジャンルを確立しただけでイメージダウンには繋がらなかった。これは「可愛い=正義」という事なのか、この国が変態の国というだけなのか。

とにかくそんなこんなでジョジョの所有物と化したお人形さん。

そんなお人形さんに「ゴキブリイヤァァァァァァァァァァァァァ」という地球の叫びが雷となって届き、地球侵略を目論む進化したG軍団、「スクラッグ」に対抗し得る兵器、「ヒーローマン」となる。

地球に襲来した大量のGを学生ライフの片手間に蹂躙するだけ!

女子中学生&大きめのロボットが織り成す、ほのぼの日常系ロボットアニメ。

人物[編集]

ジョーイ・カーター・ジョーンズ(ジョジョ)
貪欲な美少女。
残像が残る速度で歩いたり、気合でドーム状のバリアを貼れたりと、元々の戦闘能力はどこかの野菜並に高いが、虫が苦手なため、スクラッグと自ら戦ったのはヒーローマンが醜態を晒した最終決戦のみである。なおその最終決戦ではラスボスを一撃で葬る実力を持っていながらも、スポンサーの「玩具売りたいからヒーローマン活躍させろ」という意向に従い、程よくラスボスを嬲りながらヒーローマンの回復を待ち、トドメはヒーローマンに譲るという大人っぽい一面を見せた。
ヒーローマン
G人型兵器。溢れ出る脳筋ロボット。
主な戦闘手段はパンチ。たまに蹴る。
とりあえず殴るだけのヒーローマンアタック。
電気を身に纏い殴りかかるだけのヒーローマンブラスト。
巨大化して殴りかかるだけのヒーローマンオーグメント。
とにかく回転しながら殴りかかるだけのヒーローマントルネード。
なんやかんや殴るだけのヒーローマンマグネット。
上記の技の後にコンボでもう一回全力で殴るだけのヒーローマンフィニッシュ。
技数は多いものの、結局殴って潰してるだけである
喋れないが、「Gは殴って潰しとけ」と拳で語る。
なお後述のスクラッグのボスに対しては関節技を使用し首をへし折った。
サイモン・カイナ(サイ)
ジョジョの相方の女装男子。
左足を封印中。
ギターの腕前は大した物で、その音色だけでスクラッグを瀕死に追い詰めたり、警察を洗脳し自らの元に集める高等テクを披露した。
マシュー・デントン(ブルック)
興味本位でスクラッグを地球に呼び寄せた本作の超弩級戦犯。
わかりやすく言うと、どっかの駅でマンホールの中に殺虫剤まいた奴と同レベルの凶悪犯
ウィリアム・デイヴィス(ウィル)
スクラッグに殺虫剤で挑んだジョジョのクラスメイトの男子。微塵も役に立つ事なくスクラッグに捕縛され、改造された。
改造された後は事の他強く、結構活躍する。仮面ライダーバッドマンを混ぜ合わせた次世代ダークヒーローかと期待された。
しかし最終決戦で触手的な物に薙ぎ払われて谷底へ落ち、その後彼の姿が確認される事なく放送は終了した。
要するに持ち上げて落とされた
スクラッグ
宇宙のG軍団。
ゴゴール
スクラッグのボス。物語序盤で一度は死ぬものの、さすがはGだけあって終盤に巨大化して復活する。
なおVSヒーローマン(一戦目)では激おこ状態のヒーローマンに羽をブチブチちぎられるわ首の骨は破砕されるわ散々な目に合わされ、見事なアへ顔と土下座を披露する。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「HEROMAN」の項目を執筆しています。