GOD EATER

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「神は死んだ」
GOD EATER について、フリードリヒ・ニーチェ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GOD EATER」の項目を執筆しています。

GOD EATERゴッドイーター)とは バンダイナムコゲームス(現:バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたハンティングアクションゲーム(分かりやすく言うと狩りゲー)なのだが、モンスターと闘うというだけで「モンハンパクリ」と言われる、かわいそうなゲームである。 ただし、そう言う連中に限って、「2ndG」から入ったにわかハンターだったりするので、そっとしておこう。くわばらくわばら。

概要[編集]

中二大きなお友達に流行りの狩りゲーム「モンスターハンター」のダメなところが改善された、モンハンパク…リスペクトゲーム。自らパクったくせに、モンハンに対抗心を燃やしている。そのモンハンもファンタシースターオンラインを参考にしたゲームなのは内緒。

だが、他のゲームとは違う、独特な要素もある。それはエロスだ。例えば、味方の女性キャラは、やたらおっぱいでかくて、大よそ戦闘には向かないであろう、胸元が開いていたり、太ももが露わになった、エッチな服を着ている。また、主人公(プレイヤー)の性別を女性にした場合に着れる衣装の中には、とても際どいの服も多く、組み合わせによってはかなりエロいことになったりする。そして、敵さんであるアラガミは、人間の巨乳女性に似た姿の種族が存在している。アマテラスさんに至っては、顔はアレの形に似てるし、画面いっぱいに超乳をばいんばいんと揺らしながら突進してきたりと、やりたい放題である。また、味方になるアラガミも、外観が幼女だったりと、製作スタッフの性癖の広さには尊敬の念を抱かざるを得ない。

モンハンとの差異[編集]

モンハンに対抗することのみに重きを置き、モンハンにはない様々な機能が搭載されている。例を何個か挙げる。

  • 涙あり笑いありの確固たるストーリー。
    • モンハンにはストーリーがない
  • かわいいヒロインやエロスな女性キャラたち。
    • モンハンの女キャラはかわいくない
  • ボッチの人でも楽しめるNPCの存在。
  • 中二心をくすぐる、剣、銃、盾に変形する可変武器。
    • モンハンは変形しない。…あ、スラッシュアックスは変形するか。
  • マップのロードがなくシームレスな移動、ダッシュが素早いなどスピードを徹底的に追及。
    • モンハンは戦ってる最中に勝手にマップ移動する

ストーリー[編集]

2071年、世界はアラガミの炎に包まれた!

海は枯れ、地は裂け、あらゆる生命体は絶滅したかに見えた。

しかし人類は死滅していなかった!


生き残った人類は、アラガミの侵入を防ぐ壁を作って、その中に生活圏を確保することにより、辛うじてその命脈を保っていた。しかし、つかの間の安息に甘んじることなく、壁の外に出てはアラガミに抵抗を続けていた。

アラガミの席巻によって、秩序は崩壊し、暴力が全てを支配する世界で、新米ゴッドイーターの主人公は、途中で出会ったコウタやソーマを連れ、壁の外でアラガミを相手に神機を振るう。ゴッドイーターとして共に修行した仲間と共に主人公は激闘を繰り広げていく…。

世はまさに世紀末!


…と、まさしく、北斗の拳進撃の巨人のような、世紀末の荒廃した世界で生きていく壮絶な物語となっている。

システム[編集]

