FUNABASHIデルタ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
京葉線 > FUNABASHIデルタ
大体こんな感じの三角形。

FUNABASHIデルタ(ふなばしでるた)とは、京葉線西船橋駅市川塩浜駅南船橋駅の三つを頂点とする三角形のことである。なお、市川塩浜~南船橋には二俣新町駅もある。

概要[編集]

FUNABASHIデルタの南側には二俣新町駅がある。FUNABASHIデルタは意外と小さいため、二俣新町~市川塩浜間走行中の電車や、湾岸道路東関東自動車道湾岸市川IC湾岸習志野IC走行中の車からも三角形を眺めることができる。しかし、その美しさに見とれていると間違いなく事故にあう。[1]FUNABASHIデルタとあるのに大半が市川市なのだが、誰も気にしない。 ちなみにFUNABASHIデルタという名前は付近の住民にはあまり知られておらず、アンサイクロペディア京葉線の記事を読んだ人くらいしか知らない。[2]

FUNABASHIデルタは京葉線か、武蔵野線か[編集]

さて、この三角形は、路線自体は京葉線である。京葉線高谷支線(FUNABASHIデルタ)の終点は西船橋駅であり、京葉線の駅名対照表にも「西船橋」というのがある。だがなぜか、西船橋駅からFUNABASHIデルタの底辺以外の辺を通り、東京駅(または蘇我駅)方向に抜けていくのは、武蔵野線列車のみである。ではFUNABASHIデルタの底辺以外の辺は武蔵野線でもよくないか?と思うホモ・サピエンス・サピエンスもいるだろうが、FUNABASHIデルタの底辺以外の辺を武蔵野線にしてしまうと、武蔵野線の終点が2つになる。それはいけないので、FUNABASHIデルタは京葉線なのだ。

…片方支線にしたら終点一つになるぞ…。

歴史[編集]

  • 1986年-京葉線西船橋~千葉みなと間開通。東側の一辺が完成。
  • 1987年-JR東日本の支配下に置かれる。
  • 1988年-京葉線全線開通。三角形になる。

脚注[編集]

  1. ^ 腐敗していることで有名な千葉県警いの市川警察署の調べによると、市川市内の自動車交通事故の原因の中で「FUNABASHIデルタ」に見とれていた」というのが最も多いようである[要出典]
  2. ^ 確か船橋大三角形とか京葉線トライアングルとかの呼び名もあったかもしれないが、そこら辺はお察し下さい

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「FUNABASHIデルタ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「FUNABASHIデルタ」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)