Googolplex

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
これで396桁ということは、Googolplexを数字だけで書くというような無謀な挑戦は、してはならないということを示している。

Googolplex(グーゴルプレックス)とは、10^Googolであり、10^{10^{100}}でもある数。Googleの本社の名前Googleplexの由来になった単位でもある。

歴史[編集]

昔々、ある美しい国に暮らしていた自称数学者の親戚の友達の嫁の友達のアルカイダの知り合いの教え子の息子の恋人の父親のはとこ(要するに赤の他人)であった、当時9歳のちびすけが「1の後に疲れるまで0を書く」という暇つぶしにもならないであろうひたすら退屈な手首運動の結果として生み出されたと言われている。そのちびすけが原稿用紙156枚以上にもなるゼロの羅列を両親に見せたところ、彼らは真っ先に黄色い救急車を呼ぼうとしたらしいが、結局のところ例のちびすけが精神病院に収監されるようなことはなく、ただ「鉛筆無駄遣いしないで、ちゃんと勉強に励みなさい」と怒られただけで済んだらしい。めでたし、めでたしなのである。

この数について言えること[編集]

  • 無量大数(10^{68})よりも、はるかにでかい。ただそれだけを目指してひたすらゼロを羅列したのだから、当たり前である。はいはいよかったね。すごいね大きいね。がんばったね。よくできましたー、ぱちぱちぱちー。
  • Googolでさえもかなり大きい(1の後に100個もの0がある)のに、こんなものを作るとは、当時9歳のちびすけは、まさに報われない労働を成し遂げたといえる。
  • この世で一番一言で表せる数の中ででかい数。
  • もちろん、天文学的な数字である。天文学でも、こんなバカでかい数字は使い勝手が悪そうだが。
  • 数字だけで(記号とかを使わずに)紙に書くときは、それ相応の紙と、とんでもない量のインクを用意しなければならない。一言「Googolplex」と書けば済む話である。
  • 数字だけで書こうとしても、原子一つで1桁書いても観測可能な宇宙に存在するすべての物質をインクに変換してもこの数字は書けないという凄いのかどうかわかりづらい事が起きる。こんな数字を書いたという、ちびすけの頑張りをここに称えよう。
  • いずれにせよ、我々は使うことはないだろう。たぶん。
  • って言うか、こんなにゼロを並べたところで1=2の法則によって結局は1と等しい数である。つまり、ちびすけの発見したこの数字もまた報われない労働の一つして片付けられてしまい、誰も気にしないのであった。

これを作った当時9歳のちびすけに言いたいこと[編集]

  • こんなことをよく成し遂げた。あなたは、相当な忍耐力があるようだ。
  • でかい数字を書きたかったら、1や0じゃなくって9のみを使うことをおすすめする。 そうすれば、約10倍になるから。
  • 途中から数字の右上に小さく書くことをオススメする。こうすれば累乗っていって大きい方の数字を小さいほう(右上のほう)の数字分だけ掛け算した数を示すことになるから。

この数字が使えそうなもの[編集]

相当少ない(あるいは意味がない)と思われるが、ここにその数少ない一例を紹介する。

の量
誰が数えられるというんだ? やれるもんならやってみろ!
の数
これも無理だろうが、恒河沙(ごうがしゃ、10000000000000000000000000000000000000000000000000000)という数字があるように、理論上では数えられないこともないようなので、10世代分の人員と時間、そして膨大な容量をもった記憶装置を用意した上で数えてみるのも一興だろう。
空気
それは数えるのではなく、読むものである。

他の巨大数[編集]

この数字と同様、我々の使うことのなさそうな大きな数字を紹介しよう。

  • 無量大数···10^{68}である。Googolplexよりも、はるかに小さい。ちなみに、これの540000000000000000000000000000000000乗が1不可説不可説転になるんだって。
  • 不可説不可説転···10^{37000000000000000000000000000000000000}だって。仏教で扱う一番大きい数字。 というより、こんな数字を扱うとは、相当な額の金を信者から受け取っているのだろう。 一体、どんなことに使っているのやら。
  • グラハム数···10↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑10だって。よくわかんないけど。
  • Googol···10^{100}である。 当然、使う用途などない。
  • googolplexplex···10^{10^{10^{100}}}であり、結構でかい。しかしグラハム数より小さすぎる。ちなみにgoogolplexの10乗。

このようなものを作るとは、どうやら自称数学者の人たちはNEET並みに暇なようだ。

なんとこの数字よりも大きな数字がある(考えてみれば当然だが)。しかし、使う用途などないのは言うまでもない

外部リンク[編集]

  • グーゴルプレックス←手っ取り早く真実を知りたい方は、こちらへ。つまらない答えが、あなたを待っています。
  • グラハム数←こちらも上と同様、つまらない答えが、あなたを待っています。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「グーゴルプレックス」の項目を執筆しています。
この項目「Googolplex」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)