神機
ゴッドイーターの最大の特徴。剣、銃、盾が一つになった便利武器。ところが、それに関しては新型ゴッドイーターの適合試験に合格した者にしか扱えず、それ以前の旧式と呼ばれるものは剣&盾、もしくは銃しか選択できない。
ちなみに続編のGOD EATER2では、剣形態に槍とハンマーが、その続編のRAGE BURSTでは鎌が追加されている。武器が増えるよ、やったねたえちゃん!そして、銃形態にもショットガンが追加され、使えるバレットも、それぞれの銃種ごとに固定されたが、使い勝手の方は……うん。
あと、バースト発売後にリリースされた戦争っぽいことをしているギャルゲーで、とあるヒロインが神機に非常によく似た武器で戦っていたりする。
なお、その正体は「アラガミそのもの」だったりする。
補食
神機が持つ機能の一つで、アラガミをガブリンチョしてバースト状態になる。要は溜め攻撃な為、敵がハイスピード連繋ハンティングしてくる本作では使い勝手が悪い。スタッフも気にしたのか、リメイクにおいて「プレデタースタイル」なる新補食形態が追加された。
腕輪
神機使いが全員着けている腕輪。GPS機能もあるが、基本的には「美味しくなくなる薬」を神機使いに投与するアイテム。これがないと、自分の神機にパクパクされてしまう。また外すと大変な事になってしまう。
バレットエディタ
銃形態で使う弾を自由に作れる機能。
ただ、非常に面倒なので殆どのプレイヤーはネットで「内臓破壊弾(=抉り取る強火力弾)」「脳天直撃弾(=上からうち下ろす頭部破壊弾)」のレシピを探して済ませてしまう。
2では「メテオ」と呼ばれる十万オーバーのダメージを叩き出すアホみたいな火力のレシピが開発されたが、速攻で対策されてしまった。
NPC(ノンプレイヤーキャラクター)
モンハンしたいけど、友達がいないからクリアできない。…そんな、ボッチの悩みをクリアするべく立ち上げたシステム。
ゲーム内のNPCと一緒に戦えるため「囲まれてハメられる」「攻撃力が足りなくて時間切れ」など、みんなでプレイすれば問題無いが、ボッチには夢のまた夢であった行動をやってくれる。
しかもこのNPC達がまた強いこと強いこと。主人公が空中で被弾し死亡した場合、着地までの僅かな間に回復レーザーを当てて蘇生してくれたりもする。バースト以降は、各員に命令を送って好きな作戦行動をとらせられるなど、かなり賢くなった。まさにモンハンと決別した者に送られる、特別なゲームである。
リンクエイド
ボッチ対策システムその2。戦闘中にHPが0になっても一定時間内なら仲間からHPを分けてもらい復活できるシステム。仲間を実感できるシステムとなっていてモンハンの荒んだ世界に疲れた狩人を今日も癒している。なお、このシステムの関係上、アラガミの攻撃力は非常に高く設定されている(バースト以降は若干改善)。
ただ、主人公が倒れると優しいみんなはリンクエイドのためノコノコやってくる。そしてブッ飛ばされてリンクエイドして貰わないといけない状況になる。

登場人物[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、バラモスは雑魚キャラに過ぎずラスボスはゾーマであることや、ティーダが夢の存在でありシンを倒すと消えてしまうことや、上の世界のレイドック王はレイドック女王で、また上の世界のムドーはレイドック王であることや、ムーンサイドは「マニマニのあくま」の幻覚が作り出した街であることや、クラトス・アウリオンはロイド・アーヴィングの父親であることや、ナインボール・セラフは飛行形態に変形することや、ダルが阿万音鈴羽の父親であることや、フィーナ・ファム・アーシュライトの母が探していたのはトランスポートシステムであることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、Wiiリモコンやコントローラーを手放さないようにしてください。

主人公とゆかいな仲間たち[編集]

