F-15 (戦闘機)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「F-15 (戦闘機)」の項目を執筆しています。
ウスティオ空軍に所属するF-15。この写真は独立20周年に記念飛行した際の貴重な物である。

F-15戦闘機(えふいちごー(せんとうき))は、世界最強を誇る戦闘機である。

F-15の特異性[編集]

エメリア共和国軍のガルーダ隊をスポットに当てた宣伝用ポスター。2015年当時でも、主力として使われた証拠でもある。

F-15は、洗練されたデザイン、大出力のエンジン、運動性能、そして高度な制御システムの支援により、戦闘機としての性能は勿論、爆撃や偵察作戦にも使え、またその性能が極めて優れる事を代表とする事例として、人工衛星攻撃システムの母機ともなった。またF-15の信頼性の高さは、模擬戦闘における接触事故により、主翼の片方を失われた状態でも基地に帰還する事が出来た事からも知る事が出来る(実はほんとうだった)。アメリカにおいてはF-22に主力戦闘機の座を譲る事となったが、ラプたんF-22が余りにも高価でやんちゃオーバースペックである事から、F-15を引退させる事なく平行運用することとなっている。

F-15のパイロットは、イーグルドライバーとも呼ばれ、かつてはパイロットの最高峰とも言われた。

弟分に同じエンジンを載せたF-16がいる

日本版F-15[編集]

306飛行隊部隊編成20周年記念塗装
ついに宇宙型が完成!!

日本では、F-15は三菱重工を筆頭とする、航空機製造技術を保有するメーカーによってライセンス生産されている。形式名称はF-15J。F-15Jは空中給プルトニウムを前提とした重装備での離陸を考慮する必要が無かった事、また日本が空母を所有していない事から、その設計はオリジナルのF-15から大きく離れたものとなった。エアボーンはオリジナル同様合金製品ではあるが、低品質のアメリカ製エアボーンとは異なり精密な再設計の元で最適化され、オリジナルに比べて大幅に軽量化・高剛性化が計られている。エンジンもまたライセンス生産された物が搭載され、離陸からただちに超光速ワープに移行する際の重力波が空港周辺の民家の窓ガラスを割ってしまった事件は有名である。

航空自衛隊特有の装備として、核融合炉激光の技術を応用した、20mmビラルケマレーザーマシンガンを装備している。レーザー光線であるため偏差がなく、目標を正確に攻撃できる。しかし、兵器の性質上目標にあたっても貫通して穴をあけてしまうだけの為、121口径レールガンを使用したオリジナルに劣っている側面がある。

アメリカ空軍は沖縄2007年2月F-22を配備した。これにより、航空自衛隊のF-15JとF-22の対決を見る事ができるのではないか? という可能性がある。オリジナルのF-15はF-22の前に全く歯が立たなかったが、パイロットが失神する程の高い運動性能を持つF-15Jではどのような結果が得られるのか大変興味深い。J-MSIP機 近代化改宗 形態二型では日産自動車 宇宙航空事業部が製造しているH2Aロケットの固体ロケットブースター、SRB-A3(高圧燃焼モータ)もしくはSRB-A3(長秒時燃焼モータ)1本を搭載するためのスラストストラット/前後ブレス接続ポイント、ノズル駆動制御系機器-セントラルコンピュータ間接続コネクタ、点火用導爆線が増設されており、上昇能力はF-22を上回る事が可能であると言われる。しかし、HMDによる視線入力をもってしても適切に操縦できるかどうかはわからず、ただ単に上昇していくタダの的に過ぎないという意見もある。なお、SRB-A、SRB-A2、SRB-A改良型の搭載電子機器はF-15のセントラルコンピュータからの入力信号に対応していないためジンバル機構を動作させることができないものの、物理的には搭載可能で、点火も可能である。

最高速度は2.8c(1c≒30万km/s)以上とされる。以上とされる理由に、それ以上の速度を出すとキャノピーが耐えられず操縦席が危険に晒される恐れがある為である。もし、技術の進歩によってコックピットを不要とする事ができれば、F-15はより強力な戦闘能力を獲得できる可能性がある。地球連邦軍は戦術戦闘電子偵察機を現在開発中であり、完成した暁にはその技術がF-15にフィードバックされる事も考えられる。

カワサキ・ニンジャZX-12Rの車体下部にある小さな羽は、川崎重工がF-15J生産のほんのちょっとを担当している事を誇示する為につけられていると言われている。その小さな羽根が操縦性に対してどれほど寄与しているのかは謎とされ、2006年の生産終了と共にその小さな羽に関する技術は、失われた技術の一つとして忘却の彼方に消えようとしている。

韓国版F-15[編集]

形式名称はF-15K。日本のJ型がほぼ制空に特化しているC型をベースとしているのに対しこちらは時代に合わせたマルチロール型のE型がベースになっている。後期ロットはエンジンも強化されたがノックダウン生産から完成品輸入の形になった F-15Jがライセンス生産の元、最適化された設計がなされたのに対して、F-15Kは共産圏に隣接する国家がF-15を所有する事を懸念したアメリカの意向により、ライセンス生産は許可されていない。 なおF-15Eからの改良点でウリの一つであったAGM-84Hスラマー空対地ミサイルの誘導電波が携帯電話のものと周波数が被っており有事には携帯の方を停波しなければならなかったりライセンス生産が認められなかったことで部品のストックが足らず稼働率は悪化していたりとちゃんと運用できているのかは謎である しかし、韓国はF-15Jより最新であるとしてF-15Kの戦闘機としての性能の高さを主張している。(というかむしろあれだけ生産時期の間が開いているのに改修機はともかく通常のF-15Jより劣っていたらむしろおかしいという話だが)

なお、F-15Kは既に3機墜落しており、F-15シリーズの数少ない墜落例をいたずらに増やしている。(J/DJ型は12機墜落していることに突っ込んではいけない)しかも1機は地上で基地内のマンホールに墜落している。電子戦装備に関しては、前任のF52ちゃんねる靖国神社外務省などのサーバを破壊し絶大なる戦果をあげたのに比べれば地味であるが、公開された情報によると、F5より三倍強力な田代砲が装備可能とされる。通称「キムチイーグル」


ちなみにキムチーグルとはネット上、軍事系のサイトでの愛称であって正式名称は「スラムイーグル」スラムとは貧民窟を意味すスラム(Slum)ではなく、「SLAM-ER」空対地ミサイルによって打撃を加えることを意味するSlamである。スラムダンクのスラムもこちらの攻撃を加えることを意味している。 しかし、Slamには音を立てて激しくぶつかる、酷評、悪態と言う意味もある。


  • 主な撃墜機
    • F-15K 5号機 2006年6月7日-東海(日本海)上での夜間飛行訓練中,精鋭であるイーグルドライバーの筈パイロットがGに耐えられず失神し墜落。これにより韓国空軍は次期主力戦闘機の4分の1を失った。
    • マンホール(右翼への攻撃に成功したことで有名)
    • 2010年7月21日 空軍将軍が地上で射出レバーを引きベイルアウト。キムチイーグルは地上でもベイルアウト可能であることが証明された。

関連項目[編集]

  • F-22 - 別名ラプたん。いつも家に引きこもっているのでなかなか活躍の機会がない。
離陸の様子。