Fドライブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Fドライブは、Dドライブだけでは飽きたらず、さらにHDを増設してしまった人だけが手に入れる事の出来る至高の存在。

概要[編集]

ようは2段重ねの弁当を三段重にしたようなものである。たいていEドライブは光学ディスクに充当されるため、Fドライブとなることが多い。

型さえ合えばツインドライヴシステムにより、感情を共有したり本体を量子化したり出来る。

Dに比べてFの方が心なしか淫猥に感じるのは私だけだろうか。

二つの宗派[編集]

Dドライブへの保存が困難になった場合の進化の系統は、主に2種類に分かれる。HDを増設派とDVDに焼く派の2種類が主である(他に削除派もあるが、これは少数派である)。

主に前者にはおおざっぱな物が多く、後者は几帳面である場合が多い。増設はコスト的に上回る物の、ドライブ自体を(エクスプローラやファインダから)隠蔽する方法などもあることから、比較的安全に秘密の花園(ハーレム)を自分だけの物にすることが可能である。しかし反面、うっかり表示したままで席を離れた結果、家族から発見されるという憂き目を見ることもしばしば。

一方のDVD派は1枚当たり4.7GBの容量で上手に保存する感性が求められる他、記録後のディスクをどのように保管するかが問われる。またいちいち冷静にディスクを吟味する姿はある種異様で、その先どのような行動に移るのかを想像してしまったものに明日は無いとまでささやかれる。隠蔽に関しては、どうにでもなる。またパソコンと別の場所に保存できるというのも利点。

歴史[編集]

かつてフランシスコ・ザビエル黒船にペリーと一緒に乗せてやってきたDELLのコンピュータに初めてFドライブを搭載するのを見届けた江戸屋猫八が、日本でも広くHDDの普及を推し進めたが、一般にはあまり浸透することはなかった。1623年の事である。その後、DVDドライブや広帯域通信が普及するに従ってデータの可搬性が高まると共に、大容量化が進み出すと事態は一変した。

主にアキバハラ駅周辺に展開される電脳エリアにおいて、これでもかと言わんばかりに検閲により削除となったこと、また自作派の筐体では依然ミドルタワーが主流であり増設が容易だったことなどから、ついにFドライブを入手するに至る冒険譚は聞くも涙語るも涙な後日談といわれているほどの伝説である。

かつてアーサー王円卓の騎士と円卓を囲みながら三日三晩議論に興じたあげくに、エクスカリバーを質草にConner PeripheralsのHDDを購入したという事からも、また、シェークスピアメンデルスゾーンアデランスよりもQuantumのHDDを購入することを優先した様に、かように歴史に名を残す人物は性という物にひたむきであり、純粋であり、なんとか還元水であった。

発展と今後[編集]

近年大容量のHDの価格下落が激しく、単体で1TBクラスのHDが10000円を切ろうとしている事などもふまえると、おそらく今後のFドライブ普及率は下がっていくものと思われる。ただし、保存容量の増大と共に動画などのクォリティーも上昇していることから、今後もFドライブ以降のドライブが増えていくという見方も有る。くぎゅ

関連項目[編集]

この記事「Fドライブ」は、かっこ良くキメた可能性がありますが、まだヲタにしか見えません。よりキムタクっぽくして下さる協力者を求めていますた。 (Portal:スタブ)