F-22 (戦闘機)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
F-22"ラプたん"。見ての通り、つるぺたである。

F-22とは、アメリカ合衆国で生まれたつるぺた幼女である。みんなからはラプたんの愛称で呼ばれ、親しまれている。ラプター(猛禽)と呼ぶ人もいるが、かわいいかわいい幼女であるラプたんをそんな物騒な名前で呼ぶなど、失礼極まりないことである。

それでもラプたんをラプターと呼ぶ者は、ちょっと気の毒かもしれない。

誕生日は1997年9月7日の幼女である。

YF-22 "Lightning II"(※後に妹が襲名)という7歳年上のお姉さんがいる。お姉さんもラプたん同様の体形をしており、ご近所さんでは「そっくりな仲良し姉妹」として有名である。お姉さんは以前、スーパースターという非常にダサいあだ名を付けられそうになったことがある上、人生に嫌気が差し、現在は自宅に引きこもっている。今後も、引きこもりが全快する予定は無い。かわいそうに。

YF-23 "BlackWidow II"はラプたんのライバルである。よく似ているが血縁関係はない。彼女は総合的にラプたんより劣るとの評価が下されたが、服の透け具合ではラプたんより優れていたといわれる。

F-35 "Lightning II"(引きこもりになった姉から拝借)という2歳のがいる。

小さい体ゆえか服の透け具合がラプたんには及ばない点もある。しかしラプたんよりももっと色んな事ができるらしい。
少しシャイなので写真映りが悪い。

J-20はこのラプたんに嫉妬した事によって育てられた、王将のパパの娘である。 まだ世間には知られていないことになっているが、よく「知らないおじさん達」と一緒に外出しているのを目撃されている。 だがステルスを持たない事や、ラプたんのように長距離が得意なわけでもないので、あまり好かれていないようだ。 ちなみにパパが喧嘩が好きなそうで、このラプたんなどを落とせと日々教育されている。[[1]]

特徴[編集]

ステルス[編集]

見事なまでにつるぺたである。え、服が透けてないって? 心の目で見透かせ!

ラプたんは常に透けるほど薄い服を着用している。これはレーダーに映りにくくするための工夫とされているが、両(ユーサフ(USAF)とロッキード・マーティン)の趣味とも言われている。はさぞ寒かろうが、子供は風の子、いつも元気いっぱいなラプたんはヘッチャラなご様子である。"薄着"ではなく"透けるほど薄い服"であることは、大きなポイントである。ラプたんを生で見た者の中には「服だけでなくラプたん本人も透けていた」と主張するものがいるが、これはスケスケの服を着た幼女を見たためにが極度の興奮状態に陥り、錯覚を引き起こしたものと思われる。

卓越した機動性[編集]

非常に強い足腰をしており、よく外で走り回って遊んでいる。バランス感覚もよく、転びそうになっても絶対に転ばないスポーツ万能幼女である。多くの専門家達は足首にスポーツ万能の秘密があるとにらんでいるが、実際はに秘密(推力偏向ノズル)がある。足腰の強さがものを言う鬼ごっこでは、ほーねっとお姉さんやふぁんとむお姉さんやふぁるこんお姉さん達からまだ一度もタッチされていない。一歳年上のふらんかーお姉ちゃん(ふらんかー姉妹の三女)もスポーツの才能では有名だが、家が遠いためまだ一緒に遊んだことが無い。

超音速巡航[編集]

マラソンが得意で、毎年冬恒例のマラソン大会ではいつも1等賞をとっている。

…しかし短距離のかけっこでは、いーぐるお姉さんにかなわないようだ。

高性能レーダーとデータリンク機能[編集]

とても目が良く、お姉さん達では見えないような遠くのものも見る事が出来る。

耳も良く、先生やお友達(AWACSや地上司令部等)の話を遠くでも聞く事が出来る。

武装(と書いておもちゃと読む)[編集]

  • 固定武装
    • M61A2"ヴァルカン"20mmガトリング機関砲1門(どこかに隠し持っている)

これに加えて、おつかいの内容に応じて様々なオプション武装を搭載可能である。

  • 空対空のおつかい
    • AIM-120C AMRAAM 中距離空対空ミサイル 6発(上着の内ポケットに隠し持つ)
    • AIM-9X サイドワインダー2000 短距離空対空ミサイル 2発(上着の袖の中に隠し持つ)
  • 空対地のおつかい
    • GBU-32 JDAM 1,000ポンドGPS/INS誘導爆弾 2発 又は GBU-39 SDB 250ポンドGPS/INS誘導爆弾 8発(上着の内ポケットに隠し持つ)
    • AIM-9X サイドワインダー2000 短距離空対空ミサイル 2発(上着の袖の中に隠し持つ)

見てわかるとおり、ラプたんは数々の武装を隠し持っている。これは、ラプたんが忍者とかスパイとかに憧れているためと思われる。

さらに、小さな両手で抱えることでより多くのおもちゃやおやつ(600ガロン外部燃料増槽 2または4本)を携行できるが、そのときはスケスケの服を着ていない。非常に残念である。

漫画・アニメなど各メディアへの出演[編集]

  • 出演の際の使われ方
    • 映画において宇宙人や同じ空軍機と戦わされる。その理不尽さは涙なしでは見られない。だがそんな時でもカッコいいし、可愛い。
    • 同じくアニメなどにおいてだが、敵の強さ証明ためによく撃墜される。「そんなに使われるほどラプたんはこの世にいねーよ!」とそろそろ誰かメディア界に突っ込むべきであろう。

日本への旅行[編集]

ラングレーを出発するときの様子

沖縄県嘉手納町に遊びに来た事がある。これが初の海外旅行だった。

到着は当初の予定から数日遅れてしまったが、これは日付変更線を通過するような長距離旅行にまだ慣れていなかった為、一度ハワイに戻ったからである。

到着した日にはラプたんを一目見ようと、沖縄在住のアメリカ人や日本人のお兄さん達が集まった。

滞在中は沖縄に住んでいるいーぐるお姉さんやふぁんとむお姉さん、ななろくななお兄さんやせんとりーおじさん達と鬼ごっこで遊んだり、周辺の海を探検しに行ったりして過ごしていた。

ラプたんに対する評価[編集]

美しい。まさに史上最高の戦闘機である。

熟女マニアスケベアカ共は「ラプたんにはエロさが足りない。フランカーエロすw」と言ってラプたんを全否定するが、この意見は間違っている。

ラプたんの年齢体形を見ればラプたんが史上最高の戦闘機であることは明白である。実際に、多くの健全なる人々はラプたんを史上最高の戦闘機とみなしている。ウィキペディアンみたく、[要出典]とか書いてもMUDA☆MUDA。[要出典]

関連項目[編集]