F-X

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「F-X」の項目を執筆しています。

F-Xまたは、FX(えふばってん)とは、Fighter-Xの略称で、次期戦闘機導入の為に行われる大会。ちなみにXの部分はゆのっちの髪留め(バレッタ)である。 特にF-2導入時に実施されたFS-X大会は一般国民の間でもF-1レースという名で知れ渡っている。

第1次F-X[編集]

ノースアメリカン F-86の代替となる戦闘機を決定する為の大会。ロッキード F-104C/D改グラマン G-98J-11(F11Fの改造型)との争いになり、一旦G-98が勝利したが、ドーピング疑惑(黒いピーナッツ事件)に伴い白紙化。この際に、商社幹部が全身を滅多刺しにして航空相撲に挑むというエクストリーム・自殺の競技も行われている。再度選定となり、政府は何故か「戦闘機不要論の提唱者」を団長に任命した視察団をアメリカに派遣(その支離滅裂な人選の理由は、現在に至るも意味不明)。F-104Gをベースに日本向け仕様としたタイプをF-104J/DJとして採用した。230機お買い上げ。「ガメラ」シリーズで活躍した。

第2次F-X[編集]

ロッキード/三菱 F-104J/DJの後継となり、未だ残っていたゴジラに対して役に立たなかったノースアメリカン F-86の代替となる戦闘機を導入する大会。マグダネルダグラス F-4E改、ロッキード CL1010-2(F-104の発展型)、サーブ 37 ビゲン、ダッソー ミラージュF1の争いになったが、F-4E改が勝利し、F-4EJとして採用した。導入数140機。

第3次F-X[編集]

ソビエト連邦Mig25の領空侵犯(ベレンコ中尉亡命事件)という千載一遇のチャンスを逃した無能のマグダネルダグラス/三菱 F-4EJの更新、未だ残っていたロッキード/三菱 F-104J/DJの代替となる戦闘機を決定する為の大会。マグダネルダグラス F-15C/D改グラマン F-14ゼネラルダイナミクス YF-16ノースロップ YF-17ダッソー ミラージュF1サーブ 37 ビゲンパナビア トーネードADVの争い(実質的にはF-14とF-15であった)になったが、F-15C/D改が勝利し、F-15J/DJとして採用した。213機おいしくいただきますた。

FS-X[編集]

三菱F-1支援戦闘機の後継機を決定する為に開かれた大会。 大会開催前から国産機導入派と海外機導入派の間で激しい場外乱闘が繰り広げられた。

三菱ジェネラル・ダイナミックス(F-16C・現ロッキード・マーチン)マクドネル・ダグラス(F/A-18)英・西独・伊のパナビア(トーネードIDS)などのチームが参加したが、最終的に米国の「F-1はイギリスのジャギュアのパクリなんだから後継機もパクリじゃなきゃおかしい」といういかれた圧力によって三菱がしぶしぶジェネラル・ダイナミックスと同盟を結び、F-16をベースとしたF-2を開発し、八百長試合に勝利を収めた。

3次までの総括[編集]

これら第3次までのF-Xでは、いくつかの騒動あるいは汚職疑惑(F-104J/DJ採用の逆転劇やダグラス・グラマン事件)がありながらも、結局は候補機の中で一番性能が高く、米軍でも運用しており有事の際の補給を受けやすい機種を採用してきた。 つまりビゲンやグリペンがいくら安かろうが、ミグやスホーイがいくら性能が高かろうが、アメリカ製戦闘機以外は採用されることがないと言うことである。 挙げ句の果てには国産だった支援戦闘機まで半分米国製になってしまっている始末である。

現在のF-X (第4次F-X)[編集]

現在政治的、経済的事情により大会の運営が非常に混沌としており、どこのチームが優勝するかは不透明である。 以下に参加を表明しているチームをあげる。 あれ?グリペンどこにいった?

第4次F-Xの概要


F-22A・F-22J-Ex[編集]

つるぺたF-22
日本向けのF-22J-Ex

通称らぷたん。最強。しかし値段が高い。しかも参加が危うくなっている。 日本は四方を海で囲まれた海洋国家であるのにも関わらず、対艦ミサイルが搭載できず敵艦に攻撃することができない。[1] 政府、省レベルでは、候補のひとつに過ぎない扱いではあるが、ロリコンが多いことで知られる空自の現場サイドでは、唯一の候補と考えている節が見受けられる。ロリコンは妄想癖が激しく、しかもその妄想を実現させてとなるからあなどれない。 ロッキード・マーティンは今回のF-X大会の為に日本向けに性能を低下させた差を生じさせたF-22J-Exを提案している。[2]

F-15FX ジャパンイーグル[編集]

