GNU Fearsome Dude License

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GFDL」の項目を執筆しています。

GNU Fearsome Dude License(略してGFDL)とは、日本語にするとGNUの踏ん反り返ったような気取り屋ライセンスとなるが、大抵は略称のGFDLで呼ばれている。ちなみにこれと似たものとしてWikipediaで一般的なGNU Free Documentation Licenseがあり、こちらもGFDLと略されるが、これとは全くの別物である。こちらのGFDLに関してはWikipediaの項目を参照

GFDLの文章の出所は不明であるが、ウィキペディア信仰集団として代表的なウィキペディアンジミー・ウェールズが唱えたと信じてるらしい。

なお、以下ではGFDLと呼ぶ。

概要[編集]

詳細は誰にも解読不能だが、誰かが執筆した文章に難癖をつけるときに使用される。誰にも解読不能なのでどう対処するか誰にもわからず、「こうじゃないか」と誰かが考案したテンプレートを踏襲するといいとされる。しかし何の解決にもなっていない。最悪、著作権違反で逮捕されたり、罰金をはらわされる可能性もある。

結局、荒らしが難癖をつけるのに利用するだけで、自分の首を絞めている。アメリカの「禁酒法」に近い概念の規約である。

解決方法は、執筆した内容を破棄してしまうことであるが、自分で削除すると荒らしがまたやってきて勝手にRevertして確実に騒ぎだすので、たとえ管理者権限であったとしても、編集者の立場を放棄するしかない。

このため「翻訳依頼」が出ている項目には決して手をつけてはならない。

文章は7つの戒律によって作られているらしいが、誰にも解読できないので噂にしかすぎない。

GFDLを採用したサイトは最終的に解散する運命にある。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
GNU Fearsome Dude Licenseの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)