主人公(中の人中の人なんて自分で調べなさいな
このタイプではおなじみの無口主人公。でも表情は豊か。通称「顔芸」。
主人公補正を持っていて支部内、いや、全世界に点在する神機使いの中でも高い生存力・戦闘力を兼ね備えており、すぐに仲間と溶け込み、すぐに昇進し、ヒロインとフラグを立てたりと縦横無尽。これには全盛期のイチローもビックリ。
キャラクターエディットの関係上無口だがミッション中は比較的よくしゃべる。特にしゃべる機会はないものの、きちんと声優まで用意されていて数ある中から選べる無駄仕様。追加版のGOD EATER BURST(以下バースト)では声優陣の豪華さ(※ただし女性声優のみ)が増した。
余談だが、ボイス20番の女主人公(通称20子)で物語を進めるとシオ絡みのイベントや物語終盤の行動に若干矛盾を感じる。その辺についてはシナリオの都合上仕方なかったんだろう…。
バーストがなければ主人公ながら空気。というか、この主人公はバーストの最後のためにいるようなものである。
中盤以降では「ヴァジュラ4体を狩って。一人で。」とか「接触禁忌種2体を狩ってきて。一人で。」などと、フェンリル極東支部から職場内イジメ絶大な信望を受ける。なお、このゲームのジャンルは、チーム連携型ハイスピードハンティングであるが、気にしてはいけない。
雨宮リンドウ(中の人:平田広明
主人公が所属することになる第一部隊(元)リーダー。この作品の準主人公的な立場にある。
フェンリル極東支部にて唯一の彼女(ヤンデレ)もち。にもかかわらずミッション中にデートに行く全国のモテない男達の敵。
そのため天罰が下ったのか途中退場。無印では結局、最後の最後まで退場しっぱなしの放置プレイを食らった。
バーストでは、実は生存していて、アラガミになりかけという歴史に修正された。終盤では、主人公の突然の雄叫びにびっくりしつつも助けられ、最後の最後に自分の神機に宿ってた精霊みたいなショタと最後の会話をしてバーストは幕を閉じる。
その後、続編にも登場。前述の通り、色々あったのにも関わらず、何事もないようにフェンリルからこき使われ、世界各地でデートをし続けている。
橘サクヤ(中の人:大原さやか
上の人の彼女。スナイパーライフルでアラガミを狩るゴッドイーター。日本人形みたいな、おかっぱお姉さん。横乳
多分、最も(色んな意味で)お世話になるキャラ。彼女の的確な回復弾があったおかげでミッションクリアを達成したプレイヤーは多い。大人のお姉さんとしての気遣いと、魅力むんむんなボディに、自分のスナイパーライフルを熱くした諸兄も多い。
と思ったら、リンドウとの突然の別れを機にヤンデレ化し、多くのプレイヤーを驚愕させた。何だこのメンヘラは…。
他のゴッドイーターには、藤木あるいは栗頭じゃない方と呼ばれている。これは、ターミナルのデータベースにある、視聴回数ランキングにギリギリでランクインした、某日曜午後6時のあのアニメに登場するあのキャラが語源であると言われているが、真相は今も不明である。
ソーマ・シックザール(中の人:中井和哉
本作のツンデレ要因。男のツンデレという未知のジャンルを開拓した。
幼女ヒロインを独り占めしたり、人には言えない過去があったりと、どこぞの顔芸主人公よりもよっぽど主人公している。無印はソーマとシオの心温まるラブストーリーと言っても過言ではない。というより、無印の主人公は完全にこの人で間違いない。
天真爛漫なシオに終始振り回されまくってたが満更でもなさそうだった。コウタにからかわれて頬をほんのり赤くさせてた。フハハハ!このロリコンめが!一生祝ってやる!
藤木コウタ(中の人:阪口大助
本作品における春原要因。中の人、言動、ノリ、シスコンとまさに春原。
見どころが少ないが、きちんと見せ場を持っている。ラスボスの所まで無事辿りつけたのは彼のお陰と言ってもいい程だ。
またの名をフラグクラッシャー・コウタ。序盤から次々と立つ死亡フラグを折りまくることに定評がある。恐らく作中一番の強運の持ち主かもしれない。
次回作にも出演。するとロミオというコウタとシュンを足して2で割ったような感じの新キャラが登場した。だが、二人ともアイドルヲタクという、共通の趣味を見出して仲良くなったが…。
