GReeeeN

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

GReeeeN(グリーーーーン)とは、4体組の音楽集団である。その外見や生態、生殖方法など一切不明の未確認生命体であり、その正体はに包まれている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GReeeeN」の項目を執筆しています。

概要[編集]

2007年に存在が確認され、その後も活発に活動している。しかしながらその実態を見た者は1人もおらず、わかっているのは4体で活動しているということだけである(しかしそれも最近の研究では怪しいのではないかと言われている)。「ズンドコベロンチョと同じ類のものではないのか」などと言う輩も現れたが、2009年オーガスタ・ブルブルオパーイ博士によって存在の証明が完了している。ただ、現在でもGReeeeNの正体についての議論は絶えず、様々な推測、憶測、妄想などが飛び交っている。

活動内容[編集]

ソウルのシャウトをポエムにしてメロディーに乗せることである。とくに彼ら(?)の書くポエムは人間のハートに直接ダイビングするようで、非常にイントレスティングである。曲調は様々で、その日の気分で女を決めるように、1曲ごとにころころ変わるのが特徴だ。

目的[編集]

これについては様々な説が存在する。しかし2014年に藤田ニコル氏提唱の「GReeeeNは音楽を通じて人間とおともだちになりたいのではないか」という説が共通認識となりつつある。音によって洗脳するという説も根強く残ってはいるものの、「GReeeeNに洗脳されるのなら本望だ、ぐへへへへへ」という人間が大多数となった現在では意味をなさなくなっているようだ。

正体についての研究[編集]

正体については日々主に2ちゃんねるなどで激論が繰り広げられている。その内容はジョイスもびっくりという異次元のものであり、張り合えるのは国際GReeeeN研究機関「IGNI」だけであるといわれている。各国、国力のすべてを注いだ割に結果が出ない悲しい組織である。

正体についての説[編集]

古今東西様々な説があるが、その中で有力と思われるものを紹介する。

  • 宇宙人説。現在最有力であり、具体的にはシュレックであるという説が一般的である。
  • ぼっち説。実は一人ですべての作業をこなしているという説である。ずっと引き籠っているために、正体が誰にも知られないという理屈だ。しかし人間かどうかはまた別問題である。
  • 女性説。文字どおり女性がGReeeeNだ、という説である。しかしながら女性はこの世に存在しないことの証明が完了しており、この説は現在は下火になっている。
  • 何らかの事情で顔が出せない人間説。ぼっち説もこの説の派生である。しかしほかの説は見るに値しないといえる。ほとんどが妄想の域を出ておらず、GReeeeNという文字から連想して、「GReeeeNは歯医者さんである」などと言うキチガイも現れたほどだ。他も同じような糞説ばかりである。

主な曲[編集]

  • ミセナイナミダハ、きっといつか

グリーンなのに歌詞がブルーである。グリーンなのに。

  • ボヨン科ボヨヨン科

グリーンなのに歌詞がピンクである。グリーンなのに。

グリーンなのに歌詞の意味がグレーである。グリーンなのに。

  • miss you

グリーンなのに声が土気色である。グリーンなのに。

  • オレンジ

もう何も言うまい。

関連項目[編集]


この項目「GReeeeN」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)