GKB47

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GKB47」の項目を執筆しています。
アイドルとの関係はなさそうな国会の中でも話題に
若干違う

GKB47(じーけーびーふぉーてぃーせぶぬ、ゲーカーべー・ズィーベンウントフィルツィヒ)は、AKB48に似ても似つかない何かである。2012年に発足。GKB47とは、『ごきぶりのように死にな♪』の略である。

概要[編集]

GKB47のメンバーの一人、伍喜島鰤子(ゴキじまブリこ)、リーダー格である。
研究生の一人。本メンバー昇格最有力である

内閣府が国民のエクストリーム・自殺を妨害、もとい防止するために作り上げたアイドルグループ。その名の通り全員がGKB(ゴキブリ)である。

営業形態[編集]

その営業形態は国家機密のため多くが謎に包まれている。今後は有志のアンサイクロペディアンによって捏造されるため、様々な形態ができるものと予想されていた。しかし、グループ名が変更されたため、それに伴う活動内容の変更が起こる場合がある。だが、所詮は看板の掛け替えであるので、活動内容に変更はないものと思われる。以下にその形態の一部をあげる。

自殺志願者の抹殺[編集]

自殺は自殺志願者が自殺することによって発生するので、まずはその根を断ち切る。これは大いに期待されており、GKB47の制度の中核を担うものである。具体的には北の将軍様に引き取ってもらったり、通り魔に刺してもらったり、メンバーが大群で襲いかかって自殺志願者を跡形もなくなくすというものである。

自殺志願者の支援[編集]

昨今の不況や、介護問題などで自殺に走るものが多い。そこでGKB47のメンバーがそれらの悩める者たちに手や触覚などを差しのべることで、自殺志願者の減少を図ることで自殺数そのものを減らそうというものである。具体的な措置として、飲食店経営の自殺志願者の店にエールを差し伸べるために現れたり、GKBR嫌いの志願者のベットの中に深夜入り込み、そのまま朝を迎え、人生のぬくもりを感じさせたり、介護問題においては被介護者を前述のように跡形もなくなくしたりすることがあげられる。

批判[編集]

NPOの委員は「(嫌われ者のゴキブリで)広く共感を集めるのは難しい」と批判している。これに対し内閣府は「若い世代の(ゴキブリに対する)関心を高めたい」と、一歩も引き下がらない姿勢を見せている。内閣府はAKBのキャンペーン起用も検討中であるが、それなら最初からGKBは必要ないのではないかという反対意見も出ている。
そもそも、自殺志願者がこの程度の薄っぺらなもので自殺を思いとどまるとは考えにくいと言われている。それよりも根本的に社会全体の他人に対する思いやりが大切なのである。えっ?、それが目標だって?うるさい。死ね。もちろん自殺しないでね♪

解散の雲行き[編集]

2011年2月6日、木公彡甫大小五ロりの切実な直訴に対しフランケンは嫌がったが、全国創価学会撲滅代表有識者会議委員長兼、公明党殲滅調査会会長兼、政教分離・護憲連合会名誉会長兼、しなのまち国土開放の会メンバー兼、参議院予算委員長であらせられる石井委員長も不快感をお表しになり、続いてあのどじょうが「はっきり言ってないわ~w」とコメントし、GKB47グループメンバー及び、グループ自体の見直し(解散)に向けて議論がなされることになった。非常に残念である。

翌日、ユニット名を「ゲートキーパー」に変更した。略称はGK(ゴッキー)(あの有名なガッキーの親戚ではない。)になる予定である。 しかし、ゲートキーパーと言えばソニーなため、某所ではいじられまくっている。

関連項目47[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

↓メンバー選考から外れたアニメ界のGと言われる者の叫び。

あずにゃん もう、タイピング間違えても、ホラばっかり吹いてても、叱らないから… 削除…しないでよ…… (Portal:スタブ)
阿部ちゃん
流行記事大賞 銅賞受賞記事

この記事は2012年流行記事大賞にて銅賞を受賞しました。
この受賞に阿部ちゃんも思わず興奮。