飛翔する鷲

F-15をベースに開発された戦闘攻撃機F-15Eを日本向けに魔改造する予定。わざわざこのレースのためだけに造らせる。残念ながら機体設計が古い。なんでストライクイーグルに更新しとかなかったのか。とりあえず鉄人28号FXみたいなネーミングをどうにかすべきだ。 我が国の仮想敵国である韓国もF-15EベースのF-15Kキムチイーグルを保有している為、戦力として役に立つがどうか疑問である。

F-15SE Second Edition[編集]

F-15SEは、「第4世代」の戦闘機テクノロジーが投入されて再設計が行われたF-15Eの特徴に加えて、Internet Explorer 5.0の採用、DVD-ROMのサポート、USB 1.1への正式対応やIEEE 1394の対応の強化、他にも機能の拡張や(西暦2000年問題対応の為の)バグの修正など「第5世代」の戦闘機テクノロジーが投入されたものとなる。発表会の席上でビル・ゲイツが操縦するF-15Eがクラッシュするハプニングがあった為開発されたといわれており、多くの航空関係者の関心を集めている。なおUSB1.1への対応に関しては以前から成されていたが、相性の悪いUSBミサイルを接続した場合レーダースクリーンが真っ青になる現象が確認されている。この現象はF-15J固有の現象である。F-15Jでこれをはじめとする不具合が確認できるのはF-15JがC型のダウングレード版であるからであり、戦闘中は「少し、頭冷やそうか」というありがたい忠告である。なおF-15EがクラッシュしたのはF-15JとF-15Eを担当者が間違えてしまったからである。もちろんその担当者はその後検閲により削除

F/A-18E/F ちょーホーネット[編集]

FS-X大会の時にちょー負けているが、懲りもせずに参戦。整備がちょー適当でも飛べてしまう、四発機のため爆音がちょーかっこいい、ミラージュ戦闘機と並んで腐女子にちょー人気である(ただし小説版では仰木高耶はスズ菌である)という利点があるものの、過去の機体であることもちょー否めない。機体サイズの関係で、四連ホーンなどの電子戦装備が乗せにくいなどもちょー問題である。どうせ支援戦闘機という名に変えてちょー劣化コピーさせる。排ガス規制をちょークリアするにはちょー大幅パワーダウンが必須であり、双発機に比べてちょー重すぎる。10年以上たった今ごろになってちょー勝てるわけがない。

F-35A ライト人グII[編集]

先日公開された、海上自衛隊での評価試験の様子

空中で人型に変形する機構の開発が遅れ、まだ完成していない。 もはや取らぬ狸の皮算用の状態である。 このままではF-Xに間に合わない可能性も出てきたが、アメリカ政府から「べっ別にアメリカ軍向けを先に売ってもいいんだからねっ」という話が出てきている。 引きこもりのF-22と違って国産共同開発であるため輸出規制が少なく、空対空ミッションでやや及ばないものの、空対艦ミッション、空対地ミッションではF-22を上回る能力を持ち、マルチロール性を求める航空自衛隊の要求に見合うだけの能力を持つ。 しかしエンジンが単発であり、もしもエンストを起こすといっかんの終わりである。 ついでに航続距離が不足気味で敵艦に近づく前に燃料切れを起こす可能性がある。[3] 当機の愛称の「ライトニングⅡ」は山本五十六を撃墜した戦闘機の後継機という意味であり、右翼などから縁起でもないという声が上がっている。

ユーロファイタータイフーン(EF2000J)[編集]

Yahoo! オークションにて目撃されたユーロファイタータイフーンの出品画面

 欧州連合チーム。「やだ、この娘、こんなにちっちゃいのに…!なんてすごいの!」とまでレースクイーンのフランカたんに言わしめるほどの実力派。フランカたんクラスなら一度に5人まで相手できる。まだいろいろと伸び盛り(別名、開発遅れ)でもある。しかも「あなた好みの女になるの」と魔改造し放題の特典つき。でも、レースではほとんど勝てていない。

 なお、最近イギリスが大量に「発注しちゃった☆」為、インド、サウジアラビア、日本などに押しつけようとしている。[1]

ラファール[編集]

フランス代表。低空飛行でレースクイーンのスカートをめくりまくる「突風」の意を持つ。オーナーのダッソー氏曰く「どうせ勝てないなら棄権してしまえ」ってことで今回は出場しないらしい。マンコタレヴ?ウィ、サバサバ!ちなみに綾崎ハヤテは「颯」と書く

F-2[編集]

