Fランク大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Fランク大学」の項目を執筆しています。

Fランク大学(エフランクだいがく)またはBFランク大学(ビーエフランクだいがく)とは、日本国内の私立大学のカテゴリの一つで、学校法人河合塾登録商標である。

概要[編集]

日本国内の多くの大学は、入学前に学力検査を行っている(入学試験)。これは、本来は大学での学問活動を行うに充分な学力があるかどうかを確認するためのものであったが、その後志願者から定員を超えた人数分だけ辞退させるためのものに変質していった。そしてその結果、河合塾などの大手予備校などが受験産業として発展して行くこととなった。

一方、今日でも志願者の一部に辞退してもらう必要のない大学もあり、そのような大学においては、この本来の学力検査の思想に則って純粋に学力検査の目的で入学試験を実施している。しかし、そのような大学の存在は、当然ながら予備校などの受験産業にとっては有害無益なものである[1]。このため、そのような大学を特に一般の大学と区別するために河合塾によって創設されたカテゴリがFランク大学またはBFランク大学と呼ばれるカテゴリである。

また、某所では「東京大学以外の大学は全てFラン」という主張が根強いが、これだと海外の大学が軒並みFランと化してしまうため、主張者がそもそもお察し下さいである場合が多い。

なお、Fランク大学のあまりの存在意義の無さに、Fランク大学を廃止して総合学校に格下げして補助金支給を廃止すべきではないかとの議論もある。

特徴[編集]

入学試験[編集]

入学試験は基本的に、大学での学業に堪えられる基礎学力があるかどうかを審査するためのものとして機能している。このため、以下のような特徴がある。

英語
日本語のみの講義を行うため、基本的に白紙でも不合格とはしない。大学においても、英語教育は実施されてはいるが、中学校高等学校と違って学習指導要領が定められているわけではないので、大学での英語の授業についていけるかどうかを審査する必要もない。かくして、Fランク大学での入学試験の英語の成績は、どのような英語の授業を行えばよいかを見るための資料として機能することとなる。
数学
文科系なら、数学など不要なので、基本的に白紙でも不合格とはならない。それ以前に、文科系なら数学を選択する奇特な受験生など殆どいないから、試験さえ実施されないことも珍しくない。
一方理科系でも、面倒な計算は電子計算機に任せればよいので、やはり白紙でも不合格とはならない。
国語
そもそも、日本では既に義務教育で基本となる会話力や文章表現力は学んでいるはずであり、大学でもそれほど高度な国語力は求められていない。従って、名前さえ正しく書けさえすれば、解答欄が空白となっていても、不合格となる恐れはない。
公民
みんな現代社会の中で生きているので、現代のことはよく知っているはずであり、当然ながら最低限守るべきルールもわかっているはずである。従って、試験中に騒がず静かにしたまま過ごすことができれば合格となる。
地理
明確に試験という形で実施されていることは少ないが、実際は暗黙のうちに実施され採点されているのが実情である。そもそも大学の講義を受けるには大学へ来る必要がある。大学の所在地を理解し、各種交通機関を利用して通学する地理能力がなければ大学を卒業することは出来ないのである。すなわち、地理の試験は試験会場となる大学へ来れた時点で満点を貰えるようになっている。なお、折角大学まで来れても帰りに迷子になってしまった場合は減点されてしまうので注意が必要である。Fランク大学の入学試験は、家に着くまでが入学試験です
化学
物質の性質を理解し、正しく活用出来ているかをこれまた暗黙のうちに採点していることが多い。特に鉛筆の性質についての理解を確かめる場合が多く、答案用紙に何か鉛筆を用いて書かれていれば合格点を貰えるようになっている。さらに訂正箇所を線描ではなく消しゴムを利用して消してあればさらに追加点が得られる。
物理
物の運動の様子が分かるかを問う。机から椅子を引っ張って座る事が出来れば問題ない。高度な受験テクニックとして、鉛筆を落として重力をアピールすると更に追加点。
生物
試験時間の間、呼吸していれば合格点が与えられる。この教科の失敗は文字通り命取りとなるため、細心の注意を払わなければならない。
調査書もしくは高認成績証明書
高校から発行される調査書、もしくは文部科学省から発行される高認成績証明書については、特に気にしない。調査書を数値化する、それ以前に調査書を開封する作業で既にコストがかかること、及び大学での学業に堪えられないような生徒であれば卒業させることさえあり得ないと考えられること[2]が理由として挙げられる。
受験会場
やたらと全国各地に試験会場を設けているところがある。これは、遠くの試験会場まで出かけるのが面倒な人や頭が悪いけど都会に出たい人のことを考えて実施している。
合格発表
とりあえず、大学の講義についていける事が確認出来れば合格となるため、不合格者数は非常に少ない。このため、合格者ではなく不合格者の受験番号を掲示する大学が多い。それでも該当者がいないことも珍しくなく、その場合には受験を辞退した者の受験番号や実際に該当者のいない架空の受験番号[3]を不合格者として掲示する場合もある。