アリサ・イリーニチナ・アミエーラ(中の人:坂本真綾
北の大地の恵みを受けた、15歳のロシア人ゴッドイーター。下乳
途中参戦、入隊当初は性格悪いけど途中からデレる、主人公と心を通わせるなど、まさにヒロインだが、真の意味でのヒロインではない。後述のキャラの所為で結局ヒロインになれなかったカワイソスな人。
過去にアラガミに両親と親友を殺されているという悲惨過ぎる過去を持ち、アラガミを強く恨んでいる…割には、大好きだったパパやママや友達を奪った化物共と同類のシオに対しては実の妹のように可愛がっていた。「可愛いは正義」はいつの時代でも通用するのだろうか。
特技はいれたて熱々のコーヒー一気飲み。この荒技を目前にしたサクヤも後になって感染したようだ。
代表的な名(迷)言は「どん引きです…」「ヘイ、シユウ!カモンカモン!」
どう見ても服装が戦闘向きじゃない。というか完全にアラガミにケンカ売っている。とはいえ、アリサ以上に過激な格好のキャラが他にも沢山登場するんだけど誰も気にしないブラジャーは意地でも付けないということも誰も気にしない。
キモオタの夜のオカズにされたり、百合要員に仕立てあげられたり、変態主治医の所為で非処女疑惑が浮上したりと気苦労が多い。
コウタ同様、次回作にも出演している。バーストより3年後の世界が舞台ということで、年齢・身長とともにおっぱいまでも成長した。これが、北の大地の恵みか…!
ノラミシオ(中の人:福井裕佳梨
無印のヒロイン。つるぺた。はいてない。100%純度の幼女だが、ルートはソーマのみで攻略不可。
お馴染みの味方になる敵、人のように進化したアラガミ。服を着るのが嫌い。「ちくちくやだー」
余談だが「シオ」とは、フランス語で「子犬」を意味するらしい。砂糖じゃない方の調味料との関連性は一切ないのでご注意。名付け親は話の流れ的に多分ソーマ。
謎の存在として遭遇、みんなと仲良くなった後、ラスボスに捕まり散華した。…かと思いきや意識だけは残ってたようで、最後は再開の約束をして別れを告げへと飛び立った。まさに王道ヒロイン、しかしルートはソーマ(ry
レン(中の人:白石涼子
リンドウの神機に宿った精神生命体みたいな、あんまりよくわからない存在。バーストのヒロイン。男かもしれないけどヒロイン。…あ、おい!誰だ!今カマホモとか言った奴は!
命の危機さらされていた主人公の前に華麗に参上し、主人公と仲良くなった後ラスボスの攻撃から主人公(とリンドウ)を庇って昇天した。まさに王道のヒロイン、ってシオと言い、ほんとにこんなのばっかり。
にしても、このゲームに出てくるヒロインはどいつもこいつも人間じゃないやつばっかだな。
雨宮ツバキ(中の人:田中敦子
フェンリル極東支部の指揮・統括を行う鬼教官。リンドウの実姉。上乳。と言うか明らかに人類ではないサイズの乳を誇る。
うん年前までは現役バリバリのゴッドイーターだったらしいが、現在は引退。現役だった頃にいかなる時でも苦楽を共にしていた相棒は現在コウタの手元へ。
三十路間近だが未だに独身。しかも作中誰ともフラグを立たないし立てない。弟に一足お先された時どんな心境だったのだろうか。
ペイラー・榊(中の人:楠大典
フェンリル極東支部内の研究室に引きこもっては独自でアラガミの研究をしている糸目の博士。
アラガミ駆除を目的とした組織にいながら、アラガミと人間の共存を夢見るドKY。おまけにシオが大好きで、自分の研究室に囲ってあんなことをしようとしたロリコン
「糸目は悪人」だと言うテンプレートを崩した数少ないキャラ。外見と雰囲気だけで彼が本作の黒幕だと判断してしまったプレイヤーは数多い。
初恋ジュースはみんなのトラウマ(ただしレンを除く)。これだけは許さないよ!
ヨハネス・フォン・シックザール(中の人:小山力也
フェンリル極東支部内で一応一番偉い人。ソーマの実の父親だが、仲の方はお察しください。
人類をアラガミという脅威から一刻でも早く救う為に、宇宙規模の人類補完計画を進めていた。しかし、最終的に主人公達に計画を阻止され、志半ばで散る。
黒幕の分際で割とまともな思想を持ってる。