三菱 F-2
  • 現在でも調達は続いており、2008年12月に惨刑新聞が「官民の一部関係者の間では、現在生産中のF-2戦闘機の性能向上型を推すべきとの意見がある。」と報道した。
  • 他候補機をライセンス生産する場合、F-4のみの置換えでは高価格化する恐れがあり、新機種となれば教育体系の整備・変更や人員の育成などにも費用と時間がかかるため、その点で本機が有利になる可能性がある。
  • F-2の共同開発元であるアイリス社は2004年のエイプリルフールに、F-2の能力向上案として「F-2 グラハムスペシャル」を提案している。
  • 自称国産機の為、改修や能力向上などに制約は掛からないが、F-16を基にしたレイプされた子の為、機体を製造する度に米国へ思いやり予算(1機約47億円)を支払わなければならない。
  • 高額な機体(ラブホ代含め1機約120億円)であり、大規模な改修や能力向上は更なる価格高騰を招く恐れがある。
  • たとえ大規模な改修を行ったとしても、性能面でどう考えてもラプたんに対抗できない。
  • 九三式空対艦誘導竹槍を4発携行可能であるなど、他の機種と比較しても抜群の対艦攻撃能力を持つ。


MRJ[編集]

三菱航空機が現在開発中の戦闘爆撃機。他の機体と比べ物にならないほどの大量のミサイル、爆弾を搭載可能である。 どちらかと言うと戦略爆撃機じゃないか、という声も有るとかないとか。 しかし、純国産の日の丸をつけた飛行機が敵地を焼き払うところを想像すると、なかなか感慨深い物が有る。


∩(・∀・)∩いあ! ストラマ! ストラマ! [編集]

他国では宗教上の都合により、採用された例は無いが、日本は多神教の為、採用される可能性があるとされている。

F-Xの現状と展望[編集]

公開されたF-X。徹底したステルス性を持つことが見込まれている。

日本は特殊な防衛事情のため、航空自衛隊の採用する要撃戦闘機には他国の戦闘機を圧倒するレベルの戦闘力が要求される。日本の周辺国では、第4世代戦闘機の配備が進んできており、ロシアや中国ではSu-27やSu-30、韓国においてはF-15E(第4.5世代ジェット戦闘機)の韓国版:F-15Kの配備が始まっている。

日本のF-15J要撃機と同世代の戦闘機が周辺国に配備されたことにより、アジア制覇の野望を実現するためにはF-Xでそれ等の戦闘機を圧倒するに足る性能を持つ戦闘機、第5世代戦闘機が必須になると思われるが、本命のF-22Aは同盟国でありながら輸出許可が一度却下されている。このため防衛省は2007年12月に、平成21年度までの中期防でのF-X調達をあきらめ、平成22年(2010年)度からの次期防で取得する方針とし、代替としてF-15近代化改修でお茶を濁す予定である。

国内産業面では、三菱が製造するF-2支援戦闘機の調達数が減少したため、F-Xで決定された機体のライセンス生産が行えない場合、戦前から長きにわたり戦闘機の生産を行ってきた部署が浮いてしまうことになる。その際、会社としては技術者を他部署に配置転換することを免れず、後継者の育成が滞り、再度生産の機会が訪れても、技術者が不足する或いは技術力が落ちる、技術が断絶しているなどの恐れがある。そのため、国内航空機産業保護の点から、今回のF-Xもライセンス生産が望ましいと三菱は警告している。しかし三菱の本当の狙いはもちろん金である。現在F-22Aのライセンス生産を認めるようにアメリカ国内に金をばらまいたり、ユーロファイターの魔改造を認めさせようと暗躍している。


...などと言われていたが、なんと雑誌やネットなどでも「可能性は0に等しいだろう」と言われていたF-35が勝ってしまった。しかし、そのせいで想定以上にF-4EJが老体に鞭を打って飛ばなくてはいけなくなった。2016年8月に初飛行。日の丸までグレーでダサい。

韓国空軍のF-X[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「F-X」の項目を執筆しています。

韓国でも日本をパクって参考にしてF-X大会が開催されたことがある。 韓国空軍では、F-4(F-4DとF-4Eの一部)の後継として、アメリカ合衆国のF-15K(F-15Eを韓国の要求に合わせたもの)、フランスのラファール、ロシアのSu-35、欧州のタイフーンと共に提案されており、韓国空軍は2002年3月に最終選考に残ったラファールとの比較の結果、F-15Kを採用すると発表した。この発表の直後に一部市民団体が、ラファールが機種評価でより高い点数をとったにもかかわらず脱落したことから、「米帝の陰謀ニダ」と主張している。 そういえばそもそもF-X大会はウリナラが起源ニダ。

脚注[編集]

  1. ^ もっとも有事になれば爆弾抱えてお家芸の神風特攻するので問題はないという意見もある。
  2. ^ F-2の時と同じように心神計画をつぶすことが真の目的だと考えられる。
  3. ^ 実戦で空中給油できる余裕はないので四式重爆のように雷撃特攻する計画だと思われる。

関連項目[編集]

  • 心神 - アメ公がF-22を売ってくれなかった時に備えて開発している等身大フィギュア。ボウケンはしっかりしろ。