「そんな試験、何の意味があるんだ?」と思われる方もいるかも知れないが、それでも、「Fランク大学さえ無理だお…」という高校生もいるので、やはり学力検査は必要なのである。

講義[編集]

講義の特徴は、試験の結果をもとにして決められる。

英語
一般に大学においては、第一年次及び第二年次で外国語の講義を行うこととされているが、入学試験のところで述べた通り、指導要綱が細かく定められているのではないため、よりフレキシブルに対応できる。例えば、あるFランク大学では、以下のような講義が行われたという。
念のために書いておくが、この内容は大学の講義の内容であり、決して中学校一年の英語の授業のメニューではない。
第二外国語
イッヒ リーベ ディッヒ が理解できればA
イッヒ フンバルト モレル ゲリーベン が理解できればA+
一般共用
一般狂用、教養共用は、大学の第一年次及び第二年次に強要することとされている、「大学の共用空間の使い方講座」のようなものである。これについては実はあまり非Fランク大学との差は見られないようである。正直言って教える側にやる気がないし、教わる側もウザイだけで、どっちも無教養なままだもんな。
専門科目
専門科目については、研究者になるというならともかく、そのような志のある者を対象とはしていないので、中学生でも理解できるような平易な講義とするように努めている。

学内の様子[編集]

じゃが島戦争の呪縛から解放されてきたにも拘らず、なぜかいじめなどが流行っているFランク大学も少なくないらしい。

また、授業中私語どころか、携帯電話の通話で大声を上げる者もいる…と言われているが、のび太は自分以外誰もいない講義室で講義を行っており、従って真っ赤なお尻である[一部例外あり]。

また、学内にはなぜか、学問をする気のなさそうなジャイアンが見られるが、恐らく近所のDQNが学生からカツアゲするために紛れ込んで来たんだろうから、近づかなければよいだろう。…え、お前本当に大学生かよ?

構内で麻雀がされていたり、日本語が話されていなかったりするのは日常の風景ですが何か?

教師と生徒が付き合っており、生徒がアレで教師が全裸で土下座させられるマニアックな大学も。

卒業後の進路[編集]

Fランク大学の出身者にとってもっとも多いのは、言うまでもなく自宅警備員であり、次いでフリーター、製造の派遣社員ですらかなり優秀な部類である。故に、名誉の為に大学名は伏せるが派遣社員も大学の実績として掲載する所が普通に存在している。もっと酷ければ、アルバイト就職さえ実績として扱い、「学歴なんて関係ない」と自虐する学生を取り上げて宣伝する大学が本当に存在するから驚きである。自宅警備員は在宅アニメ評論家とか在宅政治評論家などを兼務する事が多いようである。同じFランでも、文学部より資格の取れる薬学部等のような学部に行けばよかったと嘆く卒業生も多いが、根本的に今の職についているのは学部のせいではなくFランク大学のせいだということには気づいていない。

なお、これらに該当しない企業から内定をとった場合、その事を学内で喋るのはお勧めできない。なぜなら、その事を同級生に知られたらいじめのターゲットにされる恐れがあるからである。

ただし、Fランク大学には超絶優秀だけど超絶貧乏な高校生が奨学生(入学金・学費等四年間タダ!国立より安いよ!)狙いで入学して来るから侮れない。そういう人たちは普通に名前の知れてる会社(ソニーとか東芝とか日立とか日産とか)、あるいは公務員(しかも県庁や国家公務員二種等)に就職している。大学側の最期の良心であり同時に利用されているが、そんな彼らはFランク大学の腐った考えに気づいても笑顔でスルーしてるのだからやっぱり優秀な学生たちなのだろう。

Fランク大学と思われているがそうでない大学[編集]