その他のキャラクター[編集]

大森タツミ(中の人:森岳志
第二部隊所属の防衛班班長。
リンドウに負けず劣らずのの中の漢だがリア充。お気に入りのオペレーターの女の子をナンパしては軽くあしらわれている。ざまあw
ブレンダン・バーデル(中の人:田中大文前野智昭
通称「ブレ公」。第二部隊所属のゴッドイーター。自由の国出身と自称してる割にはドイツ人並みにカタブツ。
台場カノン(中の人:安田早希広橋涼
射線上に入るなって、私言わなかったっけ?
射線上に入った馬鹿 について、台場カノン
祝!GOD EATER2参戦!
第二部隊所属の遠距離型ゴッドイーター。鉄塔の森ガール。19歳とのことだが、年齢よりも若く見えるのは多分気のせい。
普段は控えめで礼儀正しく心優しい性格だが、アラガミとの戦闘となると突如豹変、と化す。ここまで来ると只の二重人格。だがそれがいい。
何?戦闘中誤射が多すぎて困るって?知るか!そういう時は逆に考えるんだ、射線上に立ってた自分が悪いと考えるんだ。
射角が広くて当てやすい弾を少し離れた場所から撃つのが得意。凄くよく当たる。もう主人公の背中にロックオンしてるんじゃないの馬鹿ノンちゃんは。
脇キャラの分際で高い人気を誇り、フィギュア化が決定したり、カノンの広橋涼が月イチで配信されているGEラジオのパーソナリティを務めたり、続編にも登場するし、それを記念してかカノンソロのプロモーションビデオがTGSで公開されたりと恐らくスタッフから一番優遇されてるキャラかもしれない。
「カノンちゃん」でも「カノン様」でもなく「ちゃん様」と呼ぶのが常識。もし彼女に遭遇したら「ちゃん様ー!」と声をかけてあげよう。ただし、間違っても「アグネス・チャン様」と呼んではいけない。世界中のロリコンが捕食されてしまうよ。
ジーナ・ディキンソン(中の人:佐藤聡美
第三部隊に所属する女ゴッドイーター。眼帯をしている腕利きのスパイナースナイパー。
おっぱいは小さい。っていうか、あそこまでくるとアレは貧乳というよりナイチチ…って、うわあ何をするやめrくぁwせdrftgyふじこlp。
上記の件で、付いたあだ名が「嘆きの平原」。しかも、アラガミと命のやりとりをしていることに悦びを覚えるド変態。
地味に服がエロい。命のやりとりがどうのこうのと理由付けして、自分の嘆きの平原をギリギリまで晒す服を着ている。平原なのに。露出するド貧乳、という新境地を切り開いたパイオニア
とはいえ、下のキャラ二人がゲスいおかげか第三部隊の唯一の良心に見える。
カレル・シュナイダー(中の人:赤羽根健治入野自由
第三部隊所属のゴッドイーター。口を開けば金うるさい。イケメンだが、どの会社に入社しても存在する「新人いびり」の為だけにいるような奴。
小川シュン(中の人:粕谷雄太梶裕貴
カレルと悪友コンビを組む、第三部隊所属のゴッドイーター。カレルと同じく、どの会社に入社し(中略)ような奴。
根性のひん曲がった言動が多いが、ミッション遂行中は何故か爽やかな物言いが多い。
アネット・ケーニッヒ(中の人:名賀亜美金子有希※リザレクション以降)
バーストの追加キャラ。ドイツ支部から転属してきた新人さん。
ジャーマン娘だけどごっつくない。むしろ可愛い。おまけに縞パン。やったぜ!でも、キャラデザはキャラクターエディットの流用だけどな!!
移動がマイペースで、しかも一人だけになるとサボる、典型的なゆとり世代。

フェデリコ・カルーゾ(中の人:島崎信長)
バーストの追加キャラ。イタリア支部から転属してきた新人さん。
通称「フェ何とかさん」。ファン同士の会話中「フェ」と出てきたら大体こいつの事を表す。フェンリル…これだけは違う。
専用グラは無し、ストーリー上での活躍も無し、戦闘スキルは何か微妙なモンばっかりだしで、とにかく地味過ぎて報われない。そしてとうとう名前を覚えてもらえない空気キャラという立ち位置に。
フェと同じくキャラクリ流用・ストーリーにあまり関わってこないアネットが大人気なのは、恐らく女の子で縞パン故だと思われる。
散々空気空気言われてた無印主人公なんてこいつに比べたらまだヌルい方である。

ん?何?ここら辺だけ薄くて読みづらいって?大丈夫だ、問題ない。
楠リッカ(中の人:安田早希小見川千明
フェンリル極東支部にて神機整備を担う整備士。いわゆる工業系女子。露出狂だらけのこのゲームでは貴重な、タンクトップの似合う健全娘。棒読み
何かと生き急いでいる(by.下乳)主人公を要所要所で心配してくれるので、サブキャラながら人気が高い。けど彼女に話し掛けなくても大抵話は進む。
汗とオイルの混じった臭いがしそうだが、そんな所も含めて常時ピリピリしてるアナグラの清涼剤的存在である。でも冷やしカレードリンクだけは勘弁してください。
バーストの某イベントムービー以降、真のヒロインはシオでもアリサでもなく彼女ではないかと解釈するファンが少なからず存在する。
続編の2にも登場。中の人も変更されたのに、その棒読みっぷりは健在であった。
竹田ヒバリ(中の人:伊藤かな恵
ミッションの発注処理などを担当するオペ子さん。タツミの片想いが実る日は来るのか。
エリック上田(中の人:藤本たかひろ
「お、君が例の新人クンかい?噂はきいているよ。僕はエリック。エリック・デア=フォーゲルヴァイデ。君もせいぜい僕を見習って、人類のため華麗に戦ってくれたまえよ」
主人公 について、エリック
エリック!上田!
エリック について、ソーマ
生前の元気な姿のエリック上田氏(とソーマ)。この数秒後に悲劇が…。
病気がちのを少しでも励まそうと自らゴッドイーターに志願した華麗なる伝説のゴッドイーター。享年17歳。上田エリックとは華麗なる偽名であり、本名はエリック・デア=フォーゲルヴァイデ。うーん、華麗。一文字も間違えずに読めたら
(主にプレイヤー達が)忘れもしないその日は入隊したての主人公とソーマと自分を含めた三人でアラガミの討伐任務に行く予定だったらしい。華麗なる立ち振る舞いで主人公に自己紹介をした途端、ソーマに突如偽名を叫ばれた(上記参照)。が、時既に遅し。オウガテイルという小型アラガミによって華麗に頭をパックンチョされて人生からもゲーム本編からも華麗に離脱した。
…かと思いきや、エリックに酷似の「マスク・ド・オウガ」なる華麗なる人物がNPCとして現れたり、ゲームを進めていくと「追憶のエリック」なんて言う華麗なる偽物が現れたり、エリックの存在に関しては華麗に謎が深まるばかりだ。
リザレクションでは「追憶のエリック」は使用不可になってしまったが、代わりにマスク・ド・オウガのパーソナルアビリティに「トゥルーカラーズ」が追加されており、これに変更すると…?
さらに、マスク・ド・オウガ自身がエリックを名乗りかける事もあり、エリックとは同一人物との可能性が強いが、その関係を示す華麗なる証拠は見つかっていない為、関連性は謎のままである。
出番の割には多方面で愛される華麗なるキャラクターで、メインキャラクターを華麗に差し置いて本編以外の媒体でよく顔を出している。
ちなみに清掃員のおばちゃん曰く、トイレの使い方が下手。一体トイレで華麗にナニをしているのだろう…?
続編の2ではなんと妹が華麗なゴッドイーターになっている。しかもツンデレ。また、彼のライバルだったゴッドイーターも登場しており、彼と同じ匂いを華麗にぷんぷんさせている。
大車DAIGO(中の人:麻生智久
通称「オオグルマ」「ヤニカス」「アジン・ドゥバ・トゥリー」「吐き気を催す邪悪」。
アリサの主治医。が、その正体は支部長の人類補完計画を成就させるべく暗躍するDQN医者。
プレイヤー諸兄から蛇蝎の如く嫌悪されており、その嫌われぶりもかなり異例だ。以下の3点。
  1. 攻略wikiのキャラクター人気投票にてぶっちぎりのワーストを記録。
  2. 怒り狂ったプレイヤーが製作スタッフに「DLCでオオグルマ討伐ミッション配布しろ!」と、無茶ぶりという名の要望を送り付ける。
  3. あまりに嫌われすぎた為スタッフも彼に同情したのか、BURST発売から数年後に作られたアニメでは容姿が大分美化され…え?違う?じゃあ何なんだ。
同じ悪役にも関わらず支部長にあまりヘイトが向かなかったのは、「少なからずの方法で人類を救う」と確固とした信念を以ていたからだろうか。まあ、どっちも外道に変わりないけど。
とはいえ、元は聖人であったが自身の研究が上司に認めてもらえずグレるという研究者キャラにありがちな悲しい過去を持ってたり(続編の2でも未だ解明されない「偏食場パルス」を誰よりも早く実用化させたのは皮肉にもこいつである)ぼっちだったアリサの唯一の親友(レズ)を間接的に殺すよう仕向ける支部長に難色を示すなど、一応同情の余地はある。…うん、でもやっぱりオオグルマ死ね
ゲーム本編のみならず人生からもログアウトしたかと思われたが、後日談の小説「GOD EATER ~ノッキン・オン・ヘブン状態ズドア~」でしぶとく生きていることが判明。
最期はディアウス・ピターに「これでゲームオーバーだド外道ーーーッ!」と言わんばかりにパックンペロリンチョされて終了。m9(^Д^)プギャー

アラガミ[編集]

アラガミの一例。おそらくシユウとアイテールが融合した新種と思われる。

ゴッドイーターにおける討伐対象。小さいのから大きいのまで色々な種類があり見た目も様々。だが、メンドクサイのでまとめてアラガミと呼ばれる。核が有る限り(時間はかかるが)再生可能、栄養がある程度溜まると新しい核を産み出すなど人類側に勝ち目を与えてくれない超生物。だが人類は彼らから核を抉って持ち帰り、武器に使っている。ある意味人類の方が恐ろしいかもしれない

トラだったり、だったり、だったり、人っぽかったり、空飛んでいたりと基本的に自由。基本的に群れで襲ってくる。これは味方がボッチでなくなっても、敵がボッチだとかわいそうという思想から来ている。種族が違っても協力して攻撃してきたり、アラガミの攻撃はアラガミにダメージを与えないなどフレンドリーな演出をしている。

ご飯はなんでも食べる。人間だろうが、高層ビルだろうが、仲間であろうと、とにかくなんでも、である。食べた物質を取り込んで進化することがあり、戦車みたいな姿をしたアラガミなんかもいる。要するに、バイドみたいなやつらなのだ。また、人工的にアラガミを作り出すことも可能。

更には、神機を好んで捕喰する『ゴッドイーターキラー』『神機使い殺し』の異名を持つ「スサノオ」というアラガミも存在する。そして最近では体の一部に神機が直接融合した、「神融種」と呼ばれる種類のアラガミも確認された。

種類も多く亜種も確認されている。大きさで分けると

  • 小型アラガミ - 腐るほど湧いてくる小さいヤツ。と言っても人間サイズ。基本的には的でしかない。
  • 中型アラガミ - ストーリーに絡んでくるような連中。群で出てくる。この辺から一撃が重くなる。
  • 大型アラガミ - 堅くて強くてデカイヤツ。一撃必倒の攻撃を連続でブチ混んでくるのでソロ狩りはほぼ無理。

危険度で分けると

  • 基本種 - 普通の子。弱いわけではない。
  • 堕天種 - モンハンで言う亜種。弱点が分かりやすいが基礎パラメータが基本種よりかなり高く危険。
  • 接触禁忌種 - 触るな危険。初心者どころかベテランでも返り討ちにあう。以下の二つにさらに分類される。
    • 第二種禁忌種 - 大半の接触禁忌種はこれに属する。
    • 第一種禁忌種 - 接触禁忌種の中でも特に強力なヤツらがこれに属する。
  • 感応種 - 2から登場。周囲のアラガミを強化するなど、従来のアラガミには無い特殊能力を持つ。
  • 神融種 - RBから登場。体の一部に神機が直接融合している。中にはブラッドの血の力に似た能力を持つアラガミも存在する。
ここではモンスターハンターのモンスター一覧と差別化を図るために個別表記は省略させていただく。空気を読まない解説は一応下に置くが、詳しく知りたければググれ。

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「GOD EATER」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)