  • 芸術系大学 - 実技はペーパーテストってレベルじゃねーぞ! なので、難易度が測定不能。実際、芸術系大学のみを対象とした予備校もある。音楽専攻の場合は幼少期からのレッスンが必要だったりもするから普通に考えて経済力のある家庭であることが多く、レッスンを受ける以前に良質な教育を受けているのは当たり前でFラン学生とはかけ離れた学力を持っているのはあたりまえである。
  • 体育系大学 - これも体育実技が素人にはペーパーテストってレベルじゃねーぞ! 勿論、体育系大学のみを対象とした予備校さえある。が、アスリートらの推薦入学も多いらしい。
  • 東淀川大学 - 入学試験を行わないため、Fランク大学の定義に反する(代わりに、抽選で入学者を決定する)。
  • バカ田大学 - 意外にも競争率は非常に高く、従ってFランク大学の定義に反している。立派な難関大学である。
  • 放送大学 - 入学試験がないため(※学部のみ。大学院修士課程は1.5~11.3倍)、Fランク大学の定義に反する。そういう質問をすること自体が、放送大学なんですよ。(by矢吹樹)
  • サイバー大学 - 入学試験がないため、Fランク大学の定義に反する。
  • 東北大学 - キャンパスが陸奥の山の中にあるためFランク扱いするDQNがいるが、難関大学である。ブラック大学ではあるが
  • 首都大学東京 - 「システムデザイン学部」などとFランク大学が付けそうな学部を持つが、立派な難関大学である。
  • 東京理科大学-偏差値や就職や大学院への進学の実績を考えると、やはり立派な難関大学である。しかしながら、学内の陰湿な雰囲気やいじめの横行や愛校心の無さや教職員の態度の悪さ、また仮面浪人が非常に多いなど、学内の雰囲気はFランク大学と非常に良く似ている。しかし4年間で卒業できないシステムなので、ひょっとしたら大学ではないのかも。中国地方で理科大と略すると岡山理科大学と勘違いされるからタチが悪い。
  • 東京工業大学 - 大学名からFランク臭がするが超がついてもいいくらいな難関大学。東北人に東工大と略すると東北工業大学と勘違いされるからタチが悪い。
  • 一橋大学 - 大学名を知らずにFランク扱いするDQNがいるが超がついてもいいくらいな難関大学。芋と呼ばれようと当人たちは困らない。隣には嫁を供給してくれる女子大があって卒業後のアフターフォローも万全。
  • 国際基督教大学 - 大学名からFランク臭がするが知らなかったら超無教養であることがバレてしまう難関大学。語学やコミュニケーションもさることながら、人文科学、自然科学、社会科学の全方位に対しての無知の知があるので、当人たちはどこ吹く風。
  • 国際教養大学 - 英語名は「秋田国際教養大学(Akita International University)」。英語名の「地方名」と「国際」というFランク大学の定番の名前を有しつつも「負」×「負」の強要によって「正」になった大学。実際、学部入試だけで見れば一橋大学京都大学のボーダーを超える超がつくほど難関である……が、ただし実質センター試験のみで2次試験がなく、他の国公立大学とは違う独自日程で試験を実施しているためセンター試験のボーダーをねつz……無理やり底上げしている感がある。……ん?誰だこんな夜中に。
  • 国際大学-ここもFランク大学のキーワード「国際」を名前にしているだけでなく、多くのFランク大学同様地方に立地(新潟県)し、しかも外国人留学生だらけ(日本人学生は一割もいない)だが、学内では英語しか通じず、入学試験も英語での小論文と面接、さらに卒業後は大企業から引く手あまたという、まさにFランク大学とは正反対の大学である。ついでに、河合塾が偏差値を出せないのもFランク大学と同様だが、そもそも大学院しかないので当たり前。
  • 国際連合大学 - 学部がなく大学院の研究科のみが設置されている大学院大学である。よって河合塾が偏差値を出せないのは当たり前。
  • 総合研究大学院大学 - 首都圏ながら山の中にあり交通の便は悪いが、日本随一の民俗博物館にある。大学院の博士課程しかないが実質的に給料が出るチート大学。
  • イオンド大学 - 禁則事項です
  • 幸福の科学大学 - お察し下さい
  • 暴君ハバネロ大学 - お察し下さい
  • 老人大学 - お察し下さい

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ もし、学力検査で不合格にされる恐れが全く無くなってしまえば、予備校などを利用する者がいなくなってしまい、結果として経営破綻につながってしまうからである。
  2. ^ 仮にそのような学生が入った場合、そのような学生を卒業させた高等学校の責任であり、大学には一切責任がない。
  3. ^ 例えば、受験番号の最大値が9998なら9999など。大学によっては予めランダムに不合格者発表用の欠番を決めておいて、不合格者がいない場合にはその番号を掲示するところもある。


この項目「Fランク